魔法陣グルグル(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法陣グルグル』とは1992年から2003年まで月間ガンガン(エニックス出版、現在のスクエア・エニックス出版)に掲載された衛藤ヒロユキによるギャグファンタジー漫画。本作を原作としたアニメ、ゲーム、スピンオフ作品が多数存在する。
舞台はドラゴンクエスト風ファンタジー世界。なりゆきで勇者となった少年ニケ、伝説の魔法「グルグル」を使う少女ククリが、さまざまな試練を「ギャグ」で乗り越えて行く姿を描く。

闇魔法グルグルの力の根源。
各大陸に一体ずついる。
物語序盤では、ククリが魔神の力を得てグルグルの魔力を成長させていたが、物語後半ではククリ自身が魔神を創造することができるようになった。

『魔法陣グルグル』の名作回

「キタの町1、2」 1巻 5章6章

スピンオフの主人公にまでなった、キタキタおやじ初登場の回。
勇者ニケ、魔法使いククリの旅で最初に到着した町がキタの町。その町はモンスターに呪いをかけられており、霧がかかり、草が茂り、荒れていた。
そんな中、突如現れたのがキタキタおやじ。
襲撃してきたモンスターに「わしが勇者だ!」と踊りで立ち向かうも全く役に立たなかった。
しかも人質として(ククリら女の子のついでに)さらわれる。
1巻の時点で濃いギャグキャラクターとして登場し、最後の魔王ギリとの決戦まで踊り続けた、キタキタおやじの衝撃的な登場回。

「100話記念オマケマンガ」 11巻

全16巻、アニメ化もされ1200万部以上も売れた大人気作『魔法陣グルグル』、その制作秘話がこの『記念オマケマンガ』。
作者の衛藤ヒロユキ自らがキャラクターで登場し、『魔法陣グルグル』の制作現場からプロットまで公開している。
制作現場は「紙、イス、筆記用具」のみ。プロットは「RPG風ギャグ 内容=なんかこう グルグルなかんじ」だけ。

しかし、そこから生まれたのが『魔法陣グルグル』だ。

衛藤ヒロユキ自身が「データ化できないもの。よくわからないもの。そういうものを書きたい!」と熱く語っており、『魔法陣グルグル』の根本的な部分が見えてくる。そんな贅沢なオマケ回。

「天界へのパスポート2」 16巻 157章

勇者ニケ、魔法使いククリと魔王ギリとの最終決戦。そこで魔王ギリを打ち倒し、ククリはついにニケに告白。1章から続いた二人の旅がここで終わる。
こののち、世界は再び平和になる。二人は天界へ行き、ククリは死別したパパ、ママに会える。
ギャグ漫画の最後の最後はククリの真剣な告白だった。

『魔法陣グルグル』は文句なしの大円団で幕を閉じる。

だが、平和で安全な天界は退屈で、ニケとククリにはものたりない。
二人はミグミグ族の生き残りと下界に戻り、かつての仲間たちと合流し学生になる。
そして魔王ギリはたった2週間で復活し、『魔法陣グルグル2』へと物語は繋がって行く。

『魔法陣グルグル』の名言・名セリフ

「ハァ~さっぱり、さっぱり!」

本作では「さっぱり」な場面ではメタ的に「さっぱり妖精」なるキャラが登場し、「ハァ~さっぱり、さっぱり!」とツッコミを入れる。
しかしこの姿は作中の人物には見えず、さっぱりである。
ただしグルグル使いだけは別で、「さっぱり妖精召喚」で任意に呼び出し、相手の頭上でさっぱり妖精を踊らせることにより、何をやってもさっぱりダメな意識にし、相手を無力化できる。

「勇者様」

ヒロインのククリは会ったこともない勇者ニケに、最初からベタ惚れをしていた。これはジミナ村で魔法オババとほぼ軟禁状態で暮らしており、ククリが魔法オババの家を出られるのは勇者が迎えに来た時だけ、と言われていたことが一因。
ただし実際にニケに出会ってからは、より強く慕い、「勇者様」と呼び始める。『魔法陣グルグル』は全巻を通し、ニケとククリの恋愛物語でもある。
ククリのかなり一方的な恋心がギャグとして、また終盤には魔王ギリ打倒の鍵として描かれている。

「意味のない行動」

「ただし魔法は尻から出る」「ザムディン!!」「ギャップリャ!」など名言・珍言が多い本作。
しかし全て「意味のない行動」だ。
センス抜群のギャグで笑えるのだが「意味はない」。

『魔法陣グルグル』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ドラゴンクエスト四コマ漫画劇場

作者の衛藤ヒロユキは大ヒットRPGゲーム『ドラゴンクエスト』のパロディ漫画『ドラゴンクエスト四コマ漫画劇場』出身作家。
本作『魔法陣グルグル』の随所に(ナレーター・ウィンドウで、ドラゴンクエスト風の「魔物が現れた!」「アイテムを手に入れた」等を出す)などRPGの影響が見られる。
そもそもプロットの「勇者が魔王を倒す旅」はドラゴンクエスト。

四コマ漫画劇場出身作家には、『南国少年パプワくん』の柴田亜美や、『まもって守護月天!』の桜野みねね、『ロトの紋章』の藤原カムイがいる。

スピンオフ漫画と続編

『魔法陣グルグル』の連載開始は1992年。完結は2003年で1200万部を売り上げている。
その人気は根強く、のちにキタキタおやじを主人公としたスピンオフ漫画『舞勇伝キタキタ』が2008年から連載開始。
さらに2012年には『魔法陣グルグル2』が連載開始された。
稀に見る長寿漫画である。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents