北斗の拳(Fist of the North Star)の名言・名セリフまとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。
主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

忘れはせぬ、おまえもまたよき強敵(とも)シンと同じくおれの中に生き続ける

ラオウによって突かれた秘孔「新血愁」によって死亡した南斗水鳥拳の使い手レイに向けたケンシロウの胸中を表したセリフ。
一度は拳を交え、行動を共にし続けたレイとケンシロウ。二人の間には言葉にせずとも確かな友情があったのだ。

ゆけ!ケンシロウ、そして時代をひらけ!!私はいつもおまえを見ているぞ

南斗白鷺拳の使い手、仁星の男・シュウのセリフ。シュウはかつてケンシロウの修行時代に自身の視力と引き換えにケンシロウの命を助けた事がある。
聖帝サウザーとの戦いで、人質100人の命と引き換えに巨大な石碑を聖帝十字陵の頂上へと運ぶ事になったシュウ。見事運び切るも全身に弓矢を受けてしまう。満身創痍の中、光を失ったはずの視力が回復し、成長したケンシロウの姿を目にする。その成長した姿に自分の行動が間違っていなかったと確信したシュウが絶命の間際にケンシロウへと放った言葉である。

愛などいらぬ!!

南斗鳳凰拳の使い手、将星の男・サウザーのセリフ。
孤児であったサウザーは、南斗鳳凰拳の伝承者として師匠となるオウガイに拾われる。厳しい修行ではあるものの深い愛情を持って接していたオウガイを父のように敬愛していたが、南斗鳳凰拳継承の儀の際に師であるオウガイに目隠しをした状態で今から戦う相手を殺せと命じられる。見事敵を討ち果たしたサウザーだったが、目隠しを外すとそこに倒れていたのは師・オウガイだった。師を殺すことが南斗鳳凰拳継承の条件と知ったサウザーは涙したのだった。これは、深い悲しみと苦しみに襲われたサウザーの衝哭の言葉である。

ひ…退かぬ!!媚びぬ!!省みぬ!!帝王に逃走はないのだ!!

南斗鳳凰拳の使い手、将星の男・サウザーのセリフ。
ケンシロウに追い詰められ、もはや勝負はついたと見られた時に言い放った言葉である。
南斗最強という自負と自らを聖帝と名乗るプライド、南斗鳳凰拳には防御という概念がなく、ひたすら攻撃に特化した拳であるという思想のもと、制圧前進を良しとしてきた姿勢からくる一種の帝王学の極地ともいえるセリフである。

語感の良さから作中でも有名なセリフの言葉であり、ネット上などでは一部を改変されつつも何かに対するコメントなどに多く引用されている。

ケンシロウ、この魂はお前に残そう。そしてこの肉体はラオウとの死闘に捨てよう!!

ケンシロウの義兄、北斗四兄弟の次兄・トキのセリフ。
ケンシロウと手合わせを終え、ラオウに挑まんとするトキがケンシロウに放った言葉である。魂を義弟あるケンシロウに託し、ただの一人の拳士としてかつて目指した長兄ラオウに命をかけて挑む。

き…きかぬ、きかぬのだ!!

ケンシロウの義兄、北斗四兄弟の長兄・ラオウのセリフ。
北斗四兄弟の次兄にして、ラオウの実の弟であるトキの攻撃を受けて放った言葉である。柔の拳を得意とするトキが見せたラオウと同じ剛の拳は、ラオウには効かなかった。病に侵され弱った拳ではラオウを討ち倒すことはできないと知りながらも、憧れ、目標としてきた兄・ラオウ剛の拳をあえて使った。命をかけるトキに対しラオウはかつての幼き頃の修行の日々を思い出し涙したのだった。

雲ゆえの気まぐれよ

南斗五車星の一星「雲」の拳士・ジュウザのセリフ。
世捨て人同然の生き方をしていたが、南斗六聖拳最後の将(ユリア)に乞われ、ラオウと対峙した際にラオウから「なぜ動いた」と問われた言葉に答えた一言である。初めはラオウの野望を阻止しようとする南斗の軍に協力せずいたが、南斗六聖拳最後の将は自身の幼馴染、かつて恋心を抱き、腹違いの妹であったユリアがその正体であると明かされる。ジュウザは妹・ユリアのために命をかけてラオウへと挑むことを決意したのだった。

これまでのキャラクターと違い、シリアスな性格ではなく、自ら雲を自称するように自由奔放でくだけた性格ながら愛する人のために戦いを挑む男らしさも兼ね備えているため、出番は少ないながらもファンとなった読者も多い。

フ…フフ、見事だ弟よ!!

ラオウが自らを打ち破ったケンシロウに向かって放った言葉である。
長かったラオウと戦いが終わった瞬間であり、兄弟が和解した瞬間でもあった。

我が生涯に一片の悔い無し

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

北斗の拳(Fist of the North Star)の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents