戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。
アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

スティール

技能は装備すると基本能力を上げたり、特殊な効果を発揮するなど、戦闘を助けるための様々な効果を持つ。技能は一部を除きレベル1からレベル3まであり、レベルが高いほど強力な効果を発揮する。今作では「よろず屋」で購入するか、スティールを成功させることで習得する仕組みとなっている。

スティールは敵武将を撃破することによって、その武将が装備している技能を奪う技のことなのだが、必ず成功するものではなくプレイヤーの運次第なところがある。敵武将を迅速に撃破したり、スティールの成功確率を上昇させる効果を持つ技能を習得することで成功率を上げることができるが、高レベルのものや、レア技能と呼ばれる強力な特殊効果を発揮する一部の技能は成功率が非常に低い。また、高レベルの技能をスティールするためには、同種類の技能をあらかじめ習得しておかなければならないので、効率良くスティールを狙うなら、あらかじめレベル1の技能を習得させておくのがおすすめである。

名刀(猛将伝)

『戦国無双2 猛将伝』のモード「傭兵演武」に登場する収集アイテム。それぞれの名刀には『三日月宗近』『童子切安綱』など、実在した名刀の名前がつけられており、任意の任務を一定数クリアすると出現する報酬イベントを発生させるか、特殊任務をクリアすると入手できる。
名刀の種類は全部で10種類だが、全て入手するためには最低でも98の任務をクリアしなくてはならないため、実力はもちろんだが根気も必要となる。全ての名刀を入手すると、特殊任務「天下無双決戦」が発生し、クリアすると名刀収集エンディングを見ることができる。

MIX JOY(猛将伝)

『無双』シリーズではお馴染みのデータ結合システム。『戦国無双2 猛将伝』のデータと『戦国無双2』とのデータを結合させることで、両方のゲームを一度に楽しむことができる。起動させるためには毎回両方のディスクを入れ替える作業が必要となるので少々面倒なのだが、『猛将伝』で追加された新要素を『戦国無双2』で追加された武将で楽しんだり、反対に『戦国無双2』のステージを『戦国無双2 猛将伝』で追加された武将でプレイして楽しむことができるのが大きな魅力である。

『戦国無双2』追加武将

徳川家康(とくがわ いえやす)

身長:168cm 武器:筒槍 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:将 無双秘奥義:統 CV:中田譲治

東国の大名・徳川家の当主にして、260余年に及ぶ江戸幕府の初代将軍。織田信長、豊臣秀吉と共に「戦国の三英傑」と称される。
前作では特殊NPC(ノンプレイアブルキャラクター)として登場していた徳川家康が、今作で晴れて無双武将の仲間入りを果たした。それに伴い以前よりも威厳ある容姿に変更されたが、恰幅が良くずんぐりとした体形は変わっていない。
武器の筒槍は大筒と槍が合体したような武器で、接近戦では槍、遠距離戦では大砲を撃つといった使い分けが可能である。さらにこの武器は砲弾だけではなく火炎放射や極太のレーザーも放てるので、遠近共に大きなダメージを与えることができる。その上家康自身の防御力も高いので無双武将としては使いやすいタイプに入るが、見た目通り移動力が低いので、城内戦など馬が使えない場所では注意が必要である。

家康のシナリオは、後世に『鳴かぬなら、鳴くまで待とう不如帰(ホトトギス)』と詠まれた通り、常に耐え忍ぶ人物として描かれている。当初は織田家にひたすら付き従っていたが「三方ヶ原の戦い」において、己を守るために多くの忠臣達が散っていったことがきっかけで「泰平の世の実現」という志に目覚める。以降は忍耐強さだけではなく計算高さも見せるようになり、激動する時勢を読みながら着々と基盤を固め、天下を目指す。
性格は基本的には温厚で礼儀正しく、家臣達に対しても心配りを見せる好人物。特に家臣達とは非常に強固な信頼関係で結ばれている。しかし三方ヶ原での大敗以降は他者への敬意を払う一方で計算高さを見せるようになるため、石田三成など敵対している人物には「本心の読めない狸親父」として見られることが多い。

石田三成(いしだ みつなり)

身長:177cm 武器:鉄扇 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:鋭 無双秘奥義:策 CV:竹本英史

近江の出身。彼が秀吉に仕官したのは、秀吉が近江長浜城主となった天正2年頃のことだとされているが、天正5年頃だとする説もある。内政面の手腕に優れ、豊臣政権下では官吏として活躍した。そのため文官のイメージが強いが、「賤ケ岳の戦い」や「小牧長久手の戦い」では槍働きもこなしていることが記録に残っている。秀吉没後に家康と対立し「関ヶ原の戦い」にて敗北、京都六条ヶ原で処刑された。

「無双演武」には秀吉に才を見出された「子飼い衆」の1人として登場する。冷静沈着で内政や知略において優れた才を持ち、その才気を秀吉に期待されているほどだが、一方でプライドが高く横柄な言動が多いことから他者との衝突が絶えず、ねねにも「生きにくい子」と言われている。本人も自分の言動が他人を不快にさせている自覚はあるのだが、どうしても直らないらしい。
言動が災いして誤解されやすく敵も多いが、本質は義理堅く豊臣家のためならば自らを犠牲にすることも厭わない、高い理想と篤い忠義を持つ高潔な人物である。そのため彼の本質を理解している友人や家臣達は彼を支え、その高い理想の実現に協力を惜しまない。

浅井長政(あざい ながまさ)

身長:174cm 武器:西洋槍 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:仁 無双秘奥義:信 CV:神谷浩史

北近江の戦国大名・浅井家の3代目当主。信長の妹であるお市とは同盟のための政略結婚だったが、非常に仲が良かったことで知られている。後に信長が古くから浅井家と親交のある朝倉家を攻めたことから、同盟を破棄して織田家と敵対。最終的には織田家に敗れて自害した。

前作は固有グラフィックを持ちながらも操作不可能な特殊NPCだったが、今作で無双武将に昇格した。「貴婦人(お市)を守る騎士」というイメージから金髪の美青年としてデザインされている。家康と違い、外見のデザインは前作とあまり変わらないが、CVが笹田貴之氏から神谷浩史氏に変更された。
信義に篤く誠実な性格で、お市のことも深く愛している。そのため彼のシナリオは、シリーズを通して織田家と朝倉家との間で苦悩する描写が多い。

島左近(しま さこん)

身長:188cm 武器:斬馬刀 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:闘 無双秘奥義:烈 CV:山田真一

「三成に過ぎたるもの」と謳われたほどの逸材。大和国出身の武将で、当初は畠山家や筒井家に仕えていた。後に石田三成の側近となるが、当時の三成の禄高4万石の内の半分を与えられるという破格の待遇を受けていたことで知られている。関ヶ原の戦いで戦死したが、その際の奮戦ぶりは後々まで語り草となるほどの凄まじさだったという。
剛毅な性格に砕けた口調と遊び人のような雰囲気を持つが、本質は真摯できめ細やかな配慮もできる人物である。左近のシナリオは大和国の大名・筒井家の家臣として登場するが、主君の不義に怒り、単独で秀吉軍の応援に駆けつけるところから始まる。その後は気ままな浪人生活を送っていたが、三成の要請に応えて彼に忠節を誓う。以降は同志として深く信頼し合う関係を築いていく。

島津義弘(しまづ よしひろ)

身長:193cm 武器:大槌 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:砕 無双秘奥義:鬼 CV:江川央生

薩摩の戦国大名・島津義久の弟で、「鬼島津」の異名をとるほどの武勇の持ち主。当時から屈指の猛将として広くその名を知られていた。
『戦国無双』シリーズでは、戦と博打をこよなく愛する老将で、史実と同じ「鬼島津」の異名を持つという設定。一度は秀吉に臣従するが、秀吉の没後に家康と三成との争いが勃発すると、それに乗じて島津による天下を狙う。同じ九州出身で色々と因縁がある立花誾千代とは、互いの実力は認めるライバルのような関係にある。ちなみに義弘は誾千代のことを「お嬢」と呼んでいる。

立花誾千代(たちばな ぎんちよ)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents