赤髪の白雪姫(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『赤髪の白雪姫』とは、あきづき空太による少女漫画作品。白泉社LaLa DXで連載された後、LaLaに移籍。単行本は17巻まで刊行中。2015年7月よりテレビアニメ1stシーズンが放送され、2016年1月より2ndシーズンが放送された。生まれつき赤い林檎のような美しい髪を持つ少女白雪が、その珍しい髪色のせいで生まれ故郷を出ることになり、辿り着いた隣国で運命を切り開く物語。

CV:三瓶由布子

ウィスタル城最年少薬剤師。12歳。ガラクの弟子で10歳の時に彼女に声をかけられ城に入った。読んだり書いたりする姿勢は悪いが目はかなりいい。
大きい紙が大好き。白雪の上司だが年下なので「白雪さん」と呼んでいる。はじめ白雪がリュウに敬語を使っていた時、年下なのだから変だといい、白雪は名前だけ「リュウ」と呼ぶようになり、話し言葉は敬語を使っている。
口数が少なく、人付き合いが苦手。植物の毒にも詳しいため、人体実験でもしているのかと一部の人からは疑われ、診察を拒まれたこともあった。
一日中薬事・薬学の研究している。一度集中すると声をかけられてもなかなか気づかない。集中力が途切れると机の下で寝てしまう。
後に白雪とともに2年の期限でリリアスに赴任。薬剤師兼研究員として活躍、オリンマリスの研究に励み、毒のないオリンマリスを作ることに成功した。リリアスの任期が終了後、北のウィラント城の薬室に赴任予定。
白雪と出会った頃は白雪を見上げるくらいの背しかなかったが、リリアス赴任中に同じくらいの背にまで成長した。

ガラク・ガゼルト

CV:甲斐田裕子

ウィスタル城の薬室長。薬学の本を出すなど名の知れた人物。サバサバした性格の女性。薬酒の試飲だと言って強い酒にすり替えたりして、隙あらばやんちゃをするので、助手の八房はいつも振り回されている。仕事に追われると性格が変わるが、美味しいお茶で元に戻る。リリアスの薬剤師・シダンとは昔馴染み。

ヒサメ・ルーギス

セレグ騎士団副団長。ルーギス伯爵家の次男。家督を継ぐ兄に従って生きるよりセイラン家の婿になった方が良いと木々のセイラン家に縁談を申し込んだが、木々の父により断られた。それを不服に思い、木々に結婚を賭けた決闘を申し込んだ。その際、木々とミツヒデに敗れた為、ミツヒデとは犬猿の仲。

キハル・トグリル

CV:斎藤千和

クラリネス王国管轄、ブレッカ子爵領のユリス島に住む少女。胡桃石の笛を使い、島に生息する羽の美しい珍しい鳥を操る技を持つ。ブレッカ子爵に理不尽に鳥を狩られ鳥の保護を求め王城にやってきた。考試により伝達手段として鳥を用いることが決まり、鳥の保護が決定した。以降鳥使いの訓練を王城で行っていた。
白雪が誘拐された時、愛鳥ポポとともにタンバルンに同行し、白雪救出に尽力した。

ラジ・シェナザード

CV:福山潤

白雪が生まれた国タンバルン王国の第1王子。色町で言葉を覚え、金貨を食べて育ったとされる、巷で評判のバカ王子だった。白雪を愛妾として迎えようとするが、白雪に逃亡され、逃亡先に毒林檎を送り、動けなくなったところを拉致しようとしていた。しかし、毒林檎を口にしたのは隣国クラリネス王国の第2王子ゼンだった。隣国の王子毒殺未遂を見逃してもらう代わりに二度と白雪に近づかないこと、名を口にしないことを約束させられた。
その後、クラリネス王国第1王子イザナから招待されウィスタル城に滞在した際、偶然白雪と再会し、彼女から言われた言葉が心に響き、以来、白雪やゼンと真剣に向き合うようになった。
タンバルン王国に帰還後、白雪に世話になった気になり、白雪を夜会に招待するが、白雪をつけ狙う者に白雪が誘拐されてしまった。白雪救出作戦中に、海の鉤爪に対し白雪が「王家の友人」という称号を持つ者だと口からでまかせを言ったが、後に父の承諾を受け、正式な称号として白雪に与えた。

武風(むかぜ)

CV:大川透

タンバルン王国の自警集団「山の獅子」の大将。白雪の父。自分が死んだと白雪に伝えるように白雪の祖父母(母方)に頼んであったのだが、白雪の祖父母が営む酒場に武風が訪れた時、こっそりと教えてもらった白雪が穴が開くほど武風を見ていて、生きている事を知っていた。
西の方の地主の一族だったが、婚約者(白雪の母)を叔父に奪われそうになり、取り返したところ、故郷を追放となった。逃げ込んだ先で出会った当時の「山の獅子」に2人で世話になり、しばらくして白雪も生まれたが、白雪の母が亡くなり白雪を母方の祖父母に預けた。
白雪が国を追われたことを知り、白雪の行方をずっと探していた。

鹿月(かづき)

CV:國立幸

「山の獅子」のメンバー。薄茶色の髪をポニーテールにした美少年。かつて「山の獅子」と敵対していた「海の鉤爪」という海賊の船に乗っており、その美しい外見のせいで貴族に売られ、過酷な目にあった過去がある。その為貴族嫌いで、ラジのせいで国を追われた白雪に自分を重ね、「山の獅子」で守らなければと貴族のもとから連れ去ることを決めた。白雪の意思も聞かず行動したことを後に白雪に謝罪している。
その後は白雪と交流を続けている。

イトヤ

CV:浅沼晋太郎

「山の獅子」のメンバー。左目の下に傷がある。オビに匹敵する強さを持つ。

巳早(みはや)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents