Re:CREATORS(レクリエイターズ)のネタバレ解説まとめ

News xlarge recreators kv

『Re:CREATORS』とは、TROYCAによる完全新作オリジナルアニメーション作品。監督をあおきえい、キャラクターデザインを広江礼威が担当している。漫画や小説のメディアミックスもされている。
クリエイターを目指す高校生・水篠颯太の前に、アニメ『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』のヒロインであるセレジア・ユピティリアと、軍服の姿の女性が姿を現わす。これを機に水篠颯太は現世に召喚された被造物同士の戦いに巻き込まれていく。

『Re:CREATORS』の概要

『Re:CREATORS』とは、TROYCAによる完全新作オリジナルアニメーション作品。監督をあおきえい、キャラクターデザインを広江礼威が担当している。漫画や小説のメディアミックスもされている。

現代の東京を舞台に、現界(現実世界に現れること)した被造物(捜索された物語の中の人物のこと)と創造主(クリエイター)たちの戦いを描く。
アルタイル(軍服の姫君)と呼ばれる謎の少女が、世界の崩壊を目論み現界した。
様々な創作物から被造物が現界し、軍服の少女に加勢する側と戦う側に分かれる。
被造物たちと被造物たちを創り出した創造主たちは、日本政府と共に世界の崩壊を止めるために戦うことになる。

『Re:CREATORS』のあらすじ・ストーリー

主人公・水篠颯太は絵を描くことが好きな男子高校生。
自室でアニメ 『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』を観ていた颯太の目の前に、画面の向こうのキャラクター、セレジア・ユピティリアと、軍服を纏った謎の少女が現れる。
颯太はセレジアと謎の軍服の少女の戦いに巻き込まれるが、『追憶のアヴァルケン』というゲームのキャラクター・メテオラが現れたことでその場は助かった。
軍服を纏った少女・アルタイルは複数の作品の被造物を現界(現世に出現させること)させ自分の味方にし、現実世界を崩壊させようとしていた。
当初その目的は不明だったが、アルタイルが登場する作品の創造主であるシマザキセツナという少女が自殺したことにより、アルタイルはセツナを追い詰めた現実世界に恨みを抱いていることが判明する。
アルタイル陣営とアルタイルの考えに反発するセレジアたちは戦うことになる。
セレジアたちは、被造物たちの原作者である創造主、そして政府と協力し、アルタイルを倒すため『エリミネーション・チャンバー・フェス』というイベントを開催することにした。
『エリミネーション・チャンバー・フェス』とは、まずイベント開催前に、被造物に関連する全ての創造主およびアニメーション会社が各作品のスピンオフを製作、発表することで創作物のファンたちの承認力を得て、被造物の能力を強化させる。その後イベント会場にてオリジナルアニメ『ボーダーワールド・コロッセオ』を公開し、アルタイルが敗北する様子を集まった観客に承認させることでアルタイルを倒すという作戦である。
『ボーダーワールド・コロッセオ』は、メテオラたちが製作した「鳥籠」と称される結界内で被造物たちがアルタイルと戦い、その映像を特殊技術でアニメーションのように加工したものである。
戦いではアルタイルが優勢であったものの、颯太の発案によりアルタイルの創造主・セツナを現界させたことで、アルタイルは激しく動揺する。
アルタイルはセツナと対話し、世界の崩壊させる戦いをやめて、新たな物語を創造するために二人で別世界へ旅立つ。
被造物たちは戦いを終え、物語の世界に戻っていった。
しかしメテオラは現実世界に居続けることになり、物語を作る創造主を目指す。
颯太も絵を書き続けることを誓うのだった。

『Re:CREATORS』の登場人物・キャラクター

主人公

水篠颯太(みずしの そうた)

Dj2ilagueaajhlv

CV:山下大輝

本作品の主人公。高校二年生。16歳。
クリエイターになることを夢見ている。自室にはパソコンやペンタブなどが置いてある。
以前、創作活動を通じて、シマザキセツナという少女と知り合った。
しかし、創作の才能のあるセツナと、投稿サイトに絵を投稿しても評価されない自分を比較し劣等感を持つようになり、セツナを避け始める。セツナの悩み相談にも耳を傾けず、その後セツナは自殺してしまい、そのことに責任を感じ続けていた。
アルタイルによる世界崩壊を食い止めるために、日本政府と協力し戦う。

対アルタイル陣営

セレジア・ユピティリア

C9ipfkku0aeiqjv

CV:小松未可子

アニメ『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』に登場するキャラクター。19歳。
現界時よりアルタイルへの協力を拒否し、アルタイルと敵対する。
明るい性格で、颯太やメテオラとすぐに打ち解けた。車を便利だと評価し、現実世界での普通自動車免許も取得した。
『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』の登場人物であるカロンが現界しアルタイル側についたことで迷いが生じるが、戦うことを決意し、最期はカロンを道連れに自爆した。

メテオラ・エスターライヒ

Da1ct97u0ae0ino

CV:水瀬いのり、大原さやか(妄想)

オープンワールド型RPG『追憶のアヴァルケン』に登場するキャラクターで、設定は『主人公を導く司書を務めていた賢者』。
魔道書を使って戦う。
創造主たちの行なった改変によって能力が増大し、『エリミネーション・チャンバー・フェス』では強い戦力となる。
現実世界の食べ物を大変気に入っている。

鹿屋 瑠偉(かのや るい)

2

CV:雨宮天

ロボットアニメ『無限神機モノマギア』の主人公。現界してからは創造主である中乃鐘の自宅に住んでいた。セレジアたちと行動を共にするが、作品の中で無理な戦いを強いられた過去から、被造物の捜索に加わらず、現実世界での生活を楽しんでいた。その後、現実で暮らす中で徐々に性格が変わり、仲間のピンチに駆けつけたり、セレジアたちに協力するようになる。

弥勒寺 優夜(みろくじ ゆうや)

Te5bo0sf1t30

CV:鈴村健一

漫画 『閉鎖区underground-dark night-』 に登場するラスボスキャラ。
粗暴だが明るい性格で、味方に対してはとてもフレンドリーに振る舞う。
メテオラのことを「めっちん」と呼ぶが、メテオラ本人はその呼び方を嫌がっている。

星河 ひかゆ(ほしかわ ひかゆ)

8aaf9a16 s
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン、ブラクラ)のネタバレ解説まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

やがて君になる(やが君)のネタバレ解説まとめ

『やがて君なる』とは、仲谷鳰によるマンガ作品。同作を元にアニメ化、舞台化、小説化がされている。人に恋する気持ちがわからない小糸侑と、誰に告白されても心動かされることがなかった七海燈子を中心に少女同士の恋愛が描かれている百合作品。 2018年10月から12月まで全13話でアニメ化、2019年5月に舞台化されている。外伝ノベライズとして『やがて君になる 佐伯沙弥香について』も発売されている。

Read Article

目次 - Contents