メダロット(Medabots, Medarot)のネタバレ解説まとめ

『メダロット』とは、ギンジョウ町に住む小学生天領イッキと、そのパートナーとなるメダロットのメタビーによる日常生活とロボットバトルを描いた作品。時にマニアックな要素や感動ストーリーがあったりと多種多様なストーリーが魅力である。登場人物がやたら「酒」をキーワードとしている名前が多いのも特徴となっている。

『メダロット』概要

「メダロット」は、1997年にイマジニアより発売されたゲームボーイソフト及び漫画作品である。
1997年に「メダロット・カブト」「メダロット・クワガタ」の2タイトルがゲームボーイソフトとして2種類同時発売され、同時に講談社のコミックボンボンにて「ほるま りん」氏が漫画連載を始めた。
メダロットは人工知能を搭載した多種多彩な性能のメダルを、メダロットの骨組みとなるティンペットに埋め込み、更に頭・左腕・右腕・脚部の4種類のパーツを合体させたメダルロボットのことである。
メダロットカブト・クワガタの2タイトルの主人公は、当時小学生であったアガタヒカルであり、身近な人々とロボトルしていき、悪の秘密結社ロボロボ団の野望を阻止していくストーリーであった。そして1999年にアガタヒカルによるロボロボ団制圧から数年たったストーリーとなる続編"メダロット2"カブト・クワガタが2タイトル同時発売され、同時期にテレビ東京系列にてアニメ化もされた。
本項目ではアニメ版のメダロットについて説明する。

『メダロット』のあらすじ・ストーリー

舞台は日本のどこかにある架空の町、ギンジョウ町。
ギンジョウ小学校に通う主人公天領イッキはメダロットの知識は小学校内では飛びぬけていたが、勉強は出来ずスポーツも出来ないダメ学生だった。
しかもメダロットはおろかメダルすらも持っていないため、クラスメートからバカにされる始末。せめてメダロットパーツと骨組みとなるティンペットだけでも手に入れようと最寄りのコンビニではたらくヒカルに相談しに行くが、予算が足りず型落ちしたパーツなら買えると言われる。イッキとアリカはそのパーツをバカにし始め、半額なら買ってやるなど挑発したらヒカルの怒りを買ってしまい、購入できなかった。
メダロットのことをあきらめきれないイッキだったが、偶然にも道端に落ちているメダルを手に入れた。メダルを手に入れた日の翌日、テレビでメダロットを悪用し、パーツを根こそぎ奪う悪党がいるとニュースで話題となっていた。運が悪いことにその悪党たちはイッキやアリカたちの前に現れ、アリカのメダロットのパーツを根こそぎ奪おうした。アリカのピンチを放っておけないイッキはヒカルのいるコンビニで型落ちしたパーツを購入しメタビーが誕生した。その後はクラスメートや身近な人とロボットバトル・通称「ロボトル」をしていき、メタビーとの親睦を深めていった。

ある日イッキはテレビでロボトル大会世界大会を見て、自分も世界大会に出場したいと熱意を燃やす。その時、出場していた憧れの選手・ヴィクトルを目指しながらメタビーとロボトルの腕を磨いていくことを決心した。
ある日、悪の秘密結社と名乗る"ロボロボ団"がギンジョウ町に突如現れ、世界征服を企んでいた。彼らの野望を阻止するため、メタビーと共にロボロボ団に立ち向かい、一度は野望を阻止することに成功した。
イッキのロボトルの成績がよかったため、メダロット日本代表として世界大会出場が決定した。そこにはコミッショナーとしてロボロボ団が再びイッキ達の前に現れた。イッキのあこがれる選手ヴィクトルもいたが、ロボロボ団とつるんでおり、裏で賄賂をもらっていた。そのことを知ったイッキは落胆しヴィクトルとロボトルを行い思いをぶつけていき、ヴィクトルを更生させたイッキ達はロボトルをこれからも続けていくのであった。

『メダロット』の登場人物・キャラクター

天領イッキ

名前の由来は岐阜県の名酒、「天領」より。
ギンジョウ小学校に通う小学3年生。
勉強、運動等まったくもってダメでしかも臆病。おまけにアイドルオタクの気質もある典型的なダメ学生だが、いざとなったら勇ましくなり、愛機メタビーとともに困難に立ち向かう。
基本的にはなよなよしているが、好きなことになると熱くなる。
特に大好物である"たこ焼き"のことを語ると、熱が入りすぎてストーリーの大半をたこ焼きのこと語って終わってしまったこともあり多くの視聴者をある種震撼させた。
またゲームでは女装やコスプレ等をするイベントが多数あるが、アニメでは犬の仮装をしたことがある。

メタビー

所有者:天領イッキ
カブトムシをベースとしたメダロット。
主に射撃能力が主軸で、遠距離戦を得意とする。必殺技は頭部のつの部分から発射される。
必殺技はつの部分から発射する二発のミサイル攻撃。
熱血漢であり、曲がったことが嫌い。
普段なよなよしているイッキとは相性がよくなく、しばしば喧嘩になる時もある。
しかしメタビーはイッキのことを信頼しており、バトルの時にはイッキと気持ちを共有してあらゆる敵を倒してきている。
基本的には血気盛んで気が緩まないことが多いメタビーだが、カブトムシ型ということもあってかスイカをみると気持ちが高騰し黙っていられなくなる。

甘酒アリカ

名前の由来は「甘酒」。
イッキのクラスメートで幼馴染。
ジャーナリストになるのが夢らしく、小学校では新聞部に所属している。
行動派でスクープ記事には、周りのことを気にせず行動し、隠し撮りや独占スクープをしたりと、本職ばりに動きまわっては記事を仕上げる。
運動力も勉強もイッキより出来る。特にドッジボールと雪合戦は大得意で「ドッジのアリカ」という二つ名もある。
男勝りのアリカも恋をした時や、イッキの心配をしたりするときは乙女の一面を見せたりする。

セーラーマルチ

所有者:甘酒 アリカ
あだ名はブラス。
セーラー服姿の女子学生をベースとした女性型メダロット。射撃を得意とし、メタビー達とたまに連携も取る。
アリカとは違ってイッキやメタビー達に対しても優しく接する。イッキからはメダロットのほうが持ち主より優秀だといわれるほど女子力の高いメダロット。
ただ単体で戦うことは少なく、どちらかというとメタビーや他のメダロットとサポートして戦うことが多い。

キクヒメ

名前の由来は吟醸酒「菊姫」。
カガミヤマ・イワノイと3人でいる悪童グループ「スクリューズ」のリーダー。
姉御肌でありアリカに引けを取らないほどの男勝りな性格。
ただそんなキクヒメも恋をしたり、バレエを習っていたりと女子ならではの一面も備えている。
スポーツは得意だが、勉強は出来ず赤点をよくとっている。
なお、キクヒメとセーラーマルチ、そしてイッキの母親は同じ声優が担当してるため一人で二役をやりとりする場面も何回かある。

ペッパーキャット

所有者:キクヒメ
猫をベースとした女性型メダロット。
猫のように俊敏な動きと、両腕から放たれる電流攻撃による接近戦を得意とする。
キクヒメのことをおやびんと言い忠誠を誓っている。
根は純粋であり、メタビーやキクヒメを思いやる一面もある。
このペッパーキャットのパーツはキクヒメが改良したものであり、本来より打たれ弱い分機動力が高くなっている。
そのためあってか全国100位以内の実力者でもあるが、違法改造や本来装備出来ないパーツの装着などを行っているため、何かあやしい感じもする。

カガミヤマ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

《最速情報まとめ》「メダロット ガールズミッション」

メダロットでお馴染みのロケットカンパニー株式会社さんが発売を決定した「メダロット ガールズミッション」。メダロットといえば、ゴリゴリの男性キャラメインで繰り広げられる熱きロボトルを主に、シリーズは1〜9までリリースされました。だがしかし、今作では登場キャラは全員女の子!!しかも2on2ロボトルとしては2作品目として(1作品目はDUAL)、さらにパワーアップしたので、その最速情報をまとめました。

Read Article

今から始める「メダロットのすゝめ」

メダロットといえば、ロボットカンパニーさんが制作・販売をしている大人気ロボットバトルゲームです。しかしながら、今現在は様々なロボットアニメやゲームがメジャーになりすぎてて、メダロットを知らない人も多いかと思います。今回はそんなメダロットを知らない方が始めるーー「メダロットのすゝめ」をご紹介!GBなどの初期から現在までのシリーズの歴代ゲーム性・良い点・悪い点などをまとめました。Let's ロボトル!

Read Article

目次 - Contents