モンスターVSエイリアン(Monsters vs. Aliens)のネタバレ解説まとめ

「モンスターVSエイリアン(Monsters vs. Aliens)」とは、謎の隕石に直撃され突然巨大化した人間のヒロインが、ゼラチン質モンスター、半猿半魚生物、遺伝子組み換え実験で半分ゴキブリとなった天才科学者等と共に、地球を襲ってきたエイリアンとバトルを繰り広げる、50年代モンスター映画へのオマージュとヒットSF映画のパロディ満載の痛快アニメーション映画。09年・ドリームワークス製作。

宇宙船から落ちたスーザン達を見事受け止めた、羽根が生え蝶となったムシザウルス

『モンスターVSエイリアン』の名言・名セリフ

「自分を過小評価しない。もう二度とね」

巨大ロボットを倒した後、デレクに会ったが冷たく突き放されて落ち込んだスーザンが、同じように人間たちに恐れられて気を落としていたコックローチ博士達と慰め合うなかで「モンスターになってしまったけど、今の私は何でもできるんだわ、巨大ロボットだって倒せたんだもの。」と気をとり直して発する言葉。
普通の人間にはない能力を自分達モンスターは持っているんだと気付き、ミッシング・リンクやボブ達も明るさを取り戻し、自信をみなぎらせる名セリフだ。

「私の名はジャイノミカよ」

ギャラクサーの宇宙船内で、一度は元通りの大きさに戻ったスーザンが、大切な仲間であるコックローチ博士達の危機を救うため、クアントニウムを浴びて再び巨大化を決意したときの言葉。
銃を向けられたギャラクサーが、彼女をなだめようと「スーザンちゃん」と猫なで声で言ったら、「私の名はジャイノミカよ」と相手を睨みつけるようにきっぱりと言い切る姿がなんとも頼もしく、思わず拍手したくなってくる名セリフだ。

『モンスターVSエイリアン』の関連動画

「モンスターVSエイリアン」予告編(吹替日本語版)

「モンスターVSエイリアン」予告編

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents