リーガルハイ(リーガル・ハイ、LEGAL HIGH)のネタバレ解説まとめ

Cf8020f6

リーガルハイとは、古沢良太の脚本によるテレビドラマ。裁判で無敗の最強弁護士・古美門研介と正義感が強い新米弁護士・黛真知子が繰り広げるコメディータッチの弁護士ドラマである。裁判に勝つためなら何でもする古美門と依頼者の気持ちに寄り添う黛との噛み合わないやり取りは見ものである。また、登場人物のキャラが濃く仕上がっていて見所満載である。

『リーガルハイ』概要

リーガル・ハイ(リーガル・ハイ、LEGAL HIGH)は、フジテレビ系列放映のテレビドラマである。古沢良太の脚本によるオリジナル作品。2012年の春ドラマで火曜21時枠にて全11話が放映され、2013年4月13日に土曜プレミアム枠でスペシャルドラマが放映された。その後、シーズン2が水曜22時枠にて2013年10月〜12月の間で放映され、2014年11月22日に土曜プレミアム枠でスペシャルドラマ第2弾が放送された。雑誌「オリ★スタ」読者による満足度ランキング1位を獲得。ソネットの調査では「録画率」が春ドラマのトップに輝いた。第1期の視聴率は平均12.5%を獲得。

訴訟で一度も負けたことがない敏腕弁護士・古美門研介と真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子が衝突しながらも協力し、あらゆる訴訟を勝利に導いていく法律ドラマである。また、ドラマ内には笑いの要素が多く盛り込まれている。作中の登場する企業や人物など現代社会とリンクするような部分もあり、企業や有名人から訴えられないかと心配になるほどである。古美門は人格破綻者であるが、我々が普段から心のどこかで感じていたことをズバッと言ってくれる。そういう視点で見てみると、リーガルハイは現代人を悩みを代弁している作品とも言える。

『リーガルハイ』のあらすじ・ストーリー

シーズン1

三木法律事務所で所属する新米弁護士・黛真知子の初の仕事は、殺人容疑をかけられ自白を強要された青年・坪倉の裁判だったが敗訴する。上司・三木長一郎からは担当を外れるように促されるも、諦めきれない黛は控訴に奔走する。そんな時、三木の秘書である沢地君江から古美門研介を紹介される。古美門法律事務所を訪れた黛は、事務員・服部に迎えられ、古美門に会うことになるが、彼から依頼したければ弁護士費用3000万円持ってくるように言われる。その後、黛は借金をして弁護士費用3000万円を用意して持ってきたため、古美門は依頼を受けることになる。古美門は人格が破綻しているが一流の弁護士だった。黛は、古美門の力を借りて控訴に挑んだものの、その背後には古美門に恨みを抱く三木の力が及んでいた。三木は、古美門を法廷に引きずり出して罠にかけるため、黛を利用したのであった。古美門は以前、三木法律事務所に所属していて実力も申し分なかったが、金になる案件を選び強引に勝ちに持ち込む手法が三木との対立を生み、三木法律事務所から追い出されていた。三木の罠に掛かり窮地の陥る古美門と黛だったが、警察が不当な取り調べを行っていたことを認めさせることに成功し、逆転無罪を勝ち取る。その後、黛は三木に辞表を提出し、三木法律事務所から古美門法律事務所に移籍する。借金3000万は古美門法律事務所に肩代わりしてもらうことになった。

古美門のもとに著作権侵害の案件を持っていく黛。金になる案件を期待していた古美門だが、事務所に訪れたパンクロッカーの荒川ボニータとジャンゴジャンゴ東久留米はどう見てもお金を持っていそうになかった。彼女らは、歌手・柊しずかの大ヒット曲「あれは恋でした」が自分たちが作った曲の盗作だと言い出す。全く違う曲調に疑いの目を向ける古美門と黛だが、賠償金の半額を報酬として受け取ることを条件に、引き受ける。訴訟の相手は「あれは恋でした」を作詞した大物音楽プロデューサー・葛西サトシで、顧問弁護は三木だった。三木はマスコミを使って葛西と柊に自分たちに非はないと語らせたことで、ボニータたちが世間から批判されるように仕向ける。その後、三木は古美門法律事務所に訪ね、示談に持ち込もうと交渉するも、古美門はこれを断固拒否する。法廷で古美門からゴーストライターがいるのかと質問される葛西は、ゴーストライターはいないと返すも、実際にはゴーストライターを起用していた。古美門は、自身のスパイである加賀蘭丸を音楽業界に潜入させたことで、葛西がゴーストライターを起用していることを突き止める。その頃、ボニータたちは葛西が作詞する他の曲にも自分たちの歌詞が使われていることに気付く。ただ、それらの歌詞はかつてバンドメンバー石塚小枝子が作詞したものだった。石塚のもとを訪ねる古美門と黛。黛は石塚を見て、葛西行きつけのクラブにいたホステスだと気付く。古美門は石塚に葛西のゴーストライターであることを認めさせる。その後、ボニータは石塚と二人で会い、自分たちの曲を売った理由を聞き出そうとする。石塚は、ボニータの才能に嫉妬していたことを話し、法廷で証言することで謝罪すると約束する。しかし、三木から丸め込まれていた石塚は、法廷で嘘を付き、自分が葛西のゴーストライターであることを認めなかった。だが、古美門は石塚と二人で会うボニータにボイスレコーダーを持たせ、会話を録音させていた。そのボイスレコーダーの音声が決め手となり、葛西は和解を求め、ボニータたちも了承する。

国選弁護の案件を受ける黛。黛は村瀬美由希へのストーカー規制法違反で訴えられた榎戸信也の弁護をすることになる。榎戸は、警察から警告を受けているにも関わらず、ストーカー行為を行い、結婚相手・牧野達哉との結婚式に乗り込み、村瀬を拉致したのだ。原告側の検察官である相沢秀臣は、黛が法科大学院時代に失恋した相手だった。証言台に立った榎戸は、村瀬とはお互いに好意を持っていたと主張するが、相沢に否定される。一方、古美門は望月ミドリから球団への訴訟依頼を受けていた。球団側の弁護についたのは三木のアシスタント・井手孝雄だった。有利な裁判であるため、古美門に勝てると踏んでいた井出だが、あっさり敗れることになる。その後、黛は足を使い、榎戸と村瀬の関係について調査を行う。そこで、榎戸が村瀬に似顔絵を渡していたことを知る。周りで二人の姿を見ていた人々の証言によると、村瀬は嬉しそうにその似顔絵を受け取っていたのだという。村瀬は、法廷で似顔絵はすぐに捨てたと証言したが、蘭丸の調査により、最近捨てられたことが明るみに出る。次の法廷でも村瀬は、幸せな結婚生活を確保するため、榎戸への好意を認めようとしなかった。榎戸は、村瀬の辛そうな姿を見ていられなくなり、罪を認める形で審理を終えた。

主婦・桑田久美子からに日照権訴訟の依頼を受けた黛は、古美門のもとに持っていく。桑田は、自宅の近くで高層マンションが建設されており、完成すると自宅が日陰になってしまうと訴える。だが、黛のもとに桑田から町内会で弁護士を立てることになったと断りの連絡が入った。翌日、黛は古美門に連れ出され、町内会と対立する施工会社・島津エステートに向かうことになる。日照権訴訟の弁護を依頼された古美門は、黛を連れて住民説明会へ出向く。そこで、町内会側の弁護士・大貫善三とぶつかり合うことになる。大貫は裁判で決着を付けようと言うも、それはただの方便で、企業から多額の示談金を奪い取るのが彼のやり口であった。それを知っていた古美門は、大貫を要求をはねのける。人権派弁護士を名乗る大貫は、反対運動を行い、マスコミも使って攻めてくる。古美門は、黛に反対運動に参加する住民たちの情報を調べさせるのと同時に、蘭丸を町内会に潜入させていた。2度目の住民説明会へ出向く古美門と黛。住人たちから非難の嵐を受ける古美門だが、もろともせず得意の論調で彼らを黙らせる。古美門は、住民説明会に潜入させておいた蘭丸に、島津エステートに対する誹謗中傷をすれば、損害賠償を請求すると脅しをかける。逃げ出す蘭丸の姿を見た住民たちは、恐怖を感じ、次々反対運動のメンバーから外れていく。その後、大貫の携帯に三木から連絡が入る。三木法律事務所に招かれた大貫は、古美門を倒すため三木と協力し合う。一方、古美門は蘭丸に探らせた情報を使い、反対派住民の結束を切り崩しにかかる。3度目の住民説明会では、言いくるめられた住民たちが古美門の提案する示談に応じたことにより、古美門の勝利となった。

古美門と黛のもとに大物政治家・富樫逸雄の収賄罪を巡る控訴の案件が入る。富樫の収賄事件は、過去に購入したビルの代金が出所不明ということから始まった。検察は企業からの不正献金だとして、富樫の周辺を捜索して差し押さえを行ったが、その過程で金庫番の秘書・浅井信司が自殺したことにより、事件は迷宮入りするかと思われた。ところが浅井の部屋から重要な証拠になりえる企業からの献金を示すメモが発見される。それによって否認を続けていた秘書たちが次々と口を割り、富樫は有罪に追い込まれていた。古美門は、特捜部のエース・辰巳史郎のもとを訪ね、メモを捏造したのではないかと問いかけるも彼は認めなかった。古美門と黛は、調査の中で辰巳が浅井の恋人・吉岡めぐみと接触していたことを知り、彼女のもとを訪ねる。吉岡は浅井と付き合っていた頃、彼の筆跡を真似て帳簿付けの仕事を手伝っていたと話す。浅井は、富樫が収賄罪で服役しないように自分が自殺することで、事件の証拠を残さないようにしていた。だが浅井が自殺した後、吉岡のもとに辰巳が訪ねてきて、メモの捏造を持ちかけられたという。吉岡は、浅井を失った悲しみからメモの捏造に協力したのだ。そのことを法廷で証言してほしいと言う古美門に対して、吉岡は富樫に謝罪してほしいと言う。吉岡に謝罪した富樫は、彼女から浅井の遺書を見せられる。遺書には富樫への尊敬する想いが綴られていた。遺書を読んだ富樫は罪を認め、服役することを選んだ。

芥川賞受賞作家の神林彬とフリーキャスターの岡崎安奈は、おしどり夫婦として世間に認知されていたが、実際の夫婦仲は破綻していた。神林から離婚調停の相談を受ける古美門と黛。一方、三木も岡崎から離婚調停の相談を受けていた。三木は古美門を倒すため、ニューヨークから主任弁護士・圭子シュナイダーを呼び出す。圭子シュナイダーは古美門の元妻だった。古美門は、蘭丸に岡崎の周辺を調べさせ、かつて同僚だった小松凛と不仲だったことを突き止める。小松凛は現在、芸能界を引退して元プロ野球選手の後藤順平と結婚していた。その後、古美門と黛は神林が複数人の女性と浮気していたことを知る。マスコミも注目する中、行われた神林と岡崎の離婚調停。古美門は岡崎のDVを攻めるのに対し、圭子は神林の浮気を攻める。その後、黛の調査により岡崎が後藤と不倫していたという情報を掴む。岡崎側は、次の法廷にて後藤夫婦を証人として呼ぶことを申し出る。後藤夫婦に反対尋問をしたいので好都合だと返答する古美門。岡崎は、古美門に後藤との不倫がバレるのではないか恐れ、後藤夫婦の承認申請を取り消した。岡崎側は神林側の提案を全て受け入れ、和解する。

徳松醤油で働いている従妹の千春から遺産相続訴訟の依頼を受ける黛。亡くなった徳松醤油社長・徳松嘉平の遺産を巡り、長男・泰平、長女・清江、次男・紀介の3人の子供たちが争う。遺言書には、紀介に全ての財産を託すと書かれていた。だが、泰平と清江も同じような遺言書を受けとっており、自分に財産が託されたと主張する。3人はそれぞれ弁護士を雇い、法廷で戦うことになる。清江は徳松醤油顧問弁護士・田ノ下久作、泰平は三木、紀介は古美門を雇う。遺言書は日付の新しいものが効力を持つため、古美門は3人の中で一番新しい日付の遺言書を持つ清江を取り込もうとする。しかし、清江は既に三木が手に落ち、泰平と結託していた。そこで古美門は、意思能力の欠如した状態で書かれた遺書なら無効にできる考える。古美門は、千春に嘉平が認知症だったと嘘の証言させ、新しい日付の遺言状を無効にしようとする。一方、三木は沢地を使い、千春に紀介が徳松醤油を売却しようとしていることを知らせる。計画はしていたが、徳松醤油は売却しないと語る紀介。次の法廷で嘉平は認知症ではなかったことを千春が証言したため、紀介側は敗れることになる。その後、千春は紀介に裁判で不利になる証言をしたことを謝り、徳松醤油をやめるため辞表を出す。嘉平に毎日読み聞かせていた本だけ持って帰りたいと紀介にお願いし、受け取る。その本を何気なく開くと、そこには嘉平の遺言が書かれていた。日付は死亡前日で効力もあり、最終的に千春が徳松醤油を受け継ぐこととなった。実は、千春は自分が遺産を受け取れるよう嘉平に遺書を書かせていたのである。

天才子役・安永メイに、母親の留美子と縁を切りたいと依頼される古美門。留美子はメイの訴えを受け、三木に弁護を依頼する。三木は最終兵器として田舎から古美門清蔵を呼び出し、家事審判廷で古美門研介と対峙させる。清蔵は古美門研介の父であり、彼とは断絶状態にあった。その後、古美門はメイのマネジャーである梶原努を取り込もうとするが、すでに三木の手に落ちていた。2度目の家事審判廷で、古美門は蘭丸に潜入させていたホストクラブで遊びまくる留美子の動画を見せる。最終審問では、メイが留美子に「自分のことは忘れて、自分の人生を歩んでほしい」と語り、留美子に返す言葉はなくメイの主張通り結審したのだった。

南モンブラン市の住民・錦野春夫らから公害問題訴訟の依頼を受ける古美門と黛。南モンブラン市では、仙羽化学の化学工場ができてから住民に健康被害が出ているという。仙羽化学側を弁護しているのは三木。法廷で古美門は、工場からの有害物質垂れ流しを主張するが、三木は根拠がないと否定する。その後、三木は住民の結束を崩すために井手を使い、原告団リーダー・錦野に金を渡すが、それに気付いた古美門により、住民の前で暴露される。住民側は、慰謝料5億円と安全が保障されるまでの工場操業停止を要求する。法廷で古美門は、工場から「ヘルムート38」と呼ばれる有害物質が検出されたことを立証する。それに対して、三木はヘルムート38の有害性と発生場所を疑問視する。その後、古美門は仙羽化学研究開発部主任・八木沼佳奈の協力を得て、仙羽化学の内部資料を入手する。次の法廷で古美門は、仙羽化学側はヘルムート38が健康被害を引き起こすことを認識していたことを暴露し、古美門の提示する金額で和解する。その後、黛は自分自身を成長させるため古美門法律事務所を後にする。

1年後、黛は黛法律事務所を立ち上げ、個人で仕事をしていた。古美門法律事務所に訪れた黛は、古美門に共同弁護の申し出をする。依頼者の八木沼佳奈は、かつて仙羽化学の公害訴訟で古美門たちに協力してくれた人物である。八木は仙羽化学のライバル社・フロンティアケミカルラボで再就職していたが、不当に解雇される。黛の申し出を断り、フロンティアケミカルラボの弁護をする古美門。八木側を弁護する黛は、古美門を倒すため三木の協力を得る。仙羽化学社長・池部拓郎も味方に付けようとする黛だが、既に古美門の手に落ちていた。黛は古美門に敗れることになる。その後、古美門への借金返済のめどが立たない薫は、古美門法律事務所に戻ることになる。

リーガルハイSP

藤井みなみが担任を務める公立うさぎがおか中学校2年の小暮和彦が、屋上から転落する。命に別条はなかったが、学校側の説明にイジメを隠蔽しようとする意図を感じた小暮の母・秀美は、黛に相談をする。黛と古美門は秀美の依頼を引き受ける。学校側から弁護の依頼を受けた三木は、勅使河原勲に一任する。法廷に出向いた古美門だが、そこにいた裁判長・別府敏子を見て愕然とする。古美門は以前、海外で別府をナンパし、振られた経験があったのだ。

マスコミを使い、学校側に追い込みをかける古美門。そんな中、屋上から転落した小暮が意識を取り戻した。古美門は小暮を法廷に呼び出し、同じクラスメイトの青山瞬にイジメられたことを証言させる。それに対して、勅使河原は受傷直後でもある小暮の証言には問題があると反論する。その後、担任の藤井が証人喚問され、小暮へのイジメがあったことを認める。だが、藤井が証言を翻したことを問題視する別府裁判長は、証言の信憑性に難があると指摘する。これに対して、古美門は別府裁判長に暴言を吐いてしまい、彼女は秩序維持の名目で古美門を監置処分にする。古美門は監置所に留置されてしまう。

藤井は法廷での証言により、裏切者として学校で孤立してしまう。その後、藤井もとを訪ねた黛は、自殺を図った彼女を発見する。藤井の自殺未遂を受けて黛は、彼女が担任を務めるクラスに乗り込む。本気で怒る黛の姿を見た生徒たちは、黛にイジメについて連絡をしてくる。次の法廷で、生徒たちは次々とイジメがあったことを証言する。これにより原告勝利の判決が下された。

シーズン2

古美門と黛は、アイドル・南風るんるんに騙されたというファンたちの弁護をしていた。南風は「一度も恋愛したことのない腐女子アイドル」として活躍していたが、実際は普通に恋愛していたため、ファンの怒りを買い、訴えられることになった。法廷で古美門は、南風を追い詰めようと熱くなりすぎたため、その後の尋問を羽生晴樹に一任する。羽生は古美門の期待に応え、見事勝利を収める。検察官である羽生は、本日まで古美門法律事務所で弁護士職務経験を積むことになっていた。その後、安藤貴和から弁護の依頼を受ける古美門と黛。安藤は運輸会社の社長・長徳永光一郎の殺害と、その娘・さつきの殺害未遂で死刑判決を求刑されていた。また、安藤には2度の離婚歴があり、元夫たちの不審死から保険金目当ての疑惑も持たれていた。1審では、犯行に使われた毒物が入った瓶に安藤の指紋がついていたため、死刑を宣告されていた。古美門と黛は、羽生の紹介で担当検事の醍醐実に会うことになる。2審で古美門は、1審での証拠は検察側の捏造だと言い、安藤の指紋は取調室で無理矢理つけられたものだと主張。次の法廷で、口裏合わせていた安藤に尋問する古美門だが、彼女は古美門を裏切り、自ら罪を認めてしまう。そして2審でも1審と同様に死刑判決が下される。初の敗北で失意のどん底へ落とされる古美門。安藤は「吉永慶子」と名乗る人物と接触したことで、自ら罪を認めていた。黛の調査により、そのことを知った古美門は安藤に吉永慶子について聞くも、彼女は答えなかった。また、安藤に上告するよう促すも断られえてしまう。

テレビのインタビュー番組で、鮎川は自分を誹謗中傷したマスコミらを訴えると豪語する。鮎川は若くして会社を創設、一流会社を次々と買収し「時代が生んだ天才」と謳われていたが、インサイダー取引などの容疑で実刑判決を受け、出所したばかりだった。鮎川のもとへ訴訟代理人の売り込みにいく古美門と黛。鮎川は自分より頭の悪い弁護士を雇う気はないと言い、自分で全ての訴訟を行うという。その後、黛は鮎川に訴えられたブロガーの弁護を受けることになる。一方、古美門は羽生から鮎川に訴えられた漫画家・玉川たまの共同弁護を頼まれ、引き受ける。玉川は鮎川をモデルにし、金に汚い人物を描いていた。法廷では、巧みな弁論で優位に立つ古美門。結果、鮎川は訴えを取り下げるのだった。

羽生の事務所「NEXUS」を訪れる古美門と黛。そこで、羽生の紹介パネルを見た古美門は急に怒りだす。羽生の紹介パネルには「悪徳弁護士Kに見事な勝利」と書かれていた。怒る古美門は羽生に宣戦布告し、その場を去る。高校の同窓会に出席した黛は、同じクラスだった熊井健悟から相談を持ちかけられる。熊井の離婚訴訟の依頼を受けることになった古美門と黛。その頃、羽生は熊井の妻・ほのかの弁護を受けていた。法廷で、ほのかが妊娠していると匂わせる羽生。動揺する熊井は黛を連れてNEXUSに向かい、離婚の訴えを取下げようとするが、そこに現れた古美門によって羽生の嘘を暴露される。結果、ほのかは慰謝料を払い、離婚することで双方和解となる。

東山冬海から近隣訴訟の依頼を受ける古美門。訴訟相手の西平なつでを弁護しているのは羽生だった。前回の刑事裁判では、東山が先に殴りかかってきたため、正当防衛が認められ、西平は無罪になっていた。この判決に納得のいかない東山は、民事裁判を起こすことにしたのだ。法廷で羽生は、近隣トラブルが起きた原因は東山の西平への嫉妬だと主張し、東山は西平に対して度重なる嫌がらせを行っていたと話す。西平の子供は名門私立に通い、ピアノでコンテスト入賞したのに対して、東山の子供は公立高校に通い、ピアノの才能もなかったのだ。その頃、蘭丸は西平の息子・紀明と接触していた。蘭丸の調査により、西平も東山に嫉妬していたことが明らかになった。勝てないと感じた羽生は、和解を申し入れる。結果、西平は慰謝料と引っ越しの条件を受け入れる。

AJISAIカンパニーの社員・田向学は、大人気キャラクター「おやじいぬ」の生みの親だったが、これといった報酬を会社からもらっていなかった。金になると感じた古美門は、AJISAIカンパニーに蘭丸を潜入させ、冷遇を受けていた田向に会社を訴えるようたきつける。古美門の思惑通り、田向は古美門法律事務所へ依頼に訪れる。著作権侵で会社を訴える田向。会社側から弁護の依頼を受けたのは羽生だった。古美門は蘭丸を使い、他のキャラクターを創出した社員もたきつける。結果、田向側が裁判に勝ち、特許料を受け取る。

古美門法律事務所に嶋澄江が息子の嫁・北条愛子についての相談にやってくる。古美門は寝ていたため、黛が相談を受けることになる。澄江によると、愛子は息子の悟のほかに複数の夫を持つ"一妻多夫"を営んでいて、悟もそれを了承しているらしい。黛は澄江に羽生の事務所「NEXUS」を紹介する。その後、澄江が自分たちのことで弁護士に相談していることを知った北条は、悟を含む3人の夫を引き連れて古美門法律事務所に訪れる。北条たちは自分たちの仲が引き裂かれないよう古美門に弁護を依頼する。法廷で羽生は、子供の幸せをためだと言い、悟の元妻に子供の親権を委譲するように求め、悟と北条との関係を切り離そうとする。また悟以外の夫たちに対しては、過去に好きだった女性と引き合わせ、北条から乗り換えさせようとする。羽生は申し立てを取り下げる条件として、愛子に3人の夫たちとの内縁関係の解消を求める。愛子は3人の夫たちとの内縁関係の解消を受け入れる。勝利を確信した羽生は、黛をNEXUSに誘うも、彼女はまだ裁判を諦めていなかった。古美門は蘭丸を使い、愛子の夫たちが愛子のもとに戻るよう仕向ける。内縁関係を解消したはずの愛子たちが関係を戻していることを知り、古美門法律事務所に出向く羽生。愛子たちは、養子縁組として新しい関係を築いていた。その後、古美門は黛の成長させるため、あえてクビを宣告する。

古美門法律事務所をクビになった黛は、かねてより誘われていた羽生の事務所「NEXUS」に入所する。NEXUSでアニメ制作会社・スタジオ小春日和のスタッフ・穂積孝の代理人を務めることになった黛。穂積は劣悪な職場環境の改善を求め、スタジオ小春日和の代表・宇都宮仁平を訴えたのだ。宇都宮側の弁護の依頼を受けたのは古美門だった。結果、古美門が勝利し、穂積は訴えを取り下げることになる。古美門は、黛を鍛えるためにNEXUSで彼女が担当した案件に対立する側の弁護人として法廷に立つのだった。

奥蟹頭にある「おざおざの森」は、世界財産として有名な場所だが、そこで世界財産の保持派と破棄派の住民が対立していた。
保持派の赤松鈴子たちは破棄派を倒すため、NEXUSに訴訟の依頼する。古美門に共同弁護を頼むため、古美門法律事務所に訪れる黛と羽生。奥蟹頭を訪れた黛たちは、鈴子たちから暖かく迎えられる。黛たちは、鈴子の案内で反対派の代表・赤松麻里奈に会いに行く。だが、麻里奈も弁護士を雇っていると言う。その弁護士は古美門だった。簡易裁判所で別府裁判長のもと、双方の調停が始まる。別府裁判長の意向で、古美門たちは「おざおざの森」に現場検証に向かうことになる。現場検証後に行われた調停で、別府裁判長は世界財産の保持or破棄を多数決で決めると言い出す。古美門は蘭丸を使い、若者たちを取り込み、世界財産登録の破棄へ投票を促す。一方、羽生は保持の票が破棄の票に流れないよう住民たちにお互いを監視させる。赤松恒夫1人の投票を残し、保持73:破棄74と古美門が優勢になる。恒夫は、鈴子の息子であり麻里奈の元婚約者だったが、田舎暮らしに嫌気がさして東京に上京していた。だが、羽生が恒夫を東京から呼び戻し、圧力をかけて保持に投票させる。さらに、羽生は恒夫を使い、麻里奈をたぶらかし、保持に変更させる。結果、保持75:破棄73になり、形勢は逆転して羽生は勝利を確信する。勝負はついたかと思われた矢先、古美門は蘭丸に封筒を持ってこさせる。封筒の中には、奥蟹頭を出た元住民に住民票を移させ、破棄に投票させた紙が入っていた。保持75:破棄102で古美門の勝利となる。

安藤貴和と面会をする古美門と黛。安藤は運輸会社の社長・徳永光一郎を殺害し、その娘・さつきも殺そうとしたと語る。また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子を名乗る人物については、近所のオバサンだと言う。古美門は無敗記録を取り戻すため、彼女に死刑か無罪かを迫り、自分なら無罪にできると説得し、上告させる。公判初日を迎え、安藤側は古美門と黛、検察側は醍醐検事が立つ。古美門は、2審で安藤貴和が罪を認めたのは自暴自棄になっていたからだと主張するも、醍醐により否定されてしまう。裁判中、古美門の脳裏に醍醐との敗戦が蘇り、プレッシャーのあまり、その場に倒れ込んでしまう。その後、事務所で塞ぎ込んでしまう古美門。その頃、黛は徳永家の元家政婦・江上順子と接触し、証人尋問に立つよう説得する。その帰り道で、黛は死刑賛成派により集団暴行を受けて入院してしまう。黛が暴行を受けたことを知った古美門は、自分を奮い立たせて裁判に挑む。江上の証言により、安藤側が優勢に進める。安藤の目撃証言を並べる醍醐だが、古美門はその目撃証言の信憑性を否定した。結果、死刑判決は棄却され、地裁に差し戻しとなったのだった。その後、羽生のメモの誤字から、吉永慶子として安藤に接見したのは羽生であることに気付く。

死刑廃止論者である羽生は安藤を無期懲役にするため、彼女に古美門と黛を解雇するように指示を出す。羽生に秘密を握られている安藤は彼に従い、古美門と黛を解雇し、三木に弁護を依頼する。法廷では安藤側に三木が立ち、検察側には羽生が立つことになり、羽生は死刑ではなく無期懲役を求刑し、三木は情状酌量を訴える。その後の調査により、安藤の秘密を知ることになる古美門と黛。その秘密とは、徳永の娘・さつきの母親が安藤であるということだった。実は、さつきは父親が自分よりも安藤を愛していることに嫉妬し、彼女を殺害するためにスープに毒物を入れ、図らずも自分の父親を殺害してしまったのだ。安藤は娘を庇い、罪を背負うことにしたのだ。安藤に解雇された古美門と黛だったが、服部と蘭丸で民事訴訟を起こし、安藤を証人として出廷を求める。安藤を法廷に呼び出した古美門は、DNA鑑定結果を突きつけ、さつきと安藤が親子関係にあることを証明する。次の法廷では、安藤側に古美門、検察側に羽生が立った。古美門は安藤に不幸な事故だと主張させ、「毒物および劇物取締法違反」での処罰により決着を求めたのだった。それに対して検察側は、死亡しても構わないと思っての行動だったと主張する。結果、安藤側は無罪を勝ち取る。その後、羽生は自分を鍛える旅に出かける。一方、黛は古美門法律事務所に戻ることになった。

リーガルハイSP2

中原さやかの夫・淳は、東都総合病院でハイムリック・ルーゴル症候群の治療を受けていた。ハイムリック・ルーゴル症候群とは、全ての臓器を侵す全身性の難病である。だが院長・赤目義二の判断により新薬を投薬され、その後、心不全を起こし死亡する。夫を亡くした中原さやかは、たかりの弁護士・九條和馬に医療過誤訴訟を依頼する。東都総合病院に乗り込んだ九條だったが、病院側の弁護士が古美門であることを知り、逃げるようにその場を去る。だが、中原にたきつけられた九條は、医療過誤訴訟を依頼する受け、古美門に宣戦布告する。

九条は三木法律事務所を訪れ、三木に協力を依頼するが断られてしまう。古美門は、自分が出るまでもないと黛に一任する。法廷で黛は、ハイムリック・ルーゴル症候群の治療の第一人者は赤目であり、当時は新薬の危険性が判明していなかったと主張し、優勢に進める。次の法廷で、看護師長・岡部知恵が証言台に立つ。九条は、岡部が赤目と愛人関係にあることを暴露し、古美門を引きずり出す。その後、一部週刊誌で赤目の愛人関係が報道されてしまう。

九条の戦いぶりを聞いた三木は、九条に協力する。三木の協力により、多くの証人を集めることができた九条。次の法廷で九条は、証人に中原側が有利になるよう証言させるも、ことごとく古美門に論破されてしまう。だが九條の狙いは、勝訴ではなく病院を貶め、経営を行き詰らせ、敗北を認めさせることだった。次の法廷で、九条は裏金問題を暴露し、病院側を追い込む。マスコミが一層騒ぎ出したことから若手内科医・広瀬史也は、和解を提案するが赤目は拒否する。

次の法廷で、証言台に立った中原は、赤目の人間性に問題があると主張。一方、古美門は中原の男性関係を明かし、何度も慰謝料をもらっていたと暴露する。また、裁判の件で会っていただけの九条と中原を、まるで男女の仲であるかのように話し、証拠の写真をばら撒く。以前は慰謝料目当てだった中原だが、今回は慰謝料目当てではなかった。マスコミの興味は、九條と中原の男女の仲に移行する。次に法廷で証言台に立った広瀬は、新薬の危険性を知っていたと話し、全て主治医である自分の責任だと中原に謝罪する。

後日、広瀬は院内の理事会に呼び出される。理事会の満場一致で院長から赤目を更迭させ、新院長に広瀬が抜擢される。そして、古美門を解任し、三木に弁護を依頼することになる。古美門は赤目個人に雇い直させ、不当人事で病院を訴え、院長に返り咲かせ裁判を続行させようとする。

赤目邸に訪れた古美門と黛は、倒れていた赤目を発見する。赤目が危篤状態となり、打つ手を無くす古美門。その頃、黛は赤目が新薬について調査した膨大な資料を見つけ出す。黛は広瀬に資料を見せ、赤目のどういった人間だったか追求するべきだと説得する。広瀬は三木を解任し、古美門と黛に再度弁護を依頼する。法廷で古美門は、赤目がデータに基づく事実を言っていたと結論付け、落ち度は無いと主張。一方、九條は赤目が患者と向き合わない最低の医者だと主張。結果、原告の請求は棄却となり、病院側の勝訴となる。

『リーガルハイ』の登場人物・キャラクター

古美門法律事務所

古美門 研介(こみかど けんすけ)

84bfbc6045cf8e7915c3258952426b15

キャスト:堺雅人(幼少期:坂口湧久)

本作の主人公。鹿児島県出身。人格破綻者だが敏腕弁護士。葉巻とワインをこよなく愛する。乗りもしないヘリコプターやクルーザーを購入するなど無駄に金を使っている。バイオリンを弾くが、その腕は一向に上達していない。贅沢な生活に染まっているため、田舎暮らしが大嫌いである。依頼を受ける条件は、自分にあった報酬と勝てる見込みのあること。真実の追求よりも勝つことを優先する。離婚裁判とハイパーメディアクリエイターの案件はいくら金を幾らもらっても引き受けないと豪語している。以前、三木法律事務所に所属していて実力も申し分なかったが、金になる案件を選び、強引に勝ちに持ち込む手法が三木との対立を生み、三木法律事務所から追い出された。

黛 真知子(まゆずみ まちこ)

Techdou20131017 213144 thumb 468x263 5988

キャスト:新垣結衣(幼少期:畠山紬)

本作のヒロイン。神奈川県横浜市青葉区出身で早稲田大学法学部卒業。正義感の強い性格から、古美門に「朝ドラのヒロイン」と比喩されている。かなり音痴だが、本人は全く自覚がない。酒癖が悪く、酔うと態度が大きくなる。三木法律事務所から古美門法律事務所に移籍する。第2期では古美門法律事務所からNEXUSに移籍する。古美門からはポンコツや無能、超合金などと呼ばれ、バカにされている。ギャンブルの才能があり、古美門を驚かせた。依頼人のために立替えた弁護料3000万円は未だ古美門に返済できていない。

加賀 蘭丸(かが らんまる)

9375c85a 5172 4fcf 8110 ed19b235698c

キャスト:田口淳之介

古美門のスパイ。「草の者」の異名を持つ。本職は売れない俳優で、子役の安永メイから演技の駄目出しをされている。過去に事件を起こして窮地に陥っていたところを古美門に助けられる。古美門に仕事ぶりを高く評価されている。相手の弱点を探るなどして裁判に有利となる情報を得たり、相手側を攪乱するなどの裏仕事を引き受ける。

服部(はっとり)

By9gwxociaaydxh
keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents