リトルウィッチアカデミア(Little Witch Academia)のネタバレ解説まとめ

「リトルウィッチアカデミア」とは、TRIGGER制作のアニメーション作品。2013年に「アニメミライ2013」の一つとして劇場公開し、2015年に劇場版「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」が公開。そして2017年に劇場版とは異なるエピソードのテレビシリーズが放送。主人公「アッコ」は憧れの魔女「シャイニィシャリオ」のようになるため、「ルーナノヴァ魔法学校」へ入学して成長していく。

ダイアナとアッコ、二人にはシャリオという共通点が会った。

アーシュラはクロワを止めようと戦うが、空を飛ぶ力を失ってしまっていて敵わない。
校長達も自体に気がつきアーシュラに加勢するが、時は既に遅く、人々の負の感情からアーシュラはノワールロッドを作り出した。
ノワールロッドはシャイニィロッドを模倣した物で、クロワはこれで世界改変魔法を使おうとしているのである。
そしてクロワの持つ魔力ルーター無しでは魔法が使えなくなってしまう。
レイラインを通っていたアッコたちは、クロワのルーターでレイラインが消えた影響によりアルクトゥルスの森に不時着した。
クロワとアーシュラも、グラントリスケルの封印されているアルクトゥルスの森へと行った。
そしてクロワがノワールロッドでグラントリスケルの封印を解くと、クロワの手元に小さなイグドラシルの枝が現れた。
その枝で魔法を使ってもシャボン玉が飛んだり星が散るなどの魔法しか出ず、クロワは錯乱する。
その頃、街では暴動が苛烈になり、人々の負の感情を溜め込みすぎたノワールロッドは魔獣化し、クロワの指示を無視して暴走を始める。
クロワはノワールロッドに襲われるがアーシュラがそれを助け、観念したクロワはロッドを爆破しようとするが、もはやロッドはクロワからの干渉を受け付けなくなっていた。
アーシュラは魔獣化したロッドに飲み込まれてしまうが、駆けつけてきたアッコの撃った魔法シャイニィアルクによって救出され、止まっていたレイラインも復活した。

アッコは髪が赤いアーシュラをシャリオと呼び、ずっと会いたかった事、そして会ったらシャイニィロッドを返そうと思っていたこと、シャリオと会うことが夢だった事を語る。
そして、その夢が叶ったのは友人達のお陰で、アーシュラ先生のお陰だとも語り、シャリオではなくアーシュラとしてこれからも側にいて欲しいと言った。
シャリオになりたかったアッコであったが、シャリオはシャリオ、自分は自分と割り切り、自分は魔法で皆を笑顔にしたいと言う。
その気持ちに反応し、シャイニィロッドが光りだす。
「世界よ、変われ。みんなと繋がることで夢は育つんだ。」という意味である最後の言の葉、「ヴァサンシール・シェアリーラ」を解放すると、先ほどクロワの手に渡ったイグドラシルの枝がアッコの元に現れる。
アッコはイグドラシルの枝を使って「ヴァサンシール・シェアリーラ」と唱えると、辺り一面が花と緑に包まれる。
そしてイグドラシルの枝はシャイニィロッドと融合した。
グラントリスケルとは、膨大な魔力を持つイグドラシルの樹の枝のことであったのである。

アッコの成長に、最後の言の葉が反応する。

その頃、クロワの作り出したキューブもノワールロッドと同じく魔獣化し、ミサイルに取り付き自分の意志で発射する。
更なる負の感情を生もうとしているのである。
しかしクロワにはもう制御できず、どうすることもできなかった。
ミサイルに追いつくことなんて出来ないと思う一同であるが、アッコはこの場に9人の魔女(アッコ、ダイアナ、ロッテ、スーシィ、アマンダ、コンスタンツェ、ヤスミンカ、アーシュラ、クロワ)がいるなら出来る事はあると明るく言う。
アッコに動かされ、9人は箒を繋げSSSと合体させる。
クロワとアーシュラは残った魔力でアッコたちに衣装チェンジで魔法の加護を付与した。
繋げた箒でミサイルを追うアッコたちは、ロケットのように途中で一人ずつブースター役として魔法を使った後箒ごと切り離していき、最後にダイアナとアッコの二人になった。
その様子は魔法で動画配信され、人々はミサイルの危機を知り、それをどうにかしようとしているアッコたちを見守り応援する。
人々の応援する心が魔法のエネルギーとなり、アッコたちを支援した。
政治家たちはクーデターの可能性や対処に追われていて、アッコたちの行動を不安を煽るだけの行動だとし阻害しようとするが、その場に居たアンドリューがアッコたちを信じると語り、アンドリューの言葉に首相も賛成した。
シャイニィロッドでミサイルを安全な物に変えていくが、アッコは箒から振り落とされてしまい、アッコを追いかけてダイアナも落下してしまう。
するとそこに伝説の箒「流星丸」が現れアッコとダイアナを救い、二人に協力した。
人々の応援によってパワーアップしたアッコは「本当に世界を変えられるなら、私は皆が笑いあえる世界に変えたい」と願い、シャイニィアルクで魔獣を倒した。
すると世界は光に包まれ、その光景からアーシュラとクロワは「魔法を信じる心」こそが魔法の源であったのだと気づいた。
そして役目を終えたシャイニィロッドはアッコの元から消え、アッコはロッドに別れを感謝を告げた。

役目を終えて消えてしまうシャイニィロッド。

一連の流れを見て、ずっと魔法を信じず毛嫌いしていたアンドリューの父ハンブリッジ伯爵は考えを改める。
クロワはアーシュラに掛かったワガンディアの呪いを説く方法を探す事にした。
アッコは相変わらず箒に乗れないのであったが、焦ることなく穏やかに練習をしている。
するとダイアナ達一同はアッコの足元を見て驚く。
なんとアッコがほんの少しだけ箒で浮く事が出来たのであった。

最終回のラストシーンにて、ついに箒に乗ることが出来たアッコ。

『リトルウィッチアカデミア』の登場人物・キャラクター

主要人物

アッコ / アツコ・カガリ

CV:潘めぐみ

本作の主人公。16歳。
漢字表記だと「篝 敦子」。
性格は単純でズボラ、客観性が無く能天気で破天荒。
せこい手を使ったり軽率な行動をし、周りから怒られることが多く短所が目立ち易い。
しかしその反面困っている人は放って置けなかったり、情に厚かったり、大きなことを成し遂げるなど、不思議な魅力を持っている。
ルームメイトはロッテとスーシィ。
シャリオに憧れ、シャリオカードを宝物にしている。
口癖は「ドッキドキーのワックワクー!」。
一般家庭出身のため、魔法に関する知識や初歩的な魔法すらもまともに使うことが出来ない。

幼い頃シャリオのショーを見たことで、魔女になってシャリオのようになるという夢を持ち、魔女育成の名門校ルーナノヴァ魔法学校に入学。
入学式の日にアルクトゥルスの森でシャイニィロッドを発見し、シャリオに会えたら返そうとロッドを所持するようになる。
何かとトラブルメーカーになり、成績も悪く、魔法も一向に上達しない落ちこぼれ。
アーシュラ先生に個人レッスンをしてもらうようになり、魔法祭では観客達を沸かせ成長が少し見えるようになる。
その後グラントリスケルの封印を解放するために、七つの言の葉を探すようになる。
シャリオに会いたいという動機で七つの事の葉を探していたが、アーシュラこそがシャリオだと知り、また自分に魔法の才能が無いのもシャリオが原因だと知りショックを受ける。
ダイアナや友人達の励ましによって立ち直り、アーシュラにシャリオとしてではなくアーシュラとしてこれからも先生で居て欲しいと告げる。
そして友人達と共に暴走したミサイルを止めに奮闘し、見事ミサイルを止めた。

人間関係は、ルームメイトのロッテとスーシィと一緒に居ることが多い。
最初はアマンダとは仲が悪かったが、次第に仲良くなりアマンダ・コンスタンツェ・ヤスミンカとも一緒にいるようになった。
ダイアナとは対立しがちであったが、ダイアナの実家に行った件からダイアナと仲良くなり、ダイアナも以降はアッコに対しての態度が柔らかくなった。
学校外ではアンドリューと何かと交流があり、アッコとの関わりから魔法嫌いなアンドリューは考えを改めた。

ロッテ・ヤンソン

CV:折笠富美子

アッコのルームメイト。
大人しく温厚な性格で、暴走するアッコのストッパーの役割をする。
精霊を呼び出し、話をする事が出来る。
白魔法学ではダイアナと並びAランクの成績を取っており、将来的に「魔導具取扱資格」を取ろうとしている。
フィンランド出身で、実家は魔法道具屋であるが現在はコンビニになっている。
愛読書は「ナイトフォール」という人気小説。

入学式の日、ロッテはレイラインを通れなくて困っているアッコに箒に一緒に乗せて欲しいと頼まれ乗せてあげた。
その後アッコとスーシィのルームメイトになる。
4話にて、アッコはシャリオに憧れシャリオになりたいと思っていたが、ロッテはナイトフォールの作者アナベルに対して憧れを持つがアナベルになりたいわけではなく、アナベルを応援したいのだと考える。
同じ物になりたいと思うタイプのアッコにとってロッテのような考えは意外なのであった。
10話にて、ホレホレ蜂という刺された人間が最初に見た人物に恋してしまう蜂によって、アンドリューの友人達から一目惚れされるも、効果が消えると見向きもされなくなってしまう。
しかしフランクだけは素の状態に戻ってもロッテに好意を持ち続け、清い交際をしている。

スーシィ・マンババラン

CV:村瀬迪与

アッコのルームメイト。
テンションが低く、陰気でマイペースな毒舌家。いつも低い声でボソボソ喋っている。
毒物マニアで、好きな物は猛毒と毒キノコ。
本当はルーナノヴァに入学するつもりではなく、ルーナノヴァに行く途中にあるアルクトゥルスの森にいるコカトリスの羽を入手しそのまま逃亡するつもりであったが、ごたごたに巻き込まれてそのまま入学するはめになった。
「不気味スーシィ」と揶揄されるほどのエキセントリックな変人で、嘆きのハバロアの生贄係になるとそれを喜んだ。
アッコの起こすトラブルを面白がり、アッコが寝ている時はアッコで人体実験をする。
マッドサイエンティストで、薬学が得意。

アッコが最初に出会った同級生でもあるが、アッコに魔法で悪戯して脅かした。
アニメ8話ではスーシィの内面の世界が描かれ、スーシィなりにアッコやロッテを大事に思っていることが分かる。
最終話でもアッコに協力し、何だかんだと友人思いな面が見て取れる。

ダイアナ・キャベンディッシュ

CV:日笠陽子

アッコのクラスメイト。
イギリス出身で、実家は名門キャベンディッシュ家、ダイアナはその跡取り。
キャベンディッシュ家は、ナインオールドウィッチの一人「慈愛の魔女ベアトリクス」を始祖に持つ名家である。
アッコとは正反対にとても優秀で、ルーナノヴァ始まって以来の優等生と言われている。
性格は真面目で、努力を惜しまず自他共に厳しいが、他人を守ろうとするなど義理堅く優しい面もある。
アッコ達同級生と比べると、人間としてとても良く出来ている。
古き良き伝統を大事にしている。

シャリオに対し低い評価をアッコに語るが、実はダイアナも幼い頃シャリオに憧れていた。
海外までシャリオのショーを見に行き、その後一時期魔法が使えなくなってしまうが、努力でまた魔法が使えるようになる。
キャベンディッシュ家の当主であった母の死後、叔母のダリルが仮の当主となる事でキャベンディッシュ家は落ちぶれていく。
そのためダイアナが次のキャベンディッシュ家の当主になって家を持ち直すことは決まっていて、本来は学校へ行く必要もなかったが、シャリオの通った学校へ行きたいという思いからルーナノヴァへ入学した。
アッコとは対立しがちであったが、ダイアナが実家に帰る件でアッコと打ち解け、その後はアッコに対して優しい態度になる。

友人関係は取り巻きのハンナとバーバラと一緒に居るが、特にそれを鼻にかける様子は無い。
アンドリューとは幼馴染で親戚であるが、魔法に対する考えの違いから仲が悪い。

アーシュラ・カリスティス

CV:日髙のり子

ルーナノヴァの教師で、専攻は魔法天文学。
厳格な人物の多いルーナノヴァ教師の中では珍しく、生徒に優しい先生。
生徒に甘いところやアーシュラ自身のドジッ子なところ、そして他の教師より若いからなのか、フィネランなど他の教師からの評価は低く、よく使いっぱしりにされている。
劣等性であるアッコに対して特に目をかけ、個人授業を行ってあげている。
いつになっても上達しないアッコが退学を迫られると、それを守ろうと啖呵を切って反対するなど、頼れる一面も見られる。

正体はシャイニィシャリオであり、その過去を良く思って居ないため髪の色を変え、シャリオについても知らないふりをする。
クロワとはルーナノヴァの同級生で親友であるが、クラウソラスの件で仲がこじれてしまう。
アッコに対し、いつかは自分の正体を言おうとしていたがタイミングが上手くあわず、結局クロワの口から真実を伝えられてしまう。
自分の仕出かした過去から、アッコに罪悪感を持ち、さらに自分の成し得なかったことをしようとしているアッコを応援している。
終盤、アッコをワガンディアの花粉から守り、ワガンディアの呪いを受けてしまい、空を飛べなくなってしまう。
アーシュラがシャリオだと知ったアッコからは、シャリオとしてではなくいつも通りアーシュラとして魔法を教えて欲しいと言われた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

新条アカネ(SSSS.GRIDMAN)の徹底解説まとめ

新条アカネとは、『SSSS.GRIDMAN』に登場する重要キャラクターである。 主人公である響裕太のクラスメイトであり、クラスのマドンナ的美少女。内海からは「才色兼備才貌両全の最強女子」と評されていた。 思い通りにならない世界に苛立ちを抱き、そのストレスを解消するために怪獣を生み出し、苛立ちの原因となった人間を殺害しようとしていた。

Read Article

キルラキル(KILL la KILL)のネタバレ解説まとめ

MBS・TBS系テレビ「アニメイズム」枠で放送された、TRIGGER制作のアニメ。 2013年10月から翌年3月までの24話に加え、BD/DVDに収録された特別編を含む全25話で構成される。 荒んだ世界を舞台とした学園バトルものであり、着た人間に人知を超えた力を与える制服や自我を持った制服が登場するという、ファンタジー要素も盛り込まれている。 キャッチコピーは「キルカ、キラレルカ」。

Read Article

目次 - Contents