ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

鷲津と芝野レンズ事業部を独立させることに成功する。記者会見で新会社「あけぼの光学」の社長になった芝野にインタビューをする三島。三島は「歴史的なEBO成功の一番の要因は何だったと思いますか。」質問する。それ対して芝野は「鷲津ファンドです。鷲津ファンドなくしてEBOの成功は無かった。鷲津ファンドとの出会いが全てを変えました。出会えて良かったと思っています。」と語った。敵対していた相手を認めるラストに相応しいシーン。

『ハゲタカ』の主題歌

OP(オープニング):佐藤直紀『ハゲタカ』

ED(エンディング):tomo the tomo『Road To Rebirth~a chainless soul~』

作詞 - エミリー・ブロンテ / 作曲 - 佐藤直紀 / 歌 - tomo the tomo

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents