ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

リン・ハットフォード

キャスト:太田緑・ロランス

鷲津の部下。ゴールドバーグ・コールズ ファイナンシャルアドバイザー。

三葉銀行 / MGS銀行(住倉銀行と合併)

芝野 健夫(しばの たけお)

キャスト:柴田恭兵

三葉銀行のエリート社員。飯島曰く「三葉のエース」。配属は人事部、海外留学を挟み、国際企画部。その後、資産流動化対策室室長から事業戦略部部長になる。三葉銀行の不正が公になること恐れた上司の飯島から「その情報握りぶせ」と指示されるも、最後は自らの正義を貫くため、記者である三島に三葉銀行の不正をリークし、退職する。銀行員から企業再生家に転身し、大空電機社長・塚本邦彦のサポートを行う。その後、鷲津ファンドからの要請によりあけぼの光学(旧大空電機レンズ事業部)の社長に就任する。

・映画版
アカマ自動車の執行役員。鷲津に海外のファンドから狙われているアカマ自動車を救ってほしいと依頼する。デイビッドと共に防衛プロジェクトチームを作り、調査・対抗手段を検討する。鷲津ファンドと手を切ろうとする古谷を止めようとするが失敗に終わる。

飯島 亮介(いいじま りょうすけ)

キャスト:中尾彬

三葉銀行役員(常務取締役)で、後にMGS銀行副頭取になる。俗に「会社の裏方事情を知る」仕事を数多く請け負っていた。芝野を高く評価していて、彼のことを「三葉のエース」だと語る。ハイパー・クリエーション社長・西野のバックにつく。鷲津から大空電機のレンズ部門売却防止のためのロビー活動を依頼される。

・映画版
MGS銀行頭取。アカマ自動車の筆頭株主。鷲津にアカマ自動車社長・古谷を紹介する。

沼田 透(ぬまた とおる)

キャスト:佐戸井けん太

三葉銀行社員。広報部部長。芝野の同期。居酒屋で芝野を励ましたりする。芝野が三葉銀行を退職する際には、引き留めた。

海野 重雄(うみの しげお)

キャスト:神山繁

三葉銀行頭取。金融庁からの不良債権処理勧告を受け、飯島に処理命令を行った。

東洋テレビ

三島 由香(みしま ゆか)

キャスト:栗山千明

東洋テレビ報道局経済部記者。かつて父親・健一が経営していた三島製作所のメインバンクであった三葉銀行からの貸し渋りにあって自殺する。そのときの担当者が鷲津であった。以降、鷲津の動向を追跡している。東洋テレビの報道番組『PRIME11』のキャスターに就任する。西野とも接点があり、ハイパー・クリエーション社長になった彼をテレビ出演させている。

・映画版
東洋テレビのニュースキャスター。現在でも現場取材をこなす。劉から名指しで指名され、アカマ自動車で働く派遣工たちの実体資料を渡される。近々、派遣工たちがストライキを行うことも伝えられ、報道するよう促される。

野中 裕二(のなか ゆうじ)

キャスト:小市慢太郎

三島の上司。東洋テレビ報道局経済部記者。記者会見で一度、鷲津に質問している。

・映画版
東洋テレビ報道局プロデューサー。「ハゲタカは死んだ」と言い、鷲津は過去の人だと語る。

老舗旅館「西乃屋」

西野 治(にしの おさむ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents