英雄伝説 軌跡シリーズ(英伝シリーズ第3期)のネタバレ解説・考察まとめ

『英雄伝説 軌跡シリーズ』とは、日本ファルコムが開発したRPGゲーム・英雄伝説(英伝)シリーズ 第3期の総称である。シリーズ作品全てがゼムリア大陸を舞台にし、七耀暦という暦を使っている。互いに関連し合うシナリオやキャラクターは、RPGとしてのクオリティとボリューム感の高みを実現しており、「イース」シリーズと並ぶファルコムを代表する作品として有名になっている。

アガット・クロスナー

CV:近藤孝行

「重剣(じゅうけん)のアガット」の異名を持つ、巨大な剣と燃えるような赤毛が特徴的な凄腕の若手遊撃士。

身の丈ほどもある大剣を軽々と振り回すほどの膂力と、鍛え抜かれた肉体から繰り出される攻撃と技の数々はかなりのもので、シェラザードに負けないくらいに実戦経験も積んでいる。
いつも不機嫌そうな表情をしていて取っ付き難い印象が強く、さらに他人にも自分にも厳しい性格で、遊撃士として新米のエステルとヨシュアにも甘い顔を決して見せない。

ティータ・ラッセル

CV:今野宏美

リベール王国でも導力器産業の中心都市として有名な工房都市ツァイスで働く見習い技師の少女。導力をエネルギーとして駆動する小型の大砲「導力砲」を主な武器として扱う。

導力発明で名を馳せた天才科学者、アルバート・ラッセル博士の孫娘で、見習い技師の域を出ないが機械や導力技術の知識はかなりのもの。
人当たりが良く朗らかで健気な性格の持ち主で、初対面のエステルも熱愛感情を向けるほど愛嬌がとてもいい。しかし一方で意外と頑固な所があり、一度決めたことは誰にも譲らない芯の強さも持ち合わせている。

ジン・ヴァセック

CV:稲田徹

カルバード共和国からやってきた巨漢の武術家にして遊撃士。共和国伝来の武術《泰斗流》の拳法家で、主な武器に籠手を選んでおり、その体躯と拳を活かした格闘戦を得意とする。

リベール王国の王都・グランセルで開かれる闘技大会に出場するためにリベールを訪れ、エステルたちと出会うことになる。
豪放磊落でさっぱりした性格で、頼れる兄貴といった印象を与えるが、若い女性には弱いという意外な一面がある。

ケビン・グラハム

CV:中尾良平

エステルたちが旅の途中で出会う、創造神として語られる「空の女神」エイドスの教えをゼムリア大陸で広めている宗教団体「七耀教会」の巡回神父。「the 3rd」の主人公。
ボウガンの使い手で、オリビエやティータと同じように遠距離戦を得意としている。

教会のない小さな村々を回って女神の教えを説いたり、子供たちに勉強を教えるのを主な仕事としている。
関西弁を喋る気さくでノリが良い好青年で、一見すると神父であるイメージがあまり湧かないことから、「不良神父」「エセ神父」呼ばわりされることも。

しかしその正体は七耀教会が抱えている武装組織「星杯騎士団」に所属する一員で、その中でも12名の精鋭にして幹部クラスである「守護騎士(ドミニオン)」のひとりで、第5位の位階を持つ人間。教会が危険人物として認定した人間の抹殺を主な任務としていることから「外法狩り」の異名を持っており、ヨシュアに負けず劣らずの暗殺の技の使い手でもある。

リース・アルジェント

CV:桑島法子

七耀教会のシスターにして「星杯騎士団」の一員である少女。「the 3rd」のヒロイン的存在。
刃を自由自在に伸縮させることで、接近戦は勿論、離れた場所の敵への攻撃も可能な武器「法剣(テンプルソード)」の使い手である。

ケビンとは七耀教会が受け持つ孤児院「福音施設」で幼い頃から共に育っており、幼馴染の関係にあたる。また、唯一の肉親で実の姉であるルフィナ・アルジェントがいたが、5年ほど前に事故で死別してしまっている。

冷静沈着で真面目な性格で、星杯騎士団の一員として職務に忠実であろうとするが、一方でぶっきらぼうな物言いもすることがある。
また、その可愛らしく均整の整った風貌とは裏腹にかなりの大食いであるという一面があり、夜食として閉店間近となっていたパン屋の売れ残りを全部買い占めて、そのほとんどを1人で平らげてしまい、ケビンを唖然とさせている。

英雄伝説VII 零の軌跡・碧の軌跡

ロイド・バニングス

CV:柿原徹也

「零の軌跡」「碧の軌跡」の主人公で、クロスベル警察に配属されて間もない新進気鋭の新米捜査官。
敵の無力化と制圧に力点を置いた特殊警棒「トンファー」による格闘戦を得意としており、戦闘ではその武器の小回りの良さと優れた身体能力からのスピードによる素早い攻撃を繰り出す。

3年前に肉親であり同じく捜査官だった兄のガイ・バニングスがいたが、事故で死別している。その後、兄と同じく捜査官の道を歩き始め、警察学校で優秀な成績を収め、捜査官の資格を得てクロスベル警察に配属される。
真面目な常識人だが捜査官として人間として自分の信念を貫き通す熱い一面を持っており、たとえどんなに強大な相手や困難な問題が待ち構えていたとしても、不正や暴力に対しては臆することなく真っ直ぐに立ち向かう。

ちなみに恋愛のこととなると非常に鈍感という残念な一面がある。一方で年上の女性になぜか好かれてしまう性質を持っており、作中でエリィやランディたちも含めた周囲を呆れさせている。

エリィ・マクダエル

CV:遠藤綾

「零の軌跡」「碧の軌跡」のヒロインで、クロスベル自治州の代表のひとりであるマクダエル市長の孫娘。
不正や汚職が横行するクロスベルの政治状況を変えるために周辺諸国へ留学する形で政治家の道を歩いていたが、後にクロスベル警察に志願し、採用試験において筆記と射撃で満点を獲得して警察入りを果たす。
主な武器として導力銃を選んでいるのはその時の経験を活かしてのものであり、競技射撃を趣味とするほど射撃に関しては、同じく導力銃の使い手であるオリビエに負けず劣らずの天才的で華麗な腕前を誇っている。

穏やかで人当たりが良く、子供とすぐに打ち解けられるが、一度怒ると非常に怖い。怒鳴るよりも笑顔で怒って気圧するタイプであり、この殺気と迫力が籠った笑顔でランディも悪ふざけをすぐに止めるほどである。
ロイドとは似て非なるが自分の信念は貫き通す熱い一面も持っており、その意志の強さや、政治の勉強で身につけた交渉術や豊富な知識を使い、縁の下の力持ちとしてロイドたちを支えている。

ちなみに幽霊やお化けが大嫌いという意外な弱点があり、怪談やお化け屋敷といったものを苦手とするは勿論、幽霊やお化けに似た魔獣を見ると悲鳴をあげてしまう。

ティオ・プラトー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents