バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

「高校に通いながらジャンプで連載をする条件」として担当の服部に期待の新人たちで読切作品を載せ競い合う「金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)」で結果を出すことを条件とされた亜城木夢叶。
金未来杯の結果は史上初の2本受賞となりその1本に選ばれた亜城木夢叶の真城は喜びを亜豆にメールする。
その後、亜豆は真城から高木の電話番号を聞き、高木にお礼の電話をかける。
「高木くんがいなかったら私と真城くん 中学卒業と同時に(関係が)終わってたねって いつもメールで話してる」と真城の分のお礼も亜豆が言う中、「マンガ家目指した事が吉と出るか凶と出るかはまだわからない」と言う高木に亜豆が返した言葉。

声優を目指す為に中学生の頃から努力を続け、声優としてすでにデビューしている亜豆の自信ある言葉といえる。

平丸 一也の名言・名セリフ

出典: pbs.twimg.com

ユリタン 僕を… 幸せにしてください

連載終了を告げられた蒼樹紅(あおきこう)を励まそうと遊園地に誘いOKをもらった平丸一也(ひらまるかずや)は、その遊園地でプロポーズをしようと考える。
指輪を用意し、平丸担当編集者の吉田氏よりアドバイスをもらい、観覧車でのプロポーズを試みるが、用意した指輪を無くしとまどってしまう。
平丸の行動に告白の気配を感じ取った蒼樹紅に「がんばって…」と励まされた後、平丸が振り絞って出はしたプロポーズの言葉である。

平丸の言葉に蒼樹紅は「結婚して…私も幸せにしてください」と答え、2人の婚約が成立した。
「これでマンガも一生懸命描いてくれるだろう」と予想していた担当の吉田だったが、平丸は婚約が決まったことが幸せすぎてマンガを全然描かなくなってしまうのだった。

川口 たろうの名言・名セリフ

出典: rupanana.fam.cx

1話完結じゃない1話完結

生前の「川口たろう」が「超ヒーロー伝説」を連載していた時、ここ一番の時にいつも言っていた言葉。

「自分の作品の過去話を全部読んで、何でもなかった事を伏線に仕立て上げて新しい話を作る」とのやり方で、今までの話があるから面白く、さらに先の展開にも大きく影響する「1話完結」の話を川口たろうは作っていた。
そして新連載のライバル作品が入ってくる回に「1話完結」の話をぶつけ、アンケートの票を獲得することに成功していた。

かつて川口たろうの担当編集をしていた佐々木編集長から語られたこの言葉を聞いて、亜城木夢叶の2人は七峰透の読切作品が載る号に「1話完結」モノで勝負する。
亜城木夢叶の「師」ともとれる川口たろうの残した名言だ。

白鳥 シュンの名言・名セリフ

出典: cdn-ak.f.st-hatena.com

マンガは少しのお金で沢山の人が見る事ができる 沢山の人に楽しんでもらえる マンガ家だって立派な仕事だよ 僕マンガで頑張ってみる

最初は「絵を描く事が好きだから」という理由だけで亜城木夢叶の所にアシスタントに来ていた「白鳥(しらとり)シュン」は、自身もマンガを描きはじめる。
高木にアドバイスをもらいながらマンガを描く楽しさ感じる白鳥だったが、「マンガなんてくだらない」という母親に反対されてしまう。

自宅に飾られているおじいちゃんが買ったという絵を姉と見ながら、白鳥が言ったセリフである。
父親の会社に入るか画家になるかとの親が用意したレールを外れ、自身で見つけた道を進む覚悟を決めた言葉だ。

白鳥 人美(白鳥シュンの姉)の名言・名セリフ

シュン あきらめたらそこで試合終了だよ

マンガ家になることを母親に反対された白鳥シュンは、家を出る決意をする。
飼い犬のピースも一緒についてくるが、当てもなく家出をした白鳥は亜城木夢叶の仕事場近くの公園で野宿を始めるが、そのことを知った亜城木夢叶の紹介で部屋を借りて住むことになった。
その後、仕事場に白鳥の両親と姉が訪ねてきて白鳥に家に帰るように促すが、白鳥は「本気でやりたいから家を出た」と断る。
そんな白鳥に白鳥の姉・人美(ひとみ)が言ったセリフである。
その言葉にその場にいた亜城木夢叶やアシスタントはテンションが上がるのだった。

このセリフはかつて実際にジャンプで連載していた「SLAM DUNK(スラムダンク)」に登場する安西先生のセリフで、ジャンプファンでは知る人の多い名言だ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

ヒカルの碁(ヒカ碁、Hikaru no Go)のネタバレ解説まとめ

ヒカルの碁とはほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による囲碁漫画。物語は主人公「進藤ヒカル」が、祖父の蔵で血のついた碁盤を見つけ、そこに宿っていた平安時代の碁打ちの幽霊「佐為」に憑かれる事から始まる。それまで囲碁について何の興味も知識も無かったヒカルだが、囲碁幽霊「佐為」に取り憑かれたことで次第に囲碁の世界に足を踏み入れることになる。

Read Article

ヒカルの碁(ヒカ碁、Hikaru no Go)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。 テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。 平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

Read Article

目次 - Contents