ワタシ以外みんなバカ(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワタシ以外みんなバカ』とは、2019年より『コミックなにとぞ』にてかたおかみさお作で連載されたいた、何に対してもマウントを取る女が巻き起こす騒動を描いた漫画である。主人公である泉和代は職場の人間をランク付けし、同僚であり既婚者の袴田とアバンチュールを楽しんでいる。本作は和代の異常なまでの自己肯定感の高さと野心によって引き起こされる波乱を描いているが、どこかリアリティがあり思わずこんな人いるいると共感出来るところが魅力的な作品だ。

『ワタシ以外みんなバカ』の概要

『ワタシ以外みんなバカ』とは、かたおかみさおによって『コミックなにとぞ』(DPNブックス)にて2019年より連載されていた何に対してもマウントを取る女が巻き起こす騒動を描いた漫画である。

和代は人間性には難ありだが仕事の能力は高いため、部長からの信頼は厚かった。また同僚たちも和代の実力は認めているものの、あんな風にはなりたくないと陰では思っていた。一方、和代は仕事だけではなく自身の容姿含めて並々ならぬ自信を持っており、周囲の人間を「中の下」「下の下」などとランク付けをし、見下しながら接していた。
そんな和代のもとに素朴な派遣社員である綾瀬百合子が部下につく。大人しい外見とは裏腹に肝の座った性格である百合子は徐々に周囲からも信頼を集め、また和代の紹介した友人・晴彦とも良い雰囲気になりつつあった。和代は自分よりランクが下と思っている百合子が、仕事もプライベートも上手く行く事が気に食わなかった。とある取引先の男性社員とトラブルを起こした和代は百合子の証言によって、プロジェクトを降板させられ経理部への異動を命じられる。ここでも和代は最初は自信満々で仕事に取組み周囲と接するのだが、実直に仕事をこなす経理部の同僚たちや、地味だけど部下のことをよく見守っている上司の藤田部長によって、徐々に自分の立ち振る舞いや行動を省みるようになっていく。

和代は経理部でも社長オーダーを見事に達成し、当初より参加を希望していた一大プロジェクトへのメンバー入りを果たした。経理部で学んだ協調性を活かして仕事をする和代の姿を見て、同期であり上司でもある坂口もその成長に驚いた。しかし和代のマウントを取る癖や不倫相手である袴田の妻である吉田さくらに対する高圧的な態度は依然変わらず、最後は和代と袴田の仲を知っている吉田さくらの坂口への告げ口によって和代は大目玉を食らう。
それによって和代はさらに自分の行動が間違っていたのかと振り返り、ひとりの人間として少し成長した姿を見せたころで物語は終わる。

『ワタシ以外みんなバカ』のあらすじ・ストーリー

デキる女、泉和代

1巻で仕事が出来ると自負する和代

自称デキる女の泉和代は自身のことを「中の上」と位置付け周囲のレベルの低さに呆れながら日々業務をこなしている。地味で仕事も出来ない同僚の鈴木は「下の中」、お菓子が好きで少々太り気味の大島に対しては「下の上」と心の中でランク付けをしている。
そんな和代だが仕事の腕は確かで部長にも的確な意見を物怖じせず発言する姿は、一定の評価を得られている。鈴木や大島も和代の仕事ぶりは認めているが、和代のようには絶対なりたくないと思っていて和代のビジュアルに対しても悪口を言っていた。ある日、和代の補佐として派遣社員の綾瀬百合子が入社する。やぼったい姿の百合子に対して和代は中の下とランク付けをする。部長から百合子に社内を案内するようにと指示を受けた和代は営業部のメンバーの顔と名前を百合子に教えながら、心の中で相変わらずひとりひとりをランク付けしている。案内の途中に同僚の袴田が和代に声をかける。その途端に和代は袴田に猫撫で声で甘え出し、袴田は百合子に和代は仕事は出来るが性格はきついから負けないようにと忠告する。それに対し百合子ははっきり言ってくれる人のほうが有難いと返答し、袴田は百合子を見た目はおっとりしているがしっかりしていると誉めて立ち去った。嫉妬と焦りから和代は百合子に対し、袴田言うおっとりはブスという意味であり、自分が一番袴田から好かれているとアピールをした。

その夜、百合子の歓迎会が開催され、和代は心の中では「自分にしかできない枕営業でのしあがった女」と見下しながら部長に媚びを売っていた。部長に媚びを売る和代の姿について、大島と鈴木は百合子に和代は「そーゆー人」だから気を付けるようにと忠告する。
袴田が歓迎会に立ち寄り百合子と親しげに話す様子を見て和代はまたもや敵意をむき出しにして、安いモテテクを使っても意味がないとくぎを刺す。百合子は経験豊富な和代の話を聞きたいと二軒目に誘い、和代の数々の武勇伝に感嘆の声を上げる。そんな百合子のことを和代はやぼったいが理解力のある子だと評価した。帰宅すると和代の家には袴田がベッドで寝ており、その姿を見た和代はやっぱり私は男からも愛されてしまうとさらに自己肯定感を高めるのだった。

止まらない和代の暴走

2巻で出社する前に一夜を自分の部屋で過ごした袴田(手前)を見て優越感に浸る和代(奥)

ある日、和代は部長に呼び出され一大プロジェクトであるデジクリプロジェクトのリーダーを任されることになった。もちろん和代は二つ返事で快諾し、嬉々として百合子に部長の懇願によって任されたと報告した。その際に和代は百合子に対し「もっと自信をもてば私みたいに出来るよ」とアドバイスをし、百合子は私もガツガツいかないとダメだと思ったと返答した。

「ガツガツ」という言葉が癪に障った和代は、百合子を陥れようと合コンを開催した。百合子のお酒に薬を盛り、悪酔いした百合子を合コン相手の晴彦に持ち帰らせるように仕向けたのだった。これで百合子に尻軽女のレッテルが貼れるという和代の思惑とは裏腹に、百合子と晴彦は良いムードになっていった。

腹立たしい気持ちが抑えられない和代だが、任されたプロジェクトが動き出しそこでも和代の高慢さが早速発揮される。プロジェクトを進行するにあたってサブリーダーなどは一切置かず全ての決断を和代が下すと宣言したのだった。また使えないと判断した人間は即刻クビにするとも伝えていた。和代の横暴な態度や指示にメンバーは徐々に疲弊し反発しつつあった。ある日プロジェクトのメンバーのひとりである吉田サクラが和代に業務報告をしにやってきた。和代はサクラを見て地味ブスで下の下とランク付けていた。またサクラの結婚指輪に対してもこんなダサい指輪を送る旦那もセンスが悪いに違いないと決めつける。

一方、百合子は和代に晴彦との今後のことについて相談をする。和代から「晴彦は百合子に本気ではなく尻軽ビッチとしか思っていない」と告げられた百合子は、ひどくショックを受ける。

その晩、自宅に帰った和代は袴田から今から会えるかと呼び出しを受けた。そんな事が今までなかった和代は有頂天になり、袴田が住むマンションへ行きエントランスで袴田を呼ぶが一向に返事がない。だんだん腹が立ってきた和代は家に戻ろうと決心したところサクラと鉢合わせする。そしてサクラが袴田の部屋に戻るのを確認し、吉田サクラの旦那が袴田という事実を初めて知ったのだった。

翌日イライラが止まらない和代は百合子に八つ当たりしていた。またサクラについてもチームのメンバーから外したことが発覚し、そのことに百合子は驚愕し、また和代にきつく当たられた事に対しても涙を流してしまう。そして袴田は和代に対し昨日呼び出しをしたっきりになってしまった事を謝罪する。イライラが止まらない和代は袴田にあんな地味な女と結婚するなんて信じられないなど暴言を吐いた。それに対し袴田は「お前みたなくそ女はごめんだよ」と吐き捨てる。金欠の時に風俗に行くお金を節約する時の相手にすぎない、と言われた和代のプライドは、ズタボロに引き裂かれるのであった。また百合子も和代の言葉や態度に我慢ならない様子であった。

百合子の復讐劇

4巻でサクラの忠告を一蹴する和代

イライラが止まらない和代は翌日取引先との大事な商談を控えていた。そんな時にサクラが「取引先の大河内は距離が近く、また百合子のことがお気に入りと言っていたので気をつけたほうが良い」と忠告する。サクラの顔を見ただけでイライラが募る和代は「私がいるから大丈夫!むだな報告お疲れ様!」と切り捨てた。

会食が開始されると大河内は百合子にデレデレが止まらない様子だった。「部下を誉めて頂きありがとうございます」と割って入る和代に対し、大河内は和代もカバみたいで良いよとコメントし、同席していたメンバーは爆笑した。トイレのために籍を外した大河内が酔っているから心配だと和代は後を追った。その直後、和代の悲鳴が店に響き渡る。みんなが駆けつけると服がはだけた和代と、和代が誘ってきたんだと慌てる大河内がいた。

一旦その場はお開きとなり、帰宅の道中で和代は百合子に「これもセクハラ爺を撃退する方法のひとつだ」と教えた。百合子はその場で晴彦と付き合う事になったと打ち明ける。衝撃を隠せない和代は「中の下の男と付き合っても意味がない、今すぐ電話で別れを告げろ」と百合子に迫り、耐え切れなくなった百合子は無言でその場を立ち去った。

翌日大河内が副社長と共に来社してきた。和代は部長やサクラも巻き込み大事にしようとすると試みるが、百合子が「もうやめてください」と止めにはいった。百合子は和代から大河内を無理やり誘った現場と、帰宅途中に百合子へセクハラ爺の撃退のために嘘をついた事を打ち明けた現場の映像と録音を差しだした。百合子は、大河内がプロジェクトの進行になくてはならないパートナーなので、謂れのない罪を被せられる事が我慢ならなかったのだ。この件はなかった事として両社合意し、もちろん和代はプロジェクトから外されることとなった。納得がいかない和代は百合子に詰め寄るが、和代の言動が嘘ばかりと改めて認識し、「上目の女になれるように頑張ります」と吐き捨てその場を立ち去った。百合子が現場を録音するなど綿密な行動を取っていたのは、実はサクラの「和代から目を離すな」というアドバイスがあったからだった。

経理部での和代の活躍

第5巻にて初めて見た飯塚(右)を見下す和代(左)

プロジェクトを外された和代の異動先は経理部だった。和代を迎え入れた飯塚は長年経理部に所属するアシスタントで、飯塚に上に立たれた和代は早速不快感をあらわにし、飯塚の事を下の下とランク付けた。そんな時、百合子に言われた「人を下だの上だのランク付けして自分を落ち着かせているんでしょう、妬んでいるのは和代さんのほうでしょう」というセリフをふと思い出していた。

飯塚は和代にチームのメンバーを紹介するが、和代は心の中でレベルの低そうなやつらばっかりと蔑んでいた。メンバーのひとりである黒部を飯塚は「中途ながら経験も豊富でとても頼りになる」と紹介した。小さいウサギの絵柄のシャツを着ている黒部をみて、和代は「何でそんな変な服を着ているの?」と早速失礼な質問をする。黒木は「私の服装が何か影響があるのか」と毅然と答えた。和代は黒木を面倒くさい女と思いつつも、またもや百合子の「妬んでいるのは和代のほうだ」という言葉を思い出し、「こんな冴えないメンバーを私が妬むはずがない」と言い聞かせた。その後も和代は高級店を知っているとマウントを取ったり、黒部に思いを寄せる同僚の岡本を地味と言ったり、意地悪な受け答えを続けていた。その度に岡本は毅然とした態度を取っていた。

顔合わせのミーティングに同席することになった和代は、サクラとばったり出くわすこととなった。なんと和代が外されたプロジェクトの次期リーダーとしてサクラが抜擢されていたのだ。嫉妬を隠せない和代は「枕営業で仕事を獲得したんだろう」と心の中でなじった。それを見た岡本は「納得の人事ですね。吉田さんならきっと成功します」とコメントした。黒部にバカにされた和代はこんなところで絶対終わらないと心に誓い、飯塚へのミーティング内容の報告を黒部に押し付け立ち去った。

和代は袴田を呼び出しふたりがベッドで寝ている写真を見せ、「一大プロジェクトであるモルトンプロジェクトに入れてくれないと嫁に不倫をばらす」と脅した。袴田は「和代しか良き理解者はいない、今夜家に行きたい」と懇願し和代を宥めることでその場をひとまず凌いだ。

飯塚は締め切り日までに終わらせなくてはならない業務に追われていて、その姿を見た和代は経理部ではなく無能部だと心の中で蔑んだ。また膨大な紙ファイルを見ながら非効率さにため息をついた。そんな中、袴田が飯塚に領収書を持ってきて支払い処理の依頼をしにきた。飯塚は袴田の押しに負け、忙しいながらも快く処理を引き受けた。そして袴田のことを「男性ホルモンを感じる」とコメントし、和代は袴田は自分のような高レベルの女しか釣り合わないと飯塚に釘を刺した。

その夜、袴田はワインを持って和代の家を訪れた。強引にワインを薦める袴田に対し和代は「睡眠薬がワインに入っていて、眠らせた隙に不倫の証拠写真を消すつもりだろう」と悪だくみを見抜いた。降参した袴田は計画を認め、和代はモルトンプロジェクトへの参加を再度懇願するが、袴田は自身の権限ではどうする事も出来ないと断った。袴田の弱みを握った和代は、社長へ直談判出来る場をセッティングすることや、週に1回は和代の家を訪れる事を約束させた。そして袴田に自分の足を舐めさせて優越感に浸るのであった。

後日、袴田は和代と社長の3人で食事をする機会を設け、和代は早速モルトンプロジェクトへの自分の抜擢を懇願する。社長は和代の過去案件での功績を認めながら、モルトンプロジェクトへの参加に当たっては翌月までに経理部での1千万円の費用削減の達成を条件とした。和代は会社を引っ張る人材だと鼓舞し、和代は良い気分になりまんまとその条件を受け入れた。経理部に戻った和代は社長から特命オーダーを受けたと周囲に自慢し、くだらない案件は他に押し付けて半月で条件を達成してみると奮起した。

和代と社長の約束

和代はモルトンプロジェクトへの参加に向けてやる気満々だったが、経理畑ではないため1千万削減に向けた糸口を探すことすら困難のように思えていた。飯塚が黒部に対しまたもや「頼りになるわ~」と誉めていることが気に食わない和代は、浜田商事の案件の進捗が遅いと苦言する。黒部は支払いは半年先だからまだ急がなくても良いと回答するが、和代は重要案件を抱えていて忙しいと喚いた。

一方喫煙室で社長と袴田は先日の和代の直談判について話していた。社長は「和代みたいな人材は上手く転がす事が大事だ」と袴田にアドバイスした。

経理部では飯塚が事務所に届くよう頼んだ泥付きのサツマイモのお裾分けで、和気藹々とした時間を過ごしていた。飯塚は和代にもサツマイモを勧めるが、そんな貧乏臭いものはいらないと突っぱねた。イライラした和代は飯塚に経理部の案件一覧はどこかと尋ねる。飯塚はファイルを共有ではなく送ったと伝え、その非効率な仕事のやり方に和代は呆れていた。飯塚はとあるシステムの導入の進捗が思わしくなく、これが導入されれば1千万のコストダウンが可能になると言った。それを聞いた和代は「これだ!」と目を輝かせる。また任された案件を良かれとひとりで抱え込む飯塚の仕事のスタイルへも改善を提案し、これから新システム導入に向けたプロジェクトを和代が取り仕切ると宣言した。

和代は黒部に対し資料作成とリーケ社とのアポ調整を指示した。黒部は先方へ訪問する形式で良いかと聞いてきたが、和代は「こちらがクライアントの立場なのだからわざわざ訪問する必要はない」と一蹴し、「これだから中途は困る」と黒部をバカにした。そんな時に「黒部さんに密かに想いを寄せているのでは」と飯塚が言っていた岡本が、和代に自分もプロジェクトに入れてほしいと言ってきた。和代はそれを自分と仕事がしたいと拡大解釈した。

第7話でワークライフバランスの大切さを説く和代

一方飯塚は相変わらず業務に追われていて、その姿に対し和代は「私みたいにワークライフバランスを大事にしたらどうか」と投げかけた。そして「ボーイフレンドのひとりでも作ったらどうか」「部長もメンバーの山神も独身なのだからデートくらいしたほうが良い」とマウントを取り始めた。さすがにそれは失礼だという飯塚に和代は業務の指示メールを出し、さらに追い打ちをかけた。そんな状況を横目に黒部はそそくさとリーケ社の来社について調整を完了し、応接室の予約まで完璧にこなした。またもや仕事が早い黒部に和代は驚きを隠せない様子であった。

次の標的となった飯塚

8巻で黒部のリーケ社への同行を牽制する和代

リーケ社とのアポを調整した黒部に対し、和代は商談の場は飯塚か岡本に出席してほしいと言う。内勤の経験しかない飯塚はどんな服装か適切か尋ねるが、和代はどうせ地味な服しか持っていないのだから何を着ても同じだろうと冷たく言い放った。和代は自分のことを誉めてきた岡本に対してワークライフバランスが大事だと再度説く。その流れで自分がいかに黒部のことを尊敬しているか岡本が語りだし、黒部は元々大手企業数社からオファーが来るくらいの実力者であることが判明する。黒部は大企業で働くよりも中小企業で自分のペースで働きたかったと謙遜するが、和代は自分がユルユル働いていると言われているようだと思い、黒部をクソオンナと心の中で罵った。

リーケ社との商談当日、飯塚の服装を見て和代はそんな服を着てくるなんて信じられないとバカにする。来社したリーケ社の社長は想像よりも若くイケメンで和代のテンションは高揚しており、部下の気が利かず来社させてしまったこと、また飯塚の服装が地味なことについて詫びを入れた。リーケの社長の矢作は「ふたりとも素敵です」とコメントするが、和代は自分ひとりに向けられた言葉だと認識していた。また商談の中で矢作が素晴らしい経歴の持ち主である事も判明し、上の上である自分にふさわしい相手だと勝手に認定していた。飯塚がシステム周りの質問を矢作にした際に、その問題の的確さに矢作は嬉しそうな表情を見せ、飯塚も笑顔で対応する。それを見た和代は飯塚が男に媚びを売っているとイライラを募らせた。商談も終わり矢作を見送る際に矢作が飯塚へ「本当に素敵ですよ」と言い残し立ち去った。またもや嬉しそうにする飯塚を見て和代は「お荷物ババア」と心の中で罵った。

和代がデスクに戻ると、しょぼい見た目の藤田部長から案件の進捗状況について聞かれた。そして人事へ話を通しておいたほうが良いとアドバイスされるが、和代は聞く耳持たずでそんな事よりどうやって飯塚をつぶそうかと企んでいた。一方、袴田は同僚の河合に依頼された秘書課との合コンを開催していた。そこで秘書課の加藤が密かに袴田のことをかっこいいと思っていたと告白される。秘書課に手を出すとややこしい事になると敬遠していた袴田だが、加藤の可愛いさに根負けしキスをしてしまう。そんな時、和代から「飯塚のことをヤっちゃって」という電話が突如かかってきた。

和代の飯塚への仕打ち

9巻で秘書課の加藤(上)と寝た後に言い寄られる袴田(下)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents