Do As Infinity(ドゥ・アズ・インフィニティ)の徹底解説まとめ

『Do As Infinity』とは伴都美子と大渡亮によるによる音楽グループ。
伴都美子の魅力的なビジュアルと、歌唱力の高さから人気を博した。2002年に発売したベストアルバムはミリオンセラーを記録して日本ゴールドディスク大賞を受賞した。2005年に解散となったが、2008年に復活を果たし、2017年にはメキシコ、ブラジル、チリなどの海外でもライブを行なっている。

『Do As Infinity』概要

Do As Infinityは、伴都美子、大渡亮、長尾大の3人からなる音楽ユニット。伴はボーカル、大はギター、長尾は作曲・編集などを担当する。レーベルは「avex trax」。メインプロデューサーはMAX MATSUURA(松浦勝人)。グループ名には「無限の広がり」という意味が込められている。別名「D・A・I」「Do As」。1999年9月29日にマキシシングル『Tangerine Dream』でデビュー。その後『Oasis』『Yesterday&Today』などをリリースし、オリコンチャート上位に食い込む。2005年9月29日に惜しまれつつも解散をする。2008年9月29日には再結成し、活動を再開する。

『Do As Infinity』の活動履歴

1998年、長尾大は複数のレコード会社に、デモテープを送り付ける。デモテープには「Tangerine Dream」や「Heart」などの楽曲が既に含まれていた。アクシヴ(エイベックス)のスタッフに評価され、同社専属のクリエイターとしてデビューすることになった。アクシヴでは、吉沢梨絵、hitomiなどへの楽曲提供を行い、浜崎あゆみへ提供した楽曲「TO BE」で有名になった。

熊本から上京していた伴都美子は、エイベックス関係者にスカウトされる。1999年5月18日、エイベックス関係者から渋谷のカラオケ店に呼ばれ、そこで中小野正利の楽曲を歌う。その後、大渡亮が加入し「Do As Infinity」を結成する。同年8月15日、渋谷ハチ公前などで、路上ライブを行う。路上ライブでは「Tangerine Dream」や「Heart」などが収録されたMDを無料配布されていた。同年11月22日、路上ライブ通算100回を達成する。渋谷公会堂にて記念公演が無料で行われる。その後、全国各地でのイベント出演などを行うようになる。

2000年9月29日、デビュー1周年を記念して、渋谷ハチ公前で路上ライブを実施する。予想以上の反響で多くの人々が殺到したため、警察官が介入する事態なった。デビュー当初は、楽曲製作とライブ出演を優先させるためにテレビ出演は控えていたが、サポーターを中心にテレビ出演を求める声も高まったことから、7thマキシシングル「Desire」のプロモーション時にテレビ出演する。2001年5月、初のワンマンライブツアーを敢行する。2002年に発表したベスト・アルバム『Do The Best』は出荷枚数がミリオンを突破し、第17回日本ゴールドディスク大賞ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2005年9月13日、「Do As Infinity」を同年9月29日に解散し、ラストライブを同年11月25日に日本武道館で行うことを発表する。

2007年12月24日、友人と一緒に過ごしていた伴は、その場に大渡を呼び出し、それぞれの近況などを話し合う。
2008年、
その春、メンバーとスタッフが再会。初夏ぐらいから再結成へ向けての話し合いが何度となく行われ、7月にメンバーとスタッフが最終的に合意し、a-nationへのサプライズ出演へと漕ぎ着けた。2009年のa-nationでは伴の画像が正面に映し出され、「冒険者たち」を含め、4曲歌いあげた。2017年7月、初にラテンアメリカツアーを行い、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、チリでのライブを開催。

『Do As Infinity』のメンバー

伴 都美子(ばん とみこ)

1979年1月9日生まれ。熊本県上益城郡山都町出身。身長164 cm、星座は山羊座、血液型はA型。愛称は「伴ちゃん」。幼少の頃は「とんこ」と呼ばれていたこともある。英語表記では「Tomiko Ban」ではなく「Tomiko Van」と書くのが正式である。Banは「禁止」を意味するため、Vanと表記しているとのこと。ちなみに、Vanの意味は「先導する」である。幼い頃、家庭の事情により、伯母の家庭で育てられる。東京への憧れが強かったため、高校卒業後、服飾関係の専門学校に進学することを理由に上京する。専門学校時代に『ヘアandビューティ』誌でヘアモデルをしていたところ、エイベックス関係者にスカウトされる。1999年9月29日、エイベックスから「Do As Infinity」のヴォーカルとしてシングル『Tangerine Dream』でデビュー。2005年9月29日、惜しまれつつもDo As Infinityを解散する。2006年3月、ソロアーティストとしてアルバム『FAREWELL』をリリースし、活動を開始する。2008年9月29日、Do As Infinityが再結成し、活動を開始する。また、2005年8月にリーディング・スペクタクル(朗読・音楽劇)「美貌の青空〜チェ・ゲバラ、魂の錬金術」で舞台デビュー。2007年秋には初出演した映画『ヒートアイランド』が公開される。アーティストだけに留まらず、女優などでもマルチな才能を発揮する。2012年9月29日、SHIBUYA−AXで開催されたファンクラブ会員限定ライブにて、9月中旬に4歳年下の一般人と入籍したことを発表した。

大渡 亮(おおわたり りょう)

1971年4月4日生まれ。神奈川県横浜市中区本牧出身(生まれは埼玉県春日部市)。血液型はB型。既婚。「pee-ka-boo」の元メンバーでギターを担当していた。1999年に結成した「Do As Infinity」ではギターを担当。デビュー前から渋谷のハチ公前などで路上ライブを100回以上行っていた。デビュー後はCDリリースやライブ活動などを中心に行う。2005年に解散するが、2008年には再結成し、活動を再開する。2004年に結成した「ミサイルイノベーション」ではボーカル兼ギターを担当。ポルノグラフィティの元メンバーであるTamaのサポートも務めている。

『Do As Infinity』の元メンバー

長尾 大(ながお だい)

1971年3月28日生まれ。千葉県浦安市出身。ミュージシャン、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。2005年まで「Do As Infinity」の作曲、編曲、シンセサイザープログラマー、ギタリストを務めていた。別名はD・A・I。デビュー前は、ビルの警備員の仕事で生計を立てながら楽曲制作を行っていた。その後、アクシヴ(エイベックス)に送ったデモ楽曲がスタッフに評価され、同社専属のクリエイターとしてデビューすることになった。アクシヴでは様々なアーティストに楽曲提供をする。2000年12月31日、ヴェルファーレで行われた「avex NEW CENTURY COUNT DOWN 2000・2001」でのライブを最後にフロントメンバーから外れる。メンバーとしての活動と、作曲家としての活動を同時に進めていくのが難しく、作曲家としての活動に専念するため、メンバーを外れたとされている。その後、メンバーとしてライブなどに何度か出演している。2004年、エイベックスから独立し、個人事務所「TRUE SONG MUSIC」を設立する。「Amasia Landscape」など様々なアーティストに楽曲提供を行う。2008年、「Do As Infinity」の再結成ではメンバーとして参加していない。現在は、ロック・バイオリン・プロジェクト「Sword of the Far East」のプロデューサー兼メンバーとして活動している。

『Do As Infinity』のディスコグラフィー

BREAK OF DAWN

1.BREAK OF DAWN
2.Standing on the hill
3.Oasis
4.Another
5.心の地図
6.Heart
7.Raven
8.Welcome!
9.Painful
10.Tangerine Dream
11.Yesterday & Today
12.散りゆく夕辺 (アコースティック ヴァージョン)
13.Oasis (アコースティック ヴァージョン)

2000年3月23日リリースの1stアルバム。オリコンチャート3位を獲得する。デビューシングル「Tangerine Dream」から4thシングル「Yesterday & Today」までのシングルを収録。初回盤はスリーブケース&ボーナストラック収録。

NEW WORLD

1.new world [Album Mix]
2.GURUGURU
3.Desire
4.We are.
5.snail
6.永遠
7.rumble fish
8.Holiday
9.135
10.Wings 510
11.SUMMER DAYS
12.Yesterday & Today [Strings Orchestra Mix]

2001年2月21日リリースの2ndアルバム。
オリコンチャート1位を獲得する。

収録曲のほとんどがシングル曲とカップリング曲で占めており、新曲はわずか3曲である。
ブックレットの写真にはシングル「We are.」の時に撮影されたものが使われている。そのため、「We are.」でフロントメンバーから離れた長尾大も写っている。初回盤はスリーブケース&ボーナストラックを1曲収録。

DEEP FOREST

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents