王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

「王室教師ハイネ」とは、「赤井ヒガサ」による漫画作品。2017年にブリッジ製作でアニメ化。さらに同2017年ミュージカル化し、メインキャラ5人の役をアニメの声優陣がそのまま勤めた。主人公「ハイネ」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール」の勅令で、ヴィクトールの息子の4人王子「カイ」「ブルーノ」「レオンハルト」「リヒト」の王室教師になった。王子たちは一癖も二癖もある人物達なのであった。

王子達はまず記事を書いた人物「グレゴール」を探すが、グレゴールは記事を書いたあと会社を辞めて行方不明であった。
リヒトの情報網により、「カール・フィッシャー」という人物に行き当たり、グレゴールはカールの偽名だと言う事がわかる。
王子たちは権力を使ってカールを少し脅かし話を聞く事に成功する。
カールから聞いた情報により、ヴィクトールが王位継承する前の収穫祭の時期に投獄された人物の資料の中に、「ハイネ・ヴィトゲンシュタイン」の名を発見する。
罪状は「王子誘拐並びに暗殺未遂」であった。
真相を聞きに王子達はヴィクトールを訪ね、ヴィクトールはハイネと自分の過去を語り始めた。
ヴィクトールは王位継承する前、リヒトのようにこっそり街へ出歩き、人々の生活を見て回っていた。
そんな時、ヴィクトールは親の居ない子供たちのリーダー的存在であったハイネに出会った。
ヴィクトールはハイネから王宮では教えてもらえなかった色々な事を学んでいく。
そして、良い国にしたいとハイネに自分の夢を語り、ハイネはヴィクトールが王族とは知らなかったがヴィクトールの夢に賛同した。
ヴィクトールは自分の持ち物であった懐中時計をハイネにあげ、それを売って子供達の毛布や暖かい食べ物を買うように言った。
収穫祭の日、いつものようにヴィクトールとハイネが会っていたが、王宮ではヴィクトールがいなくなった事に気づき騒ぎになっていた。
ヴィクトールを探していた近衛兵は、ハイネとヴィクトールが一緒に居る所を目撃し、さらにハイネがヴィクトールの時計を持っていたことでハイネを誘拐犯だと勘違いする。
ハイネは近衛兵に銃撃されるが、ヴィクトールがハイネを庇って銃弾を胸に受けてしまう。
ヴィクトールを撃ってしまった近衛兵は、ハイネがヴィクトールを盾にしたのだとと言い張る。
倒れたヴィクトールを見たハイネは逆上し、近衛兵に立ち向かう。
一命を取りとめたヴィクトールが目を覚ますと、ハイネはヴィクトールに対する誘拐と暗殺未遂の罪状で牢に入れられていた。
その間ハイネは弁明もせず、ずっと神にヴィクトールの無事を祈り続けていたのであった。
ハイネはヴィクトールによって事情を説明され、牢を開放された。
その後ヴィクトールは王位継承し、親の居ない子供達のために教会を作り、ハイネはそこに居る子供達のために教師になった。
そして数年後、ハイネはヴィクトールによって王室教師に選ばれたのである。
しかしハイネは犯罪歴のある自分を教師として王室に招いたことで、ヴィクトールや王子達に迷惑を掛けることが嫌がり、もし自分の過去が公になったら何も言わず王室教師を辞めるという条件を出し、ヴィクトールはこれを了承した。
そのため、ヴィクトールはハイネとの約束を守り、ゴシップ記事に対して訂正したり真実を公の場で述べる気は無いと言う。

若い頃のハイネ。現在と違い言葉使いはワイルド。

ハイネは王子達が真実を知ったことを知る。
王子達はハイネを追放したくないと言うが、犯罪歴のある教師が王宮にいてはいけないとハイネは王室教師を辞め、王宮を去った。
ローゼンベルク伯爵はそんなハイネたちの姿を見ながら、ほくそ笑む。
ローゼンベルクの目的は、第一王子アインスを次期王にすることで、次期王の候補者である王子達と王子を立派な後継者に仕立て上げてしまうであろうハイネが邪魔だったのである。
最初の頃の性格などに難がある王子達ではアインス王子に勝つ事は出来なかったが、ハイネが王子たちを成長させたことでアインスの王位継承の脅威となり、ローゼンベルクはアインスのために独自の判断で動いたのである。

ハイネをもう一度王室教師に招くため、会議の場で皆を説得する王子達。

王子達はハイネを諦めることができず、次の王室教師を決める会議に乱入しハイネを推薦する事にする。
ヴィクトールは教会へ戻ったハイネに、自分はハイネ以上に良い教師は知らない、そのため王室教師を決める会議が開かれることを伝え、会議の場で王子達が何かするつもりであることを話す。
しかしハイネは会議には行かないと言う。

会議が始まり、ローゼンベルクは自分の息の掛かった人間を王室教師に推薦し、生徒になる王子たちを間接的に操ろうと目論む。
そこへ王子達が現れハイネとの関わりで自分達は成長したこと、ハイネと一緒に学んだ事は将来国のために役立つという事を熱弁する。
そして、皆が助け合い、食べる物に困らず、平等に教育を受けられる豊かな国にしたいと議会の人々に語る。
始めは子供だとあしらわれていた王子達であったが、その成長に議会の人々も目を見張った。
王子達の演説が終わると議会の場は拍手に包まれ、拍手をしていた中には第一王子アインスもいた。
会議に行かないと言っていたハイネであったが、ちゃんと見に来ており、王子達の成長と自分への気持ちに涙した。
アインスはローゼンベルクが自分のためにした企みを全て認知しており、そんな余計な事をしなくても自分は次の王になると言い放った。

そして新しい王室教師が王宮に招かれ、王子達は王室教師を歓迎する。
その相手は改めて王室教師として雇われたハイネであった。

一話冒頭と同じシーンで締めくくられる。

『王室教師ハイネ』の登場人物・キャラクター

主要登場人物・キャラクター

ハイネ・ヴィトゲンシュタイン

CV:植田圭輔

本作の主人公。
一見子供のように見えるが成人男性。
一般市民且つ大学を出ていないが、ヴィクトールの勅令で王子達の王室教師となる。
性格は落ち着いているが、ギャグシーンでは二頭身になるなど、ユーモアさも持ち合わせている。
頭が良く、運動神経も優れ、運も強く、人徳もあり、教師として非の打ち所がない。

アニメ版では、親の居ない孤児たちのリーダー的存在の一般市民で、ヴィクトールと出会い友人になる。
ヴィクトールに対する誘拐・暗殺未遂の冤罪をかけられ牢獄に送られるが、ヴィクトールの説得によって恩赦を受ける。
その後、即位したヴィクトールによって孤児のための教会が作られ、ハイネはそこで教鞭を取っていた。
そして、ヴィクトールから王子達の王室教師になって欲しいと頼まれ、その話を受けるが、自分の過去が公になったら何も言わず辞めるという条件を提示する。
その結果、ハイネを邪魔に感じていたローゼンベルクの計らいで、王室のゴシップ記事で「王宮に犯罪者が居る」と取り上げられ、宣言した条件通り王室教師を辞めた。
だが王子たちはハイネをもう一度王室教師にして欲しいと次の王室教師を決める会議の場で奮闘し、ハイネは改めて王室教師になった。
会議の場には行かないと言っていたが、なんだかんだと訪れ、王子たちの成長を見て涙した。

人間関係は、自分の過去の事もありヴィクトールとは初対面のフリをしていたが、実際には現在も友人関係にある。
4人の王子とは関係良好で、特にブルーノからは師匠と呼ばれて熱烈に慕われている。

カイ・フォン・グランツライヒ

CV:安里勇哉

第二王子。17歳。
ハイネからつけられた通称名は「ジロリ王子」。
大柄で目つきが悪いため怖い人間だと思われがちであるが、実際には穏やかで人の気持ちを察することの出来る優しい性格。
誤解されやすいところもあり、引っ込み思案になりがちで公衆の面前にもあまり現れない。
軍学校時代に苛められていたブルーノを助け、暴力沙汰を起こしてしまい停学処分になる。
その過去によってカイという人間をより誤解させることになってしまうが、カイ本人は周りと打ち解けたいと思っている。
ハイネのサポートもあり、王宮の人間達とは打ち解ける事に成功した。
学生時代にブルーノを苛めていた主犯のフックスに、自身の事についてでたらめのゴシップ記事を書かれ、フックスとの対話を試みる。
フックスはカイや王宮の人々を貶めるつもりで書いていたが、反省しやり直そうとする人を許せる国にしたいと思うカイはフックスを許した。
シャドウやハイネの手(肉球)フニフニをするのが好き。

ブルーノ・フォン・グランツライヒ

CV:安達勇人、七瀬彩夏(幼少期)

第三王子。16歳。
ハイネからつけられた通称名は「高圧インテリ王子」。
頭脳明晰で学歴至上主義。
性格は礼儀正しく真面目で、自他共に厳しいが他人を庇う優しさを持ち、自分より優れている人間に憧れる傾向がある。
学歴が無い上に子供に見えるハイネの事を怪しみ、チェスなどで勝負するが尽く負けてしまう。
その後ハイネを天才と認め、師匠と呼び慕っている。
始めは自分が学ぶ事が最優先であったが、次第に子供達に勉強を教え、他人に知識を与えられる事の出来る人間になっていく。
ハイネ曰く、兄弟の中で一番成長した人物。

レオンハルト・フォン・グランツライヒ

CV:廣瀬大介

第四王子。15歳。
ハイネから付けられた通称名は「プライドエベレスト王子」。
「グランツライヒの白百合」と言われるほど美しい外見を持っているが、内面はプライドの高いツンデレ。
教師から苦痛を受けたトラウマがあり、教師を敵視しているが、ハイネに対しては打ち解けた。
教師から逃げるために体力がつき、現在では普通の教師が追いつけないほどの運動神経で逃走する。
1+1すら出来ないほど勉強が出来ず、ハイネが最初に出した抜き打ちテストでは問題は全て不正解、名前を書いたためお情けでの1点であった。
いつも日記を付けており、内容は殆ど自分に対する反省で、嫌な事から逃げてしまう自分を嫌っていた。
ハイネ曰く高圧的な態度は臆病であることを隠すため。
自分に優しいブルーノに懐き尊敬している、ブルーノ限定のブラコン。
好物はザッハトルテで、ピーマンとニンジンが嫌い。
アイデアを出す能力に優れている。

リヒト・フォン・グランツライヒ

CV:蒼井翔太

第五王子。14歳。
ハイネから付けられた通称名は「チャラ王子」。
ノリが軽くよく女の子を侍らせているチャラ男。
何も考えてないような振る舞いをするが、実際にはそんなことはなく、時折勘の鋭さを見せる。
周りに隠れて街のカフェでアルバイトをしていた。
ハイネとヴィクトールにバレて一時辞める事を考えたが、王子もしつつバイトも続ける道を選んだ。
チャラ男な雰囲気とは裏腹に、実は真面目な性格で、ハイネ曰く王子達の中で一番「普通」。
街に居ることが多いため、交流関係が広く、独自の情報網を持つ。

yoru_830598
yoru_830598
@yoru_830598

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

NEW
FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』とは、真島ヒロによる漫画『FAIRY TAIL』の最終話の続きを描いた、スピンオフ作品である。ストーリーは真島、作画は上田敦夫が担当し、「マガジンポケット」にて連載している。主人公のナツ達が100年間誰も成し遂げた事がないといわれる、100年クエストに挑戦するストーリー。依頼内容は五神竜と呼ばれるドラゴンを封印すること。さらに「ドラゴンイーター」と呼ばれる、新たな勢力も現れ、三つ巴の戦いへと発展していく。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の後半ではナツたちがいるイシュガル大陸の西にあるアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国の皇帝はナツの前に幾度となく現れたゼレフ。ゼレフはアルバレス帝国ではスプリガンと名乗り、スプリガン12と呼ばれる精鋭部隊を率いている。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターの一人であるエルザ・スカーレットは「騎士(ザ・ナイト)」という換装魔法により自身の武器や衣服を一瞬で変化させることができる。ここでは作中で登場した彼女の鎧をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。メイビス・ヴァーミリオンは「フェアリーテイル」の初代マスターの少女である。作中では思念体(幽霊)として登場し、カナに「妖精の輝き」を貸し与えたり、アクノロギアからの攻撃を「妖精の球」で守ったりなど、ギルドのメンバーを優しく導く姿が描かれる。

Read Article

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場し、作品を盛り上げている。「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」にはグレイの兄弟子であるリオンや偉大な魔導士として認定された「聖十大魔導」の一人、ジュラが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの女性登場人物・キャラクターが登場し、その大半がスタイルのよい美人である。ここではセクシー、美人、かわいいキャラクターをランキング形式でまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツやS級魔導士のエルザやラクサスをはじめ、作中には高い戦闘能力を持った登場人物・キャラクターが多くおり、度々ファンの間でも「最強は誰か」ということが話題になる。ここでは『FAIRY TAIL』での強さランキングを独断で決めた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。物語の後半では「フェアリーテイル」がある大陸イシュガルと、その西にあるアラキタシアの大陸に位置するアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国は皇帝スプリガンを頂点とし、皇帝を守るスプリガン12という精鋭たちが存在する。皇帝スプリガンは、イシュガル大陸ではゼレフという名で知れ渡っている。

Read Article

【FAIRY TAIL】魔女の罪(クリムソルシエール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】魔女の罪(クリムソルシエール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「魔女の罪(クリムソルシエール)」は元「悪魔の心臓」のメンバーのウルティアとメルディ、脱獄したジェラールが設立した独立ギルドであり、「自らの犯した過ちを一生かけて償う」という贖罪を活動目的としている。

Read Article

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「人魚の踵(マーメイドヒール)」は女性だけの魔導士ギルドであり、見目が大変華やかである。エルザのかつての仲間であるミリアーナや、エルザと同郷のカグラなどが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。「フェアリーテイル」には「雷神衆」というマスターの孫ラクサス・ドレアーの親衛隊がある。普段はこの3人で仕事に出ており、ギルドにいる時間は少ない。ラクサスを思う気持ちは強く、ラクサスが破門になった時は「一緒にやめる」とラクサスについていこうとした。ここではそんな「雷神衆」のフリード、エバーグリーン、ビックスローの3人を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ルーシィ・ハートフィリアは母譲りの金髪を持つ美少女で、登場人物・キャラクターの中では常識人であるがゆえにツッコミ役に回ることが多い。スタイルが良く表情が豊かで快活な性格ゆえか、読者からの人気も高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ギルドに所属する者は体のどこかにそのギルドの紋章(ギルドマーク)を入れることが習わしとなっており、ギルドのメンバーは紋章を誇りに思っている場合が多い。どこに紋章を入れるかは自由であるようで、人によって位置や色が異なる。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語はヒロインのルーシィ・ハートフィリアが「フェアリーテイル」に加入するところから始まる。ルーシィはヒロインであると同時にもう一人の主人公として描かれており、彼女の成長が作品の見どころでもある。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の終盤、アルバレス帝国という国と戦争になった際、メイビスの親友を名乗るゼーラという少女が登場し、ピンチになった「フェアリーテイル」のメンバーを助けてくれる。このゼーラとは何者なのか。ここではゼーラの正体を徹底解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】心に響く名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】心に響く名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ナツをはじめとする「フェアリーテイル」の面々は、作中では「荒くれもの」と評されるものの、ギルドを「家族」と言うほど仲間思いで義に厚く、仲間を傷つけられたりすると戦いの最中でも相手に対して怒りの言葉をぶつけることが多い。そしてそこでは多くの名言・名セリフが生まれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツが使う魔法は失われた魔法(ロストマジック)の一つ、竜を滅ぼす滅竜魔法であり、滅竜魔法を扱う魔導士のことをドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)と呼ぶ。作中にはナツ以外にもドラゴンスレイヤーが登場し、時にドラゴン相手に熱戦を繰り広げている。

Read Article

目次 - Contents