ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

CV:高良健吾

アカマ自動車の派遣工。劉の口車に乗せられ、アカマ自動車へのストライキを行う。劉に利用されていたことに気付き、彼の元に押し掛ける。その場で400万円を渡されるも、怒りを抑えきれず掴みかかり、札束をばら撒く。その後、劉から「金を粗末にするな」と言われ、無理矢理拾わされる。

古谷 隆史(ふるや たかし)

CV:遠藤憲一

アカマ自動車の社長。新車「ニューアカマGT」発表会が盛大に行う。芝野をアカマ自動車に雇い入れている。鷲津にホワイトナイトを依頼するも、彼が劣勢に立たされると簡単に切り、劉と手を結ぶ。鷲津から経営者としての手腕を指摘される。アカマ自動車の役員会議で、退任が決定する。

デイビッド・ブラックマン

CV:グレゴリー・ペーカー

スタンリー・ブラザース社員。アカマ自動車ファイナンシャル・アドバイザー。芝野と共に防衛プロジェクトチームを作り、調査・対抗手段を検討する。

アンナ

CV:エマ・ハワード

鷲津ファンド社員。鷲津の秘書。鷲津と共に手土産を持ってドバイの王子に謁見する。

『ハゲタカ』の名シーン・名場面

鷲津が伸彰を説得するシーン

芝野に呼び出され、伸彰と3人で話をすることになる鷲津。鷲津は、芝野からサンデートイズの再建提案書を見せられるが、その提案書を突っぱねる。鷲津は、瑞恵を社長の座から引きずる下ろすため、伸彰を取り込もうとする。金に物を言わせるゴールデンパラシュートと呼ばれる札束攻勢で伸彰を説得する。鷲津の手腕が凄すぎるシーン。

芝野が三葉銀行を退職するシーン

三島記者に三葉銀行の不正をリークした芝野は、三葉銀行を辞めるため、上司の飯島に退職届を提出する。何故そんなことをしたと問う飯島に対し、芝野は「人生の折り返し地点はとっくに過ぎてます、ですが残りの人生、自分に言い訳しながら生きていくのは長すぎます。」と答える。飯島から「かっこええなぁ。お前はいつもかっこええ。だから駄目なんだ。もういい。」と叱責される。そこに居合わせた同期の沼田も「辞めないのも勇気だよ。」と声を掛けられるが、芝野の決意は変わらず退職することになる。芝野の男らしいカッコよさが見られるシーン。

西野が鷲津を撃ったシーン

ホライズンを解雇された鷲津とインサイダー取引が発覚した西野は、公園で対峙する。西野は「俺もアンタももうお終いだな。結局、俺たちも金に振り回されただけなのか。」と語り、カバンから拳銃を取り出し、銃口を鷲津に向ける。鷲津は「撃てよ。」と言い覚悟を決めるが、西野は銃口を自分に向け、自殺しようとする。慌てて止めに入る鷲津だが、誤って撃たれ倒れ込んでしまう。覚悟を決めた男たちの悲しいシーン。

鷲津が加藤を説得するシーン

大空電機のベテラン社員・加藤をホテルに呼び出した鷲津。加藤は、鷲津の仕事について金だけで何も生み出さない、ただの紙切れだと言う。それに対して鷲津は、金が返せず自殺する人もいる、自分にはただの紙切れと言うことはできないと返答する。続けて、部品一個でも使われ方によっては全てを変えることができるように、紙切れ自体の価値も使われ方によって変わる。職人もファンドも同じだと語り、自分と芝野に賭けてほしいと頼み込む。鷲津の人間性に惚れ惚れするシーン。

三島が芝野にインタビューするシーン

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents