ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

バイアウトファンド「ホライズン・インベストメントワークス」

アルバート・クラリス

キャスト:イアン・ムーア

ケネス・クラリス・リバプール(KKL)代表。外資ファンド「ホライズン・インベストメントワークス」の代表。鷲津率いる「ホライズン・ジャパン」に対して企業買収の指示などを行う。米国本社の意に反してテクスンと提携した鷲津を解雇する。

大賀 康男(おおが やすお)

キャスト:松重豊

外資ファンド「ホライズン・インベストメントワーク」より、大空電機の新社長として送り込まれる。芝野とは意見が食い違い、対立する。

その他

日下部 進(くさかべ しん)

キャスト:矢島健一

三葉銀行系列投資会社「アイアン・オックス」代表。熾烈な入札合戦を行った。

三島 健一(みしま けんいち)

キャスト:渡辺哲

三島由香の父親。三葉銀行による貸し渋りによって自殺する。鷲津とは仲が良かった。

三島 頼子(みしま よりこ)

キャスト:唐木ちえみ

三島由香の母親。芝野の説得で鷲津ファンドに投資する。

リー・ジェンミン

キャスト:薄宏

中国電機メーカー「テクスン」社長。大空電機の引き受け先として鷲津から直接打診された。大木昇三郎の著書『大木流経営論』を愛読している。

映画版

劉 一華(りゅう いーふぁ)

CV:玉山鉄二

ブルー・ウォール・パートナーズ代表。中国の寒村出身で、残留日本人孤児三世。ホライズン米国本社で鷲津と一緒に働いたことがある。ブルー・ウォール・パートナーズの指示で、アカマ自動車に買収を仕掛ける。幼い頃からアカマ自動車の車に興味を持っていた。守山を言葉巧みに利用し、アカマ自動車へのストライキを焚きつける。最後は、道端でナイフを持った男に刺され、命を落とす。

守山 翔(もりやま しょう)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents