Angel Beats!(エンジェル ビーツ)の名言・名セリフまとめ

Img 1

「Angel Beats!」は、P.A.WORKS制作によるテレビアニメ作品。
主人公「音無結弦」が目覚めると、そこは死後の世界だった。そこで出会った「仲村ゆり」に理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とする「死んだ世界戦線」へと誘われる。音無は戦線の一員として、「天使」と呼ばれる少女と戦いを繰り広げる日々が始まる。
青春コメディ要素もありながら、人生に言及する重みのある名言を多く残す。

『Angel Beats!』概要

「Angel Beats!」は、P.A.WORKS制作によるオリジナルテレビアニメ作品である。2010年4月から6月まで放送されていた。
平成22年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門/長編(劇場公開、テレビアニメ、OVA)の審査委員会推薦作品に選ばれており、複数のスピンオフ作品やゲーム化もされていて、アニメ界において高い人気を誇っている。

記憶喪失の音無が目覚めてまず目にしたのは、謎の学園と、狙撃銃を構える一人の女子生徒だった。ゆりと名乗るその少女が教えてくれたのは、ここは死後の世界だということ、「死んだ世界戦線」なる組織が存在するということ、ゆりが銃を向けている女子生徒こそ戦線の敵である「天使」だということ。受け入れられず混乱する音無だったが、次第に戦線メンバーに心を許していき、仲間として共に、天使、及び天使のバックに存在すると予想されている「神」と戦う日々を過ごしていく。
戦線のメンバーは皆、過酷だったり非情だったり不幸だったり、生前に理不尽な人生を強いられた者達ばかりだった。理不尽な人生を強いた神へ復讐するため、ゆり率いる「死んだ世界戦線」は様々な活動を行っていく。次第に、謎だらけだった死後の世界の秘密に気付いていくことになる。
テストや球技大会など学園のイベントに参加して学園ドラマを繰り広げたり、その一方で天使との銃撃戦という非日常を巻き起こす。死後の世界の学園を舞台とした「Angel Beats!」はギャップのあるその二つの側面を持っており、青春コメディの側面がありながらも「人生」や「死」に言及する重みのある名言も数多く存在する。

『Angel Beats!』の名言・名セリフ

順応性を高めなさい、あるがままを受け止めるの。

5

音無が目を覚まし、記憶喪失に混乱していたところ、近くにいたゆりが現状を説明してくれた。ここが「死後の世界」、そこで活動する「死んだ世界線戦」、戦線の敵である「天使」がいると簡単に説明されるが、音無は当然のように理解できない。混乱する音無に、ゆりが淡々と言い放ったセリフ。
冷静に考えれば自分が死んだことを受け入れろというのをあっさり淡々と言い放つのも酷な話であるが、その辺りの「死」の感覚が麻痺してしまうような異常な世界だということであり、そんな世界で「自分はそうやって生きてきた」と強く示していることを感じさせる。

アンタバッカじゃないの! いっぺん死んだら! ……これは死ねないこの世界でよく使われるジョークなんだけど……どう、笑えるかしら?

4

ゆりに死後の世界についてなどあらゆる説明を受けた音無が、天使に会いに行こうと示した際にゆりに受けた罵倒。
すでに死後の世界なので、例え致命傷を負ったところでいずれ回復し、死ぬことはない。
「死ね」という罵倒はよく耳にする言葉だが、死んだこともないのに命を軽視するようなその発言は例え冗談であっても印象は悪いだろう。だからといって冷静に考えれば、すでに死んだ者が言ったところで、全然笑えない。むしろ死を経験済みだからこそ言葉に重みが増しているといえる。一見すれば軽いギャグパートだが、それを軽いギャグパートで済ませてしまえるあたり、死の概念が揺らいでいるこの世界の異常性が示されている。

守りたい全てを三十分で奪われた。そんな理不尽ってないじゃない。そんな人生なんて、許せないじゃない。

13

「死んだ世界戦線」のリーダーであり創始者であるゆりは生前、家に強盗が押し入り弟と妹を殺されていた。その話を音無にしたときのゆりのセリフ。
理不尽な人生を強いた神へ復讐するという目的を掲げた「死んだ世界戦線」は、そんなゆりの強い想いから創立された。理不尽な人生に対する強い無力感、神に対する強い憎悪が込められており、「死んだ世界戦線リーダーの仲村ゆり」という人物の根幹が見て取れる。

