松山ケンイチ(Kenichi Matsuyama)の徹底解説まとめ

松山ケンイチは青森県むつ市出身、1985年3月5日生まれのホリプロ所属のタレントで、俳優やモデルとして活動中。原作を忠実に再現するために演技や外見などを変える為、憑依型俳優や和製ジョニーデップなどと呼ばれている。2011年に女優の小雪と結婚し、現在は三児の父である。

松山ケンイチの概要

松山ケンイチは1985年3月5日生まれ、魚座のB型、青森県むつ市出身。
青森県立大湊高等学校、東京都立代々木高等学校卒業。猫アレルギー。
漢字では画数が悪いと言われ、芸名をケンイチにした。

松山ケンイチが芸能界入りしたきっかけは、親に薦められ2001年に行われたホリプロ×Boon×PARCOの共同企画オーディション「New Style Audition」でグランプリを受賞、そこからモデルの仕事や俳優の道へと進んでいった。
学生の頃から「松ケン」の愛称で親しまれ、現在は日本で俳優やモデルとして活躍している。
2011年に女優の小雪と結婚し、現在は3人の子供がいる。 特技は棒高跳びと車椅子バスケットボールである。
普段の喋りは東北弁のなまりがあり、自身のことを「わい」ということもある。
原作により忠実に役柄に合わせた体型や容姿、仕草まで変わる為、カメレオン俳優や憑依型俳優、和製ジョニーデップなどと呼ばれている。

モデルの仕事

モデルオーディションの最終審査で演技審査があったが、セリフを全く覚えておらず審査員にやる気があるのか?と問われた時に「俳優なんかやりたくないです。モデルをやりたいだけです」と言ったそうだ。

CM出演

CM出演 2004年
KDDI(au・沖縄セルラー電話)「ガク割・家族割」
江崎グリコ「ポッキー赤箱」
2005年
NTTドコモ FOMA レンアイビト「お祝い編」
2007年
キリンビール「キリン 良質素材」
ユニクロ「ワールドキャンペーンイメージキャラクター」「Wide Leg Jeans」
ロッテ「キシリトールガム」

2008年
ロッテ「キシリトールガム」映画『デスノート』・映画『デトロイト・メタル・シティ』のコラボあり。「のど飴ZERO」「シャルロッテ」
角川書店 角川文庫「創業60周年」「発見。角川文庫 夏の100冊」「発見。角川ミステリー文庫(広告)」
NTTドコモ「ドコモのあなたに、Answerを。」
PARCO「夏のグランドバザー2008」映画『デトロイト・メタル・シティ』のクラウザー役とのコラボレーション。
NTTドコモ新4つのシリーズ

2009年
ユニクロ「COLLECTION東京2009 ネオレザー・ボトムス」
角川書店 角川文庫広告「発見。愛の一冊」「発見。角川文庫 夏の100冊」「発見。角川文庫のミステリ」
NTTドコモ新4つのシリーズ「スポーツ始める編」
サントリーフーズ「PEPSI NEX」

2010年〜2011年
サントリーフーズ 「BOSS シンプルスタイル」
スカパー!「披露宴篇」「引越当日篇」「兄夫婦の家篇」
江崎グリコ「日本縦断グリコワゴン」
ブラウン 「ブラウン・シリーズ3(2011年のみ)」

2012年
森永製菓「ウイダーinゼリー」
サッポロビール「エビスビール」
日産自動車「リーフ」
LIXIL「暮らしを育てる/新しい暮らし篇」「暮らしを育てる/ホームパーティー篇」
2014年 ダイドードリンコ
2015年 東北電力「より、そう、ちから篇」

松山ケンイチの活動履歴

2001年にHORIPRO×Boon×PARCOによる男性オーディション「New Style Audition」で16,572人が参加したオーディションの中からグランプリを受賞しキャンペーンモデルデビューを果たした。オーディション参加時は16歳の高校生。

2002年テレビドラマ「ごくせん」でドラマデビュー。
2003年 映画「アカルイミライ」で初出演。
2004年 映画「ウイニング・パス」で初主演に抜擢される。
2006年 映画「デスノート」「デスノート the Last name」主人公のライバル「L(エル)」を演じ注目を浴びる。
2007年 ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」で連続ドラマに初主演。
2008年 映画「デトロイト・メタル・シティ」で「根岸崇一」を演じ、絶賛される。
2009年 ドラマ「銭ゲバ」に主演。映画「ウルトラミラクルラブストーリー」と『カムイ外伝』の主演2作品が、ロンドン映画祭とトロント国際映画祭で上映される。
2010年 映画「ノルウェイの森」でヴェネツィア国際映画祭に参加。11月25日に2012年のNHK大河ドラマ 『平清盛』の主演を演じる事が発表された。
2011年 4月1日、女優の小雪と婚姻届を提出。

映画主演・役柄一覧
2003年「アカルイミライ(ジュン 役)」「完全なる飼育 秘密の地下室(ヒトシ役)」「偶然にも最悪な少年(イジメっ子 役)」
2004年「かまち(パチンコ屋の男 役)」「ウイニング・パス(主演・小林健太 役)」「渋谷怪談2( 篠原庸介 役)」「茶の味( 不良学生マツケン役)」

2005年「リンダ リンダ リンダ(槙原裕作 マッキー 役)」「NANA( 岡崎真一 シン役)」「不良少年(ヤンキー)の夢(主演・義家弘介 役)」
「カスタムメイド10.30(タモツ役)」「男たちの大和/YAMATO( 神尾克己 役)」
2006年「デスノート・デスノート the Last name( L / 竜崎 役)」「親指さがし( 五十嵐智彦 役)」
2007年「ユメ十夜 第十夜(庄太郎 役)」「蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜(ジュチ 役)」「神童(菊名和音(ワオ)役)」
「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ( 主演・植村一也 役)」「サウスバウンド( 新垣巡査 役)」「椿三十郎(井坂伊織 役)」
2008年「人のセックスを笑うな(主演・磯貝みるめ 役)」「L change the WorLd(L 役)」
「デトロイト・メタル・シティ( 主演・根岸崇一(= ヨハネ・クラウザー2世) 役」
2009年「ウルトラミラクルラブストーリー( 主演・水木陽人 役)」「カムイ外伝( 主演・カムイ 役)」「カイジ 人生逆転ゲーム(佐原誠 役)」
「笑う警官(謎の男 役)」

2010年「誰かが私にキスをした(主演・ユウジ 役)」「ノルウェイの森( 主演・ワタナベ 役)」
2011年「GANTZ / GANTZ PERFECT ANSWER(主演・加藤勝 役)」「マイ・バック・ページ(主演・梅山 役)」
「うさぎドロップ( 主演・河地大吉 役)」
2012年「僕達急行 A列車で行こう(主演・小町圭 役)」
2013年「清須会議(堀秀政 役)」
2014年「家路(主演・沢田次郎 役)」「春を背負って( 主演・長嶺亨 役)」

2015年「ゲキ×シネ蒼の乱(将門小次郎 役)」「天の茶助(主演・早乙女茶助 役)」「日本のいちばん長い日(陸軍横浜警備隊長・佐々木武雄 役)」
2016年「の・ようなもの のようなもの( 主演・出船亭志ん田(しんでん) 役)」「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-(主演・山田太郎 役)」
「怒り(田代哲也 役)」「デスノート Light up the NEW world(L / L·Lawliet 役)」「聖の青春( 主演・村山聖 役)」
2017年「関ヶ原(直江兼続 役)」「ユリゴコロ( 洋介 役)」

ドラマ出演・役柄一覧
2002年「ごくせん(毛利研一 役)」
2003年「ごくせん スペシャル さよなら3年D組〜ヤンクミ涙の卒業式(毛利研一 役)」「キッズ・ウォー5(黒田祐太 役)」
2004年「ビー・バップ・ハイスクール(川端純 役)」「リターンマッチ 〜敗者復活戦〜(内海昇 役)」
2005年「ビー・バップ・ハイスクール2(川端純 役)」「ディビジョン1 ステージ15『お台場冒険王SP 彼氏宣誓!!』(安田重人 役)」「1リットルの涙(河本祐二 役)」

2006年「翼の折れた天使たち 第二夜「ライブチャット」(タロー / 慎吾 役)」「マチベン 第1話(進藤和彦 役)」「その5分前 「或る夜の出来事」(主演・タカシ 役)」
2007年「セクシーボイスアンドロボ(主演・須藤威一郎(ロボ)役)」
2009年「銭ゲバ(主演・蒲郡風太郎 役)」
2010年「TBS開局60周年記念ドラマ 99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜(平松次郎(当時編役)」

2012年「大河ドラマ 平清盛( 主演・平清盛 役)」
2013年「テレビ朝日開局55周年記念番組 二夜連続ドラマスペシャル オリンピックの身代金(島崎国男 役)」
2014年「テレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画 遠い約束〜星になったこどもたち〜( 主演・戸田英一 役)」
2015年「NHK放送90年ドラマ第1弾 紅白が生まれた日(主演・新藤 達也 役)」「ふたがしら( 主演・弁蔵 役)」「ど根性ガエル(主演・ひろし 役)」
2016年「ふたがしら2(主演・弁蔵 役)」
2017年「A LIFE〜愛しき人〜(井川颯太 役)」

舞台
2017年「髑髏城の七人 Saeson風(主演・捨之介と天魔王の二役)」

松山ケンイチの代表作

映画代表作

ウィニング・パス

「ウィニング・パス」は2004年に公開された松山ケンイチ初となる映画主演作品。

主人公の健太(松山ケンイチ)はバイクを走らせている時に事故に合う。一命は取り止めたが脊髄損傷のため、半身不随になってしまう。
自分の現状を受け入れられず家族や恋人を拒絶し、死ぬことまで考えていた。しかし家族や周囲の人々に支えられ、退院し社会復帰までできるようになったのだが、問題が山積みの毎日だった。
そんな中、入院中に出会った男性に車椅子バスケットボールのチームに誘われ、健太は次第にその魅力に取りつかれ猛練習を始めていく。

この撮影で実際に車椅子バスケットボールの選手に指導してもらいながら練習や試合を行なった。プロフィールページの趣味の欄に車椅子バスケットボールと書かれている。

キャスト
小林健太 松山ケンイチ
小林舞 堀北真希
小林智子 角替和枝
小林正 矢崎滋
太田香織 佐藤めぐみ
白石裕一 加藤大治郎
坂田一郎 ベンガル
バスケ部監督 寺島進
林医師 加藤剛 他

www.amazon.co.jp

DEATH NOTE(デスノート)

デスノートは漫画「DEATH NOTE」(原作 大場つぐみ・作画 小畑健)を原作にした2006年に公開された映画。

主人公の夜神月(やがみ らいと)は黒いノートを拾う。そのノートは死神のリュークが落としたもので、そのノートに名前を書かれた人間を死に追いやるデスノートだった。月は、法律では裁けない問題や世間に矛盾を感じていた。
そして正体を明かさずにデスノートと死神のリュークを使い犯罪者を次々と殺害していく。
月の考えに賛同する者たちが、月の呼び名を「殺し屋」を英語表記にしたKiller(キラ)と呼ぶ様になり神の様に崇拝される存在になる。
一方、警察組織はキラの行為は正義ではなく、連続殺人であるとし、事件を解決の為に数々の難事件を解決した来た、世界的名探偵のL(エル)を送り込み犯人逮捕に向かう。

この映画で松山ケンイチはアドリブを多く盛り込んでおり、Lの登場シーンの「バーン」と銃を撃つマネをするシーンは原作では1回だったが、人数分に増やしたり、ひょっとこのお面をかぶる姿や、お菓子やポテトチップスや和菓子を食べるのも松山ケンイチによるアイディア。

キャスト
夜神月 藤原竜也
L/竜崎 松山ケンイチ
弥海砂 戸田恵梨香
死神リューク(声)中村獅童(特別出演)
夜神総一郎 鹿賀丈史
ワタリ 藤村俊二 他

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents