ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフまとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。
西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。
長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

「クリリンのことかーーーーーーーーっ!!!!!」

ナメック星への道中で修業をしていた悟空は、ベジータたちサイヤ人と戦ったときよりもパワーアップしていたものの、フリーザの強さに苦戦を強いられる。そんな悟空を前にして、フリーザは、悟空の仲間のクリリンを目の前で殺すのだった。フリーザの挑発とクリリンの死を前にして、悟空の怒りは最高潮に達し、超サイヤ人に変身してフリーザを圧倒した。

多くの作品でパロディされるほど有名なセリフ。このセリフの後に悟空が超サイヤ人に覚醒したと勘違いされがちだが、実際は、このセリフの前にすでに超サイヤ人になっている。また、ドラゴンボールで一度復活した人間は二度と復活しないという設定が当時はあり、ドラゴンボールで一度復活した経験のあるクリリンが殺されたという意味でも、印象的な場面だといえる。

「オレは……超(スーパー)ベジータだ!!」

フリーザとの戦いが終わり、闘いで散っていった者たちは、ナメック星のドラゴンボールで復活した。日常に戻った悟空たちは、再び地球に戻ったが、新たな敵、人造人間が現れる。フリーザすらも凌駕する力を持つ人造人間16号、17号、18号。彼らの力に苦戦を強いられた悟空の仲間たちだが、究極の人造人間、セルが現れて状況はさらに悪化。セルは人造人間17号と18号を吸収して完全体になろうとしていた。人造人間17号を吸収したセルはパワーアップし、更なるパワーアップを求めて18号を探す。そんな中、修行して実力を上げたベジータが駆け付け、セルを圧倒する。セルが知っているベジータとはかけ離れた戦闘力に驚くセル。彼は、動揺しながら、ベジータに何者か問う。するとベジータは、不遜な態度で答えるのだった。

人造人間編開始直後、ベジータは人造人間との戦いで敗北した。そのことを悔やむベジータは、修行に励み、腕を上げたのだ。プライドの高さも相まって、自信満々に名乗りを上げるベジータの姿が印象的なセリフである。

「か…完全体に………完全体になれさえすれば………!!!」

人造人間17号を吸収したセルは、漲る力に喜びを感じていた。その力で、悟空の仲間たちと戦い、彼らを圧倒。まさに適う者などいないと思われていた。そんなとき、修行して強くなったベジータが現れる。早速戦うセルだが、腕を上げたベジータには歯が立たず、敗北に追い込まれる。別人のように強くなったベジータを前に、焦りを見せるセル。やがて、今のままでは勝てないと踏んだセルは、止めを刺されそうになったそのとき、悔しさのあまり、完全体になれればという想いを吐露した。

人造人間編の最大の敵であるセルが焦りを見せたという意味で、このセリフは名言といえるだろう。また、このセリフを聞いたベジータが、完全体に興味を示し、その結果として、事態が最悪の方向へと向かっていくという意味でも、重要な一言である。

「どうしたのだ?さっきまでの勢いは……笑えよベジータ」

完全体になればベジータすらも倒せると嘯いたセル。その言葉を聞いて完全体に興味を示したベジータは、セルに人造人間18号を吸収させることにした。セルの強化を恐れ、阻止しようとするベジータの息子のトランクスだったがベジータに阻まれて失敗し、セルは人造人間18号を吸収して、完全体になってしまう。完全体になったセルは、再びベジータと戦う。相変わらずの強さを見せるベジータ。その勢いは、セルを倒さんばかりに強いものだった。そしてセルを倒したと思った最中、セルは再生してしまう。セルはベジータの焦燥感を感じ取り、余裕の笑みを見せた。

ついに完全体になってしまったセル。その絶望的な強さを表現したセリフである。完全に調子に乗ってしまったベジータの失態である。また、このセリフの汎用性の高さから、インターネットを中心に、ネタにされているのが散見される。

「オ…オレのスキだった自然や動物たちを………ま……守ってやってくれ…」

完全体になったセルは、自身主催の武道会『セルゲーム』を開始した。悟空たちはセルを止めるべく、セルゲームに参加する。参加者の中には、寡黙な人造人間、16号の姿もあった。彼は自然や動物を愛する心優しい性格をしており、セルによる破壊からそれらを守るべく立ち上がったのだ。しかし、自身の自爆によってセルを倒そうと試みる16号は失敗し、早々に倒れてしまう。一方、悟飯の潜在能力に目を付けた悟空は、彼を目覚めさせることが、勝利の鍵だと考え、悟飯に覚醒を促す。だが元来、戦いが嫌いな悟飯は、なかなか覚醒できずにいた。そんな中、悟飯を覚醒させるために、16号は最後の力を振り絞って、悟飯を激励するのだった。

この後、16号は無惨にも、セルに止めを刺されてしまう。16号が残したこの言葉と悲惨な最期が、悟飯を超サイヤ人2へと覚醒させるきっかけとなる。それまで敵であった16号が見せた本当の姿と相まって、心に残る名シーンであり、名言といえる。

「バイバイみんな…」

悟飯の覚醒により、セルとの戦いは終局を迎えた。悟飯に完敗したセルは、苦し紛れに自爆を試みる。セルは、地球諸共自爆して、悟飯たちを道連れにしようと考えたのだ。体が膨張していくセル。迂闊に攻撃すると爆発しかねない状況に、手をこまねく悟飯たち。悟飯はすぐに止めを刺さなかったことを後悔する。絶体絶命だと思われたそのとき、悟空が立ち上がり、セルのもとへ向かう。悟空には瞬時に遠くへ移動できる技『瞬間移動』が使える。その瞬間移動を使い、セルを遠くの星へ自分共々移動し、地球を救おうと考えたのだ。それはすなわち、セルと心中することを意味している。瞬間移動する寸前、悟空は仲間たちを見て、別れの挨拶をするのだった。

主人公である悟空の決意が現れた一言である。仲間たちを振り返り、別れの言葉を口にする悟空の姿は、普段の戦い好きな彼のものとはかけ離れており、それ故に印象深いセリフといえるだろう。

「昔のオレにもどりたかったんだ!!!!残忍で冷酷なサイヤ人のオレにもどってなにも気にせずきさまと徹底的に戦いたかったんだ!!!!」

セルとの戦いが終わり、平和な日々を過ごしていた悟空の仲間たち。ベジータは、ブルマやトランクスたち家族と暮らし、冷酷な性格から穏やかな性格へと変化しつつあった。そんなあるとき、悟空が1日だけ下界に戻ってきて、天下一武道会に出ることになった。同日、悪の魔導士バビディが魔人ブウの復活を目論んでいた。悟空、ベジータ、悟飯は魔人ブウの復活を阻止しようとする。しかし、魔人ブウの復活のために強者のエネルギーを収集するバビディはベジータを操り、エネルギーを奪おうと考えた。ベジータは、自ら進んで操られてしまう。

地球での生活に馴染んだベジータ。家族を作り、幸せな暮らしをする一方で、サイヤ人である彼の胸中には戦いへの渇望があった。サイヤ人の王子であるベジータは地球での暮らしに満足している自分を許せず、バビディ操られる事で以前の冷酷さを取り戻そうとしたのだった。戦いへの思いと家族との生活に板挟みになっていたベジータの想いが伝わってくるこのセリフは、まさに名言といえるだろう。

「さらばだブルマ…トランクス……そして…カカロット……」

自身のせいで復活を果たした魔人ブウと戦うベジータ。しかし、魔人ブウの強さは想像を絶するものだった。セルとの戦いの後で修業を重ね、更にバビティに操られたことで戦闘力を底上げしたベジータだったが、ブウには通用しなかった。ベジータは最後の手段として、ブウを巻き込んで自爆することを選んだ。悟飯の弟の悟天と息子のトランクスをピッコロに託したベジータは、ついに行動に移す。気を高め、自爆しようとした刹那、ベジータは家族とライバルにそっと、別れを告げるのだった。

サイヤ人としての誇りを持ち、戦うことにしか興味がなかったベジータ。だが彼は、ブルマたちとの生活で変わり、他人を思いやれるようになっていた。そんな彼の成長が窺える一言だと言える。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(Dragon Ball)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説まとめ

「クロノ・トリガー」は、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

ドラゴンボール永遠のライバル!べジータのパパっぷりが面白いオススメTwitter!

ドラゴンボールの主人公・孫悟空の永遠のライバルと言えばやっぱりべジータ! 惑星べジータの王子として誇り高いべジータが、もしも家庭では子煩悩な親馬鹿だったら? そんな妄想を全力で漫画にして我々を楽しませてくれる方がTwitterにいらっしゃるので、是非ともご紹介したいと思います。

Read Article

《悲報》アニメ「ドラゴンボール超」で垣間見える作画崩壊まとめ

大人気アニメ「ドラゴンボール」の最新作「ドラゴンボール超」ですが、ところどころになにか違和感を覚える今日この頃です。そうです。実は、「ドラゴンボール超」には、至る所で作画崩壊を起こしていたのです(笑)。作画崩壊は、イラストがどこかおかしかったり、顔がイカレていたり、思わず疑問符を抱かずにはいられないものまで、とにかく多種多様なのです(恥ずかしながらw)!

Read Article

彩り鮮やかでより美しく!カラーで描かれたドラゴンボールのファンアートまとめ(前編)

度々ご紹介しているミイコさん(@miicooochan)のドラゴンボールのファンアート。どれも柔らかいタッチの絵柄で温かい雰囲気のある素敵なイラストでしたよね。 今回はミイコさんに再びご許可を頂きまして、Twitterで公開されている投稿の中からカラーイラストを厳選してご紹介!柔らかい絵柄に色彩が宿る事でさらに魅力的になるミイコさんのファンアートをお楽しみ下さい☆

Read Article

【ワクワクすっぞ!!】かめはめ波は実際に撃てるの?

1983年に原作マンガの連載が開始し、現在でもゲームの発売や劇場版の上映、アニメ最新作「ドラゴンボール超」が放映されるなど、もはや知らない人はほぼいないと思われる国民的人気マンガ「ドラゴンボール」ですが、中には「かめはめ波って実際に撃てるの?」と言う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は科学的な視点からかめはめ波は撃てるのか、様々な情報を元にまとめていきたいと思います。

Read Article

独断と偏見による『ドラゴンボールGT』「邪悪龍」がもし味方だったら?

『ドラゴンボール超』が放送中ですね。さて、20年ほど前、『ドラゴンボールZ』の後日譚である『ドラゴンボールGT』が放送されていました。評判については…個人的には面白かったんですけどね。特に、最重要アイテム「ドラゴンボール」から現れる「龍」が敵になってしまうアイディアとか…まあ確かに残念な感じが漂ってるんですよね…案外味方だったらいい活躍したかなあ、と思いまとめてみました。

Read Article

僕らの永遠の主人公!孫悟空のTwitterでしか見れない家庭での素朴な素顔のファンアート(前編)

前回大好評だったベジータに続き、今度はドラゴンボールの永遠の主人公!孫悟空の原作では見れない貴重な家庭的な姿を描いたファンアートをご紹介したいと思います。 ファンアートを描いていらしゃるのは前回と同じくミイコさん(@miicooochan)。ミイコさんの優しい絵柄で描かれた孫悟空の愛らしいファンアートを是非ご覧下さい!

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

一体全体ダレトクナンダ?『恐怖に震えるベジータ』が色々と気の毒すぎる。

現在放映中の『ドラゴンボール超』は、1986年にアニメ化した「ドラゴンボール」のリメイク作品です。すでに30年来といった根強いファンも多く、その関連グッズも多岐に渡り色々なものが発売されていました。ところが、バンダイから販売される『DRAGON BALL Z』HGフィギュア「恐怖に震えるベジータ」が発売されたことで、ベジータが色々と気の毒なことになっていたのをご存知でしょうか?

Read Article

目次 - Contents