そう、私達の弱点は「アホなこと」。

3

ゆりが告げた今回の作戦は、天使であり、学園の生徒会長である立華かなでの部屋に侵入して神への手掛かりを掴むことだった。この作戦は以前にも実行されたが、天使のパソコンのパスワードロックを前に何もできず失敗していた。
その無計画さを指して、リーダーであるゆりが語った冷静な一言。対策として、頭脳労働に強い新メンバーを作戦に加えた。
実際に戦線メンバーは個性的で、アホとしか言いようがない集団である。理不尽な人生を強いた神に復讐する目的を掲げ、日々天使と死闘を繰り広げる集団としていかがなものかと呆れざるを得ないが、確かに「死んだ世界戦線」という組織の本質をついている身も蓋もない名言といえる。

それに……それに……触るなああああああああああああ!

6

今回の作戦は、「立華かなで」の部屋に侵入すること。
天使を部屋から遠ざけるため、生徒会長として看過できない校則違反を行い天使をおびき寄せる陽動作戦として、岩沢まさみ率いるガールズバンド「Girls Dead Monster」が食堂で大規模ゲリラライブを行うことになる。
天使をおびき寄せることには成功したものの、学園の教師たちによって岩沢たちは取り押さえられてしまう。ライブが制圧され、それでも足掻く岩沢たちを前に、教師たちが楽器の強制撤去に出る。その際、ギターに手を伸ばした教師に激昂した岩沢は自らを取り押さえる教師を力任せに振りほどき、叫びながらギターのもとへ駆けた。
岩沢は生前も、インディーズで音楽活動を続ける生活をしており、ギターと共に過ごしてきていた。ギターに対する岩沢の、死んでも捨てられない想いが込められていることが分かる。

これがあたしの人生なんだ。こうして…歌い続けていくことが。それが…産まれてきた意味なんだ。私が救われたように……こうして誰かを救っていくんだ。やっと……やっと、見つけた!

1

陽動作戦として食堂で大規模ゲリラライブを行った「Girls Dead Monster」、通称「ガルデモ」だったが、教師達の邪魔が入る。
「死後の人間」以外の学園の一般生徒及び教師は「NPC(Non Player Characters)」と呼ばれ、人間と同じ言動をするものの、魂を持たない「ただのシステム」とされている。ガルデモはそんな一般生徒達に絶大な人気を誇っており、観客の生徒達はライブを中止させようとする教師たちに大ブーイングだった。生徒達の野次も虚しく、NPCに武力行使はしないという掟がある戦線メンバーにもどうにもできず、ライブは制圧されてしまう。
このままでは天使も自室に帰ってしまい、陽動が失敗してしまう。
ギターへ手を伸ばした教師を激情のままに突き飛ばした岩沢は、そのままギターを手に取り、演奏を始めた。
突然始まった岩沢の歌うバラードに、大食堂にひしめく生徒達は静かに聞き入り、舞台の上でスポットを浴びる岩沢もまた一心に歌い続けた。
歌い終わったと同時に岩沢は「消えた」のだった。報われない酷い生前を歩んできた岩沢は、人生の意味を見つけ、報われたことで成仏した。その直前の岩沢の言葉。
生前の理不尽、過酷、不幸な人生に見合うだけの満足を得ることができれば、すなわち「報われた」ら成仏する。謎だらけだった死後の世界のそんなシステムに戦線メンバーが気付き始めるきっかけとなる。

あさはかなり。

11

戦線メンバーの一人である椎名の口癖である。日常ではほとんどこの言葉しか喋らない上に、本当に「浅はかだ」と思っているかも不明である。
椎名は戦線の中でも戦闘力はずば抜けており、その不敵で強者たる雰囲気を印象付けるのに一役買っているセリフ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けた作品。 2010年にTBS系で放送された、全13話のアニメオリジナル作品である。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

有頂天家族2(The Eccentric Family 2)のネタバレ解説まとめ

「有頂天家族2」とは、「森見登美彦」による小説作品「有頂天家族」シリーズ2作目をアニメ化した作品。2007年に小説「有頂天家族」が発売、2013年に第一期がアニメ化。2015年に小説「有頂天家族 二代目の帰朝」が発売、2017年に「有頂天家族2」としてアニメ化。主人公で狸の「下鴨矢三郎」は、天狗の息子「二代目」と出会う。二代目はヒロイン「弁天」と険悪な仲になり、矢三郎たち狸も巻き込まれていく。

Read Article

花咲くいろは(花いろ)のネタバレ解説まとめ

『花咲くいろは』とは、P.A.WORKS制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品、および、これを原作としたメディアミックス作品。舞台は石川県湯乃鷺温泉街。祖母が経営する温泉旅館「喜翆荘」に住み込みの仲居として働くことになった松前緒花が個性的な従業員に囲まれながらも、様々な経験を通して成長をしていく。

Read Article

Charlotte(シャーロット)のネタバレ解説まとめ

「Angel Beats!」に続く、Keyにより制作されたオリジナルアニメ作品。 主人公「乙坂 有宇」の成長と人間模様に焦点があてられており、思春期の真っただ中にいる「完全ではない特殊能力」を持つ仲間とともに、彼らの前に立ちふさがる残酷な運命に対して抗っていく物語である。 2015年に全13話が放送され、翌年にOVAがリリースされた。

Read Article

有頂天家族(The Eccentric Family)のネタバレ解説まとめ

2013年に放映されたアニメ。 原作は『四畳半神話大系』、『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦。3部作となる予定の「たぬきシリーズ」である。キャラクターデザインは『さよなら絶望先生』の久米田康治。 2013年には漫画化、2014年には舞台化された。 豪華なキャストと丁寧な描写で根強いファンがついており、2017年4月9日より第2期である『有頂天家族2』が放送開始する。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

色づく世界の明日から(第8話『ほころびのカケラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀は瞳美が未来に帰らなくてはいけなくなった時のため、夏休みを通して時間魔法についての勉強と実践を重ねていた。また、どうしたら瞳美がまた色を見ることが出来るのかを考え、実験をした。しかし、琥珀の時間魔法は一向に上手くいかず、琥珀は失敗する度に落ち込む。 一方、瞳美は魔法写真美術部の部員たちとの時間を楽しく感じていて、60年後に帰りたくないと考えるようになっていた。 今回は「色づく世界の明日から」第8話『ほころびのカケラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第1話『キミノイクベキトコロ』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼い頃に色覚を失ってしまった高校2年生の少女・月白瞳美は、魔法使いである祖母から「高校2年生の私に会いに行きなさい。」と突然伝えられ、時を遡る魔法をかけられる。瞳美が辿り着いたのは、瞳美が生きていた時代から60年前に当たる西暦2018年の長崎だった。長崎の街を迷っていた瞳美は、南ヶ丘高校の生徒に偶然出会い、当時の祖母の実家に行くことができた。 今回は「色づく世界の明日から」第1話『キミノイクベキトコロ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第5話『ささやかなレシピ』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀が参加して発足した「魔法写真美術部」の懇親会が行われることになった。その準備に追われていたある日、瞳美はまほう屋の店番を頼まれたことをきっかけに、積極的に魔法の練習をするようになる。瞳美が初めて作った星砂は、葵のために作った物だった。一方、あさぎが将へ抱く恋心にも変化が起きる。 今回は「色づく世界の明日から」第5話『ささやかなレシピ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第9話『さまよう言葉』)のあらすじと感想・考察まとめ

写真の腕を上げるため、瞳美は将にアドバイスを求め、将は瞳美に一緒に撮影会に行くことを提案する。休日に様々な名所を巡った2人が帰り道につこうとした時、将は瞳美に大胆な告白をした。戸惑った瞳美はその場から逃げ出し、次の日から将を避けてしまう。将の告白をきっかけに瞳美と将、あさぎ、葵の間の恋模様には大きな変化が訪れる。 今回は「色づく世界の明日から」第9話『さまよう言葉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第2話『魔法なんて大キライ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は失くしてしまったアズライトを見つけたが、元の時代に帰る方法はまだ分からず、高校生の祖母・琥珀が留学先から帰国するまで待つことになった。その間、琥珀の両親の提案で瞳美は地元の高校に通うことになる。戸惑いながら高校に初登校した瞳美が出会ったのは、2018年に来た時に迷い込んでしまった家の少年・葵だった。 今回は「色づく世界の明日から」第2話『魔法なんて大キライ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第6話『金色のサカナ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は初めて作った星砂を葵にプレゼントとして贈り、葵が星砂を使ってみたところ、金色の魚が飛び出して周りを泳ぎ始めた。それは葵が小学生の時に賞を受賞した絵に描いた魚だったのだ。なぜ金色の魚が現れたのかが分からない中、瞳美と葵はグラバー園での撮影会に行くことになる。そこで瞳美は無意識に魔法を使ってしまい、葵の絵の中に入ってしまった。 今回は「色づく世界の明日から」第6話『金色のサカナ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第10話『モノクロのクレヨン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさぎは将に告白された瞳美を避けてしまっていたが、瞳美が勇気を出して話しかけたことで仲直りをする。一方、魔法写真美術部は文化祭に向けてイベントの準備を進めており、琥珀は魔法で人を絵の中に送り込む企画を提案した。試しに、瞳美と琥珀は協力して葵が描いた絵の中に部員たちを送り込んだ。その絵の中で、葵は瞳美の辛い過去の光景を見てしまう。 今回は「色づく世界の明日から」第10話『モノクロのクレヨン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第3話『No Rain, No Rainbow』)のあらすじと感想・考察まとめ

新入生が体験入部する部活を決めるための「クラブ活動紹介」の日、瞳美は葵の絵が忘れられずに写真美術部を訪れる。色が見えないことを隠したまま、瞳美は絵を書き、カメラを手にした。しかし、突然のハプニングで瞳美が写真撮影会のモデルを務めることになってしまった。戸惑いながらもモデルを引き受けた瞳美だが、思わぬトラブルに見舞われる。 今回は「色づく世界の明日から」第3話『No Rain, No Rainbow』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第7話『ヴィーナスの重荷』)のあらすじと感想・考察まとめ

再び色が見えなくなった瞳美は、葵とぎくしゃくしたまま夏休みに入った。一方、胡桃は将来について悩みを抱えていた。そんな中、魔法写真美術部は毎年恒例のキャンプ合宿の準備に取り掛かる。そしてキャンプ合宿当日、胡桃は元気づけられる言葉を千草にかけられて元気を取り戻し、瞳美も葵との心理的距離が縮まってあることを決意する。 今回は「色づく世界の明日から」第7話『ヴィーナスの重荷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『色づく世界の明日から』とは、P.A.WORKS制作のオリジナルアニメである。 2078年の長崎県に住む少女・月白瞳美は、魔法使いの家系でありながら魔法を嫌悪しており、幼い時に色が視えなくなったことで、他人に心を閉ざしていた。ある日、祖母の琥珀の魔法によって、突然60年前の2018年に送られ、月白家に居候しながら同い年の祖母と共に高校生活を過ごすことになる。 心を閉ざした魔法少女が仲間たちとの交流で変わっていく学園青春ファンタジー作品。

Read Article

色づく世界の明日から(第4話『おばあちゃんはヤメテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀が留学先から帰国し、写真美術部に入部した瞳美と同じクラスになった。琥珀も写真美術部に興味を持ち、部活のミーティングに着いてきた。魔法を見事に使いこなし、部員のみんなとも、たちまち仲良くなる琥珀。瞳美は自分と正反対な琥珀の姿に圧倒されるばかりだった。そんな中行われた夜景の撮影会では、瞳美と部活メンバーとの距離が一気に縮まる出来事が起きる。 今回は「色づく世界の明日から」第4話『おばあちゃんはヤメテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents