赤髪の白雪姫(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『赤髪の白雪姫』とは、あきづき空太による少女漫画作品。白泉社LaLa DXで連載された後、LaLaに移籍。単行本は17巻まで刊行中。2015年7月よりテレビアニメ1stシーズンが放送され、2016年1月より2ndシーズンが放送された。生まれつき赤い林檎のような美しい髪を持つ少女白雪が、その珍しい髪色のせいで生まれ故郷を出ることになり、辿り着いた隣国で運命を切り開く物語。

身分証

ウィスタル城で働く者たちが持つ身分証。銀のプレートにクラリネスの紋章と職業名が刻まれている。首から下げられるようになっている。

称号「王家の友人」

白雪がタンバルンのラジ王子から贈られた称号。白雪は王族と繋がりを持つのに少々身軽すぎると、ラジ王子が心配し、身も守る盾として贈られた。もとは、海賊に攫われた白雪を助けるためにラジが作ったその場限りのはったりだったのだが、ラジが父王に進言し認められた。
白雪はこの称号により、タンバルンの国賓になり、イザナの戴冠式とその後の夜会に、まだ妃のいないラジ王子とともに出席した。

山の獅子(やまのしし)

タンバルンの山奥で盗賊退治や護衛などをしながら生活する自警団。大将は白雪の父の武風が務めている。ラジ王子のせいで国を追われた白雪を探していた武風のために、山の獅子メンバーの鹿月とイトヤがタンバルンの王城に来ていた白雪を誘拐した。その後、海の鉤爪に鹿月と白雪が攫われ、武風はゼンと手を組み白雪を救出した。

海の鉤爪(うみのかぎづめ)

タンバルンの海域で勝手に通行料をぶんどったり、上陸審査の監察を潜り抜ける為などの裏取引をする賊。扱うものは金だけでなく何か能力に長けた者や器量のいい者、目を引く容姿の者など人身売買にも手を染めている。山の獅子とは敵対しており、彼らが狙う白雪を手に入れ、彼らを黙らせようとした。洞窟に根城があったが、没落した巳早の家とも取引があったため、巳早からゼンに情報が提供され、ゼンと山の獅子によって根城を潰され捕縛された。

煌晶石(きしょうせき)

他の鉱物では見られない特徴を持ったものの総称。例えば、熱を溜める、水に浮く、夜になると光を反射するなどの様々な性質がある。しかし、どれも微弱、あるいは持続されない為利用価値は低いとされている。
白雪たちは合成熱煌晶石を作成し、毒の無いオリンマリス研究に役立てようとしている。そのために、煌晶石学者・ラタの協力を仰いだ。

『赤髪の白雪姫』名言・名セリフ/名シーン・名場面

赤ってのは運命の色のことを言うんだろ

タンバルンのラジ王子の愛妾候補とされた白雪だったが、それを拒否する形で国を出た。そこで会ってともに過ごすようになったゼンに国を出た理由を説明した時にゼンが言ったセリフ。「赤ってのは運命の色のことを言うんだろ、今は厄介なだけでも案外いいものにつながってるかもしれないぞ」
珍しい赤い髪のせいで厄介なことに巻き込まれてしまった白雪にとって、ゼンのこの考えは思ったこともない考え方だった。新しい国での生活に希望が持てるようになる名言。

引用:赤髪の白雪姫 1巻

ゼンを助けるためラジの言いなりになろうとした白雪をゼンが助けに来たシーン

白雪に毒林檎を口にさせ動けなくなったところを連れ去ろうとしたラジ。しかし毒林檎を口にしたのはゼンだった。ゼンを助けるため白雪はラジの言いなりになろうとしたが、そこを救ったのは毒に倒れたはずのゼンだった。しかも、隣国の王子の名を語っている。ラジにとっては友好国クラリネスの王子を毒殺未遂したことになり、大変な失態をしでかしたことになる。これを見逃してもらう代わりに白雪に二度と関わらないことを約束させられた。
強気で前向きな白雪もゼンという人質がいたのでは屈するしかなかった瞬間に、その本人が毒に侵されながらも助けに来てくれた名シーン。
自分の存在がゼンにとって毒になってしまったと嘆く白雪にゼンは「お前が自分で向かった森に俺がいて関わりを持って互の身を守ろうとした。それがこの場限りの毒かこれからのつながりかお前が決めればいい」と言った。ゼンのすごい考え方は白雪にとって新鮮で、これからもゼンの国でゼンの行くすえを見てみたいと、クラリネスで暮らすことを決めた。

引用:赤髪の白雪姫 1巻

俺はミツヒデと木々が隣にいて自分の立ち位置を見失わず前を見られる、向かい合っていたいと思う者がいるからそいつに背を向けられるような奴にはならないと思える。

ラクスド砦の武器を奪った盗賊たちに向かっていく時にゼンが語った名言。ミツヒデや木々、白雪に向けての感謝の言葉。側近たちや白雪がいるから自分は王子としての立場を忘れずにいられ、前を向いていられる、というゼンの驕らない素直な気持ちをミツヒデたちに語った。

引用:赤髪の白雪姫 2巻

でしたら、故郷の王子があなたで良かったと思えるくらいの方になって下さいよ。礼を欠こうがそう願います。タンバルンで生まれた者として

クラリネスの第1王子イザナに招待されウィスタル城に招かれたラジ王子。今までわがまま放題、国も知らず人も知らず我が道をまっしぐらの巷で評判のダメ王子だったラジは、白雪のこの言葉で今までの考えを改め、国政に目を向けるようになった。今まで誰が何を言っても聞かなかったラジ王子を変えた白雪の名言。
この一言でタンバルンでのラジの行動が変わり、タンバルン王家ではこの言葉を言った白雪に興味を持ち始める。

引用:赤髪の白雪姫 3巻

ゼンと白雪の想いが通じ合ったシーン

鳥の考試の時、ゼンが本心では動けない時は自分が全力でそんな目には遭わせない、と砦の最上階から湖に飛び込んだ白雪。ゼンがキハルを助けたいという本心を察し、それを助けるために無茶をして怪我までした白雪に想いが溢れゼンは白雪にキスをした。それ以来ゼンを意識してしまいゼンを避けてしまう白雪だが、オビにきっかけを貰いゼンと2人で話し合う機会を得た。その時に、白雪はゼンに自分の気持ちを告白した。「ゼンのことが好きです。ゼンがすごく大事で 尊敬してて 力になっていきたいのに…こ、恋もしてるってわかって…っだ、だから 今までと同じように ゼンを見ていたいって思うのが望んでいい事なのかわからなくて…」そう告白した白雪にゼンは「…俺も望んでいるよ。白雪、俺の持つ王族の称号はおまえを守るものではないかもしれない。おまえが俺にくれるものをどれだけ返せるかわからないが、それでも俺は、おまえとこの先共にありたい。そばにいてほしいと願っている。おまえとの出会いにかけて互いの望みを俺自身が守り抜く。その為に…おまえに力を貸して欲しいというのはおかしな話かもしれないが、おまえは確かに俺に強さをくれる。だから、この手を取ってもらえないか」と言う。王族と平民。身分差のある2人にはまだまだ障害が数多く立ち塞がるが、それでも共にありたいとゼンも告白し、白雪はゼンの手を取った。ゼンの身分に惹かれて近寄る輩も多い中、自分の手を取ってくれた人間を信じることができるのかと、かつてのゼンは思っていたが、白雪の行動はそれが本心であると心から信じられる。そのような相手に巡り会えたことに喜びを感じるゼンだった。身分など関係なく、心惹かれた2人の思いが通じ合った名シーン。

引用:赤髪の白雪姫 4巻

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents