王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

「王室教師ハイネ」とは、「赤井ヒガサ」による漫画作品。2017年にブリッジ製作でアニメ化。さらに同2017年ミュージカル化し、メインキャラ5人の役をアニメの声優陣がそのまま勤めた。主人公「ハイネ」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール」の勅令で、ヴィクトールの息子の4人王子「カイ」「ブルーノ」「レオンハルト」「リヒト」の王室教師になった。王子たちは一癖も二癖もある人物達なのであった。

『王室教師ハイネ』の概要

「王室教師ハイネ」とは、漫画家「赤井ヒガサ」による漫画作品。
2013年から、スクウェア・エニックス「月刊Gファンタジー」で連載開始。
2017年に、ブリッジ製作でアニメ化。
さらに同2017年にミュージカル化し「王室教師ハイネ -THE MUSICAL-」を公演した。
ミュージカルのキャストは、ハイネと4人の王子はアニメの声優がそのまま担当した。
他にもゲーム「夢王国と眠れる100人の王子様」とのコラボや、「アニメガカフェ」「カラオケアドアーズ」「アニメイトカフェキッチンカー」で限定カフェが開かれた。

ミュージカルのハイネと王子4人の俳優は、アニメの声優陣そのまま。

主人公「ハイネ・ヴィトゲンシュタイン」はグランツライヒ王国の王家の屋敷に招かれ、四人の王子「カイ・フォン・グランツライヒ」「ブルーノ・フォン・グランツライヒ」「レオンハルト・フォン・グランツライヒ」「リヒト・フォン・グランツライヒ」の王室教師(家庭教師)となる。
四人の王子たちは一見優雅で外面は良いのだが、実は一癖も二癖もある人物達であった。
ハイネと王子達の絆や、王子達の精神的な成長、そしてアニメオリジナルストーリーでハイネの過去が描かれた。

『王室教師ハイネ』のあらすじ・ストーリー

主人公「ハイネ」。小さな子供のように見えるが、立派な成人男性である。

主人公「ハイネ・ヴィトゲンシュタイン」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール・フォン・グランツライヒ」からの勅令で王室教師に選ばれ、王宮に招かれる。
ハイネが教師を担当するのは、第二王子「カイ・フォン・グランツライヒ」第三王子「ブルーノ・フォン・グランツライヒ」第四王子「レオンハルト・フォン・グランツライヒ」第五王子「リヒト・フォン・グランツライヒ」であった。
次期国王候補は第一王子「アインス・フォン・グランツライヒ」であるが、他4人の王子達にも等しく王になる権利があるとヴィクトールは考えていた。
王子たちは時期王候補として、王になるに値するだけの教養を身に付けなければならない立場なのである。
ハイネはそんな4人の王子達を立派な次期国王候補にするために呼ばれたのであった。

華々しい王子達。しかしこれは外面であった。

ハイネが4人の王子に面会すると、華麗な容姿を持つ王子達はハイネを歓迎したかのように思えたが、王子達にとってハイネは招かれざる客であった。
王子達はそれぞれとても癖の強い人間たちで、これまでの王室教師たちはこの王子達に手こずり全員辞めてしまったのである。
第二王子「カイ」は、目つきが悪くハイネを睨みつけ「…せ…ろ」と言い、ハイネはこの言葉を「失せろ」と受け取る。
第三王子「ブルーノ」は、礼儀正しいが値踏みするような冷たい目でハイネを見た。
第四王子「レオンハルト」は、感情的に一際ハイネを嫌がった。
第五王子「リヒト」は、物腰の軽いチャラ男であるが、どこか油断なら無い雰囲気を持っていた。
ハイネはまず一人ずつ面談をし、授業の内容を決めたいと王子達に話す。
そして面談で自分が教師になる事に納得できたら、夕方の4時に部屋に集まるように言う。
一人でも集まらなければ、ハイネは授業をしないという。
つまりハイネが王子たちに教師として認められ、王子たちがハイネの授業を受けたいと思い自らの意思で集まらなければ、ハイネは王室教師としての仕事が全うできないのである。

王室教師は人参とピーマンと同じくらい大嫌いだと言うレオンハルト。

4人の王子の中でも特にハイネの存在を嫌がっていたのは、第四王子「レオンハルト」であった。
レオンハルトはハイネという人間そのものではなく、「王室教師」という存在を憎んでいるようであった。
ハイネはまずレオンハルトから面談を始める事にし、面談を嫌がるレオンハルトを引きずって部屋へ向かった。
レオンハルトはとにかく勉強嫌いなのであった。
勉強の時間になると毎回教師から逃げるため、それが鍛錬となって体力と高い運動能力を獲得していた。
これまでの王室教師は誰一人逃げるレオンハルトに追いつくことが出来なかった。
ハイネが抜き打ちテストを受けるようにレオンハルトに言うと、早速逃げ出そうとする。
しかしハイネはレオンハルト以上の瞬発力を見せ、レオンハルトが逃げ出すのを阻止し、テストを受けるように迫る。
レオンハルトは頑なに嫌がる。
ハイネはレオンハルトの日記を見つけ、窓の外に向かい大声で日記の内容を朗読して脅しをかける。
観念したレオンハルトはしぶしぶテストを受けた。
テストを終えたレオンハルトの元に、ハイネから差し入れに好物のザッハトルテとお疲れ様というメッセージが届いた。
レオンハルトは、頭ごなしに勉強しろと言うようなこれまでの王室教師たちとは少し違うのではないかという気持ちをハイネに感じていた。
しかし、それでもレオンハルトには王室教師を受け入れられない理由が何かあるようであった。

冷徹な印象を持ったブルーノであるが、案外チョロかった。

次にハイネは第三王子「ブルーノ」の元へ行く。
ブルーノは父(ヴィクトール)の連れて来た人間だからと、とりあえずハイネに従いテストを受けた。
テストは即行で返って来て、全て正解であった。
ブルーノは学歴主義者で、大学へ行っていないというハイネに自分の教師になる価値があるのか試させて欲しいと言う。
自分より優秀な教師がこれまでおらず、ハイネもきっとこれまでの教師たちと同じで学ぶべき事がない教師だと思っていたのだ。
チェス・暗算・音楽演奏・トランプで対決するが尽くブルーノは負けてしまう。
苦肉の策で、ブルーノは自分で作った難問ばかりのテストをハイネに解かせるが、全問正解であった。
これが本当の天才だと打ちひしがれるブルーノであるが、突然目を輝かせ、ハイネを「師匠」と呼び始める。
ブルーノはハイネを自分より上位の存在だと認め、ハイネの事を教師を通り越し師匠として心からの信頼を見せたのであった。

王子なのに女の子を侍らせるチャラ男のリヒト。

次にハイネは第五王子「リヒト」の元へ行く。
リヒトの部屋には街娘達が居て、リヒトと戯れていた。
リヒトは他の兄弟とは違いハイネを嫌がることも試すこともせず、一見人が良さそうに見えた。
しかし時折鋭い視線でハイネを見て、これまでに実績の無い無名の教師であるハイネの正体を探ろうとした。
ハイネはリヒトを侮れない人物だと認識した。

初対面であるハイネを睨みつけ「…せ…ろ」と言ったカイ。

ハイネは次に第二王子「カイ」の元へ行くが、中庭で犬の「シャドウ」に資料ファイルと取られてしまう。
シャドウが走って行った先には、木陰で眠るカイが居た。
ハイネの貰った資料では、カイ王子は過去に暴力沙汰を起こしたことがある要注意人物と書かれていた。
目が覚めたカイはシャドウとハイネを間違えて、ハイネの手の平をフニフニと触りだした。
そして今度はシャドウとハイネ両方の手をフニフニし、癒されているようであった。
ハイネの事を先生と呼び、態度もとても柔らかく、事前情報と随分違うものであった。
最初に「…せ…ろ」と言ったのは「失せろ」ではなく、「せんせい、よろしく」だったのである。
カイは自分だけでは無く弟達の事まで宜しくと言い、抜き打ちテストもすんなりと受けた。
ハイネは、他人の集めた資料など当てにはならないと、事前に貰ったカイについての資料を破り捨てた。

抜き打ちテストの結果は、ブルーノが100点、カイが87点、レオンハルトが60点、リヒトが1点であった。

約束の4時に、まずブルーノが、次にリヒトが、次にカイが、そして最後にレオンハルトが来て、全員が集まった。
テスト返却でレオンハルトが1点、それも本来は0点であるが、名前を書いたためのお情けの1点である事が発覚する。
ハイネが点数が酷いと指摘すると、レオンハルトはやっぱり王室教師は敵だと物凄い速さで逃げていってしまう。
レオンハルトは小さい頃、とても厳しい王室教師に精神的にも肉体的にも暴力を受け、それ以来教師という存在を敵視しているのだという。
その話を聞いたハイネは、教師は敵では無いと教えるために逃げて行ったレオンハルトを追いかけた。
馬で遠くまで逃げていたレオンハルトに追いついたハイネは、レオンハルトにも勉強以外の才能があり、勉強が出来ないことを責めるつもりは無いと語り掛ける。
ハイネはレオンハルトの日記を読んだ際に、レオンハルトが嫌な事から逃げ出してしまう自分を嫌っていることを知っていた。
そんなレオンハルトにハイネは、今すぐ自分(ハイネ)を認めなくても良い、一緒に頑張ろうと語りかけ、手を差し伸べる。
レオンハルトはハイネの指先をちょこっと摘み、このくらいだったらハイネと共に頑張っても良いと言い、照れ隠しのように不機嫌な顔をした。

ハイネの歓迎会を開いてくれた王子達。

その後ハイネと王子達は、それぞれのコンプレックスや問題点と向かい合い、成長して行く。

レオンハルトは低すぎる学力をヴィクトールに指摘され、再テストで60点以上取れなければ王位継承権剥奪と言われてしまう。
レオンハルトは勉強を頑張ったが59点で、ヴィクトールの計らいにより名前を書いたから1点プラスとされ、合格した。
学力こそ低いレオンハルトであるが、アイデアを出す発想力は優れており、ちょっとした一言からその才能が発見された。

リヒトは周りに内緒で街でカフェのバイトをしていた。
それがハイネとヴィクトールにバレ、王族としての自覚が無さ過ぎるとリヒトは叱られてしまう。
リヒトは末弟の自分にはヴィクトールからの愛情が無いと思い込んでおり、ヴィクトールを突っぱねてしまう。
するとヴィクトールはリヒトの気持ちを理解するために、数時間一緒にカフェでバイトをした。
そのことで、ヴィクトールがリヒトの事も平等に愛していたこと、リヒトがカフェでバイトすることで人間的な成長をしていることが分かる。
さらに、リヒトは実はチャラ男ではなく、人一倍真面目な人間であることもハイネに知られてしまうのであった。

ブルーノは、飛びぬけた才能を持たず自分の事を凡人と思い、なかなか煮え切らないで居た。
書いていた論文をハイネに点検して貰い、精力的に論文の作成に取り組み、ハイネからお墨付きを貰う。
論文発表の場でも成功し、尊敬する大学教授のドミトリー教授に国を離れて自分の元に来ないかと誘われる。
ブルーノは王になる事を諦め学者になるか、王になれるかどうかは分からないが今のまま次の王を目指すかの二択を迫られる。
そしてハイネの「覚悟次第だ」という助言もあり、王を目指すという覚悟を決め、今のまま王を目指す事にした。

カイはコミュニケーション能力に難があり、そこを鍛えるようヴィクトールに指摘される。
手始めに王宮で働く人々とコミュニケーションを取ってみる事にするが、皆カイの顔を見ると怒っていると勘違いして逃げ出してしまう。
しかしカイは人と話すのは苦手であるが、人の気持ちを察することの出来る人間なのである。
カイは言葉の変わりに王宮の人々の仕事の手伝いをし、ついにメイドの「ヘレーネ」にありがとうと日頃の感謝を伝える事に成功する。
その後カイは王宮の人たちと徐々に打ち解けていった。

ハイネたちはヴィクトールに呼び出され、街で王宮に纏わるゴシップ誌が出回っている話を聞く。
その内容は、カイとブルーノが軍学校に通っていた頃、二人が立場を利用し学校を支配していて、一般生徒に対して暴力事件を起こし、被害を受けた生徒の方が退学処分されたというものであった。
しかし実際にはブルーノが苛めにあっていて、その現場を見たカイがブルーノを苛めていた生徒と喧嘩になり、カイとブルーノは停学・相手の生徒は退学処分となったのである。
その結果、リヒトとレオンハルトは軍学校に入ることを見送られた。
記事になっている内容から、退学になった生徒「フックス」が取材されている事は明白で、カイはフックスに会って記事を訂正してくれるよう頼むという。
護衛のために王宮の近衛兵「マクシミリアン」「ルートヴィヒ」を連れ、ハイネとカイがフックスの家に向かう事になった。
フックスはカイに対し友好的な態度を取っていたが、実はカイをずっと憎んでいて、陥れるために情報を編集者へリークしたのであった。
フックスの連れて来た輩によりハイネたちは捕らわれてしまうが、カイはもう暴力は振るわないと決意しフックス達に手を出さなかった。
ハイネはカイの心意気を買い、自分の拘束を軽く解いて、フックスとフックスの連れて来た輩を成敗し、事無きを得た。
フックスたちは警察へ引き渡され、それにより王子たちへの謂れのない悪評も消えていくのであった。

ハイネと王子の周りにはローゼンベルク伯爵という人物がいつも裏で不審な動きを見せていた。
リヒトがバイトしていることをヴィクトールにリークしたのも、ブルーノとドミトリーを引き合わせブルーノを王位継承から撤退させようとしたのも、フックスを唆したのもローゼンベルクであった。
そしてローゼンベルクは、ハイネの過去を知っているという素振りをハイネに見せた。
王宮に纏わるゴシップ記事には、「王宮の中に犯罪者が居る」という情報もあった。
王子達はこんな記事はデタラメだと言うが、ハイネは確かめもせず決めるのは良くないと王子達に指導する。
そして、新聞の記事が嘘なのか本当なのか自分達で調べて判断するのが今回の授業だと言った。

yoru_830598
yoru_830598
@yoru_830598

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の後半ではナツたちがいるイシュガル大陸の西にあるアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国の皇帝はナツの前に幾度となく現れたゼレフ。ゼレフはアルバレス帝国ではスプリガンと名乗り、スプリガン12と呼ばれる精鋭部隊を率いている。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターの一人であるエルザ・スカーレットは「騎士(ザ・ナイト)」という換装魔法により自身の武器や衣服を一瞬で変化させることができる。ここでは作中で登場した彼女の鎧をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。メイビス・ヴァーミリオンは「フェアリーテイル」の初代マスターの少女である。作中では思念体(幽霊)として登場し、カナに「妖精の輝き」を貸し与えたり、アクノロギアからの攻撃を「妖精の球」で守ったりなど、ギルドのメンバーを優しく導く姿が描かれる。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツやS級魔導士のエルザやラクサスをはじめ、作中には高い戦闘能力を持った登場人物・キャラクターが多くおり、度々ファンの間でも「最強は誰か」ということが話題になる。ここでは『FAIRY TAIL』での強さランキングを独断で決めた。

Read Article

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場し、作品を盛り上げている。「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」にはグレイの兄弟子であるリオンや偉大な魔導士として認定された「聖十大魔導」の一人、ジュラが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの女性登場人物・キャラクターが登場し、その大半がスタイルのよい美人である。ここではセクシー、美人、かわいいキャラクターをランキング形式でまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。物語の後半では「フェアリーテイル」がある大陸イシュガルと、その西にあるアラキタシアの大陸に位置するアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国は皇帝スプリガンを頂点とし、皇帝を守るスプリガン12という精鋭たちが存在する。皇帝スプリガンは、イシュガル大陸ではゼレフという名で知れ渡っている。

Read Article

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「人魚の踵(マーメイドヒール)」は女性だけの魔導士ギルドであり、見目が大変華やかである。エルザのかつての仲間であるミリアーナや、エルザと同郷のカグラなどが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】魔女の罪(クリムソルシエール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】魔女の罪(クリムソルシエール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「魔女の罪(クリムソルシエール)」は元「悪魔の心臓」のメンバーのウルティアとメルディ、脱獄したジェラールが設立した独立ギルドであり、「自らの犯した過ちを一生かけて償う」という贖罪を活動目的としている。

Read Article

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。「フェアリーテイル」には「雷神衆」というマスターの孫ラクサス・ドレアーの親衛隊がある。普段はこの3人で仕事に出ており、ギルドにいる時間は少ない。ラクサスを思う気持ちは強く、ラクサスが破門になった時は「一緒にやめる」とラクサスについていこうとした。ここではそんな「雷神衆」のフリード、エバーグリーン、ビックスローの3人を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ルーシィ・ハートフィリアは母譲りの金髪を持つ美少女で、登場人物・キャラクターの中では常識人であるがゆえにツッコミ役に回ることが多い。スタイルが良く表情が豊かで快活な性格ゆえか、読者からの人気も高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ギルドに所属する者は体のどこかにそのギルドの紋章(ギルドマーク)を入れることが習わしとなっており、ギルドのメンバーは紋章を誇りに思っている場合が多い。どこに紋章を入れるかは自由であるようで、人によって位置や色が異なる。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の終盤、アルバレス帝国という国と戦争になった際、メイビスの親友を名乗るゼーラという少女が登場し、ピンチになった「フェアリーテイル」のメンバーを助けてくれる。このゼーラとは何者なのか。ここではゼーラの正体を徹底解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語はヒロインのルーシィ・ハートフィリアが「フェアリーテイル」に加入するところから始まる。ルーシィはヒロインであると同時にもう一人の主人公として描かれており、彼女の成長が作品の見どころでもある。

Read Article

【FAIRY TAIL】心に響く名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】心に響く名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ナツをはじめとする「フェアリーテイル」の面々は、作中では「荒くれもの」と評されるものの、ギルドを「家族」と言うほど仲間思いで義に厚く、仲間を傷つけられたりすると戦いの最中でも相手に対して怒りの言葉をぶつけることが多い。そしてそこでは多くの名言・名セリフが生まれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツが使う魔法は失われた魔法(ロストマジック)の一つ、竜を滅ぼす滅竜魔法であり、滅竜魔法を扱う魔導士のことをドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)と呼ぶ。作中にはナツ以外にもドラゴンスレイヤーが登場し、時にドラゴン相手に熱戦を繰り広げている。

Read Article

【FAIRY TAIL】四つ首の番犬(クワトロケルベロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】四つ首の番犬(クワトロケルベロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「四つ首の番犬(クワトロケルベロス)」はS級魔導士のバッカスが所属するギルドであり、他にも「涙魔法」という変わった魔法を使用するウォークライなど個性的なメンバーが多い。

Read Article

目次 - Contents