チャージマン研!(チャー研、Chargeman Ken!)のネタバレ解説まとめ

「チャージマン研!」とは、1974年にテレビ放送されたナック製作のアニメーション作品。略称は「チャー研」。極端な低予算で作られた低クオリティの作品であるが、2000年前後にネットの動画サイトなどで存在が広まったことでブームが起こる。低クオリティな所が斬新且つシュールで面白いと、愛好家は多い。主人公「泉研」は「チャージマン研」に変身し、地球を侵略しに来たジュラル星人を倒して行く。

『チャージマン研!』の概要

「チャージマン研!」とは、1974年に放送されたナック製作のアニメーション作品。
略称は「チャー研」。
日本初の10分の帯アニメで、全65話。

放送時の30分アニメの予算は一話400~500万前後であるが、本作は10分アニメで50万という極端な低予算で作られている。
そのためスタッフは熱意が無く勝手に海へ遊びに行ってしまったり、効果音が入っていなかったり、尺伸ばしがあったり、戦闘シーンが一瞬で終わったり、ストーリーも突飛なものが多く、低クオリティの出来となっている。
放送終了後は音沙汰が無かったが、2000年前後から動画サイトによって存在が広まり、低クオリティな所が逆にシュールで面白い、ツッコミ所が多いなどの理由で流行り始めた。
こうしたネットのチャー研ブームにより、2008年からAT-Xで再放送される。
2010年には放送から40年経って始めて公式サイトが作られ、サウンドトラック&トリビュートアルバム「チャージマン研! Tribute to Soundtracks vol.1」が発売された。
2012年には、クオリティの低さや物語の突飛さなどが面白いと、テレビ朝日系列のバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」、さらに2014年にはTBS系列のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」に取り上げられた。
公式側はこうした低クオリティを弄る方向には寛容で、むしろ開き直っているところがある。
ニコニコ動画にあるMADなども把握しているのか、LINEスタンプはファンの間で人気のシーンや台詞が採用されている。
放送終了から長い年月が経っているためか、当時の資料などが無かったり、関わったスタッフや声優も不明な所が多い。
声優については、EDクレジットでは「劇団近代座」の誰かとされているため詳細は不明。
放送していた頃の声優は現在のような専門職ではないためか、棒読み・早口・滑舌が悪い所が多々あり、動画サイトでは空耳ネタも多い。
クオリティに問題があるアニメであるが、それ故に愛好家が多く、クオリティも含めて愛されているアニメである。

『チャージマン研!』のあらすじ・ストーリー

科学が発展した未来都市に、ジュラル星人と言う地球侵略を企む者たちが攻め込んできた。
主人公「泉研」は「チャージマン研」に変身し、地球を守るためにジュラル星人と戦う。
ジュラル星人は人間に変身して研に近づいたり、遠まわしな嫌がらせなどあの手この手で攻めてくるが、研はそれらを尽く粉砕する。
そしてジュラル星人の総司令官「魔王」は総力戦を研に挑む。
研は飛行メカ「スカイロッド号」に乗ってジュラル星人を倒し、無事地球を守りきったのであった。

『チャージマン研!』の登場人物・キャラクター

主要人物

泉 研(いずみ けん)

本作の主人公。
「チャージングGO!!」という掛け声で強化スーツ「スペクトルアロー」を着用した姿に変身し、地球侵略を狙うジュラル星人を倒しているヒーロー。
超人的な身体能力や超能力を有していて、殆どのジュラル星人は数秒で抹殺してしまう。
武器は光線銃「アルファーガン」と、飛行用メカ「スカイロッド号」。
アルファーガンを撃つ時に効果音が入ってない事が多いため、ファンからはマナーモードにしていると言われている。
人々を脅威にさらすジュラル星人を憎んでいて、ジュラル星人が無抵抗だったりまだ何もしてない状態であっても構わず倒し、言葉を交わし関わった相手がジュラル星人の変装でも躊躇う事はほぼ無い。
そのあまりにも遠慮の無い様から、ファンからは鬼畜と評されている。
しかし、稀に人間に影響され悪いことが出来なくなったジュラル星人に対しては情を持つこともある。
人間には寛容で、犯罪を犯した物が反省していれば見逃し研自ら更生させ、警察沙汰にはしない。
普段は年齢相応の少年で、妹のキャロンやバリカンと遊んでいる。
ハニートラップ・トマトジュース・計算が苦手。

研のモデルになったのはナックの西野清市社長の知り合いで、超能力者のピーター・フォルコス。
泉という苗字は広告代理店のプロデューサーの名前から抜粋。

泉 キャロン(いずみ きゃろん)

研の妹。
泉家で一人だけ名前が横文字だったり、一人だけ金髪で目が青いなどあるが、実の兄妹らしい。
活発でおませな美少女。
ジュラル星人に利用されたり、人質に取られたりなど、度々被害に遭う。
作画が安定しないため大人の美女のような顔をしたり、可愛い幼女の顔をしたりと忙しい。
研から太っているといわれる事もあり、体型を気にしている。

泉 博(いずみ ひろし)

研とキャロンの父親。
本人は医者と言っているが、医者として働いている描写は無い。
妻からも医者である事を忘れられたり、倒れている人を助けなかったり、精神病院への理解がなかったりなどする。
しかし自分が車で撥ねてしまった少女は自宅で介抱した。
他にも車で度々人や動物を撥ねたが、それらはジュラル星人と関わりのあるものであった。
漫画版ではスペクトルアローなどの開発者とされていて、医者とは一言も言われていない。
時折研のサポートに入り、研からの信頼は熱い。

泉 さおり

研とキャロンの母、博の妻。
家族を守るしつけに厳しい美人な母親。
夫の職業を忘れているのか、博に向かって「お医者様に診てもらいましょうか?」と言い、博に「おいおい、私は医者だよ?」と返された。
偽の研がストローを使わずにトマトジュースを飲もうとしたのを見て殺そうとするなど、時折狂気が垣間見える。
他の家族と比べると出番が少ない。

バリカン

泉家に住むロボット。
おじいさんロボットとされているが、おじいさん風の設定にされているのか実際に古いロボットなのかは不明。
研の事を「研」又は「研坊」と呼び、一人称は安定しない。
唐突に語尾に「~でゲス」が付く時もある。
普段は研やキャロンと一緒に居て遊んでいる。
殺人レコードの話では、ジュラル星人が作った恐怖のメロディで聞いた人間を狂わせてしまうレコードを研やキャロンが聞いてしまうが、バリカンはロボットであるためレコードを聞いても苦しがらず、レコードを割って研たちを助けた。
しかし基本的に扱いは酷く、イラッとするような描写も多いが本作の可愛いマスコットキャラクター。

渚(なぎさ)

CV:のざききいこ

研の担任の先生。色っぽい。
研と関わりがあるためジュラル星人に操られたり拉致られたりなどする。
担当声優が分かっている唯一のキャラクター。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents