BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

解号は「万象一切灰燼と為せ『流刃若火』」。焱熱系最強にして最古の斬魄刀。
刀身が炎に包まれ、刀を振るえば周囲は炎の海に包まれる。
その絶大な熱量は空気中の水分を減らし雲をもなくす。遠くにいた人物も流刃若火の発動を感じ取った。

残火の太刀(ざんかのたち)

卍解と同時に焼け焦げた刀が出現する。それは始解時に纏っていた炎を小さな刀に押し込めているためである。
その力は凄まじく、この刀の一太刀を物理的に止めることは不可能で、その刀身は全てを消し去る。
発動と同時に空気中の水分がどんどんなくなり、異常乾燥を起こす。長く発動すれば元柳斎の体をも蝕み、死に至る。「残火の太刀」が発動している間は、その熱量のために日番谷の氷雪系の斬魄刀「氷輪丸」は使えない。

1500万度の炎を纏い、相手の攻撃を無効化する「残日獄衣(ざんじつごくい)」、元柳斎が今まで切った者の骨に熱を与えて従える「火火十万億死大葬陣(かかじゅうまんおくしだいそうじん)」、熱を集中させ凄まじい切れ味を誇る「旭日刃(きょくじつじん)」、遠くの敵を切り裂く「天地灰尽(てんちかいじん)」などが使える。

雀部長次郎忠息(ささきべちょうじろうただおき)

厳霊丸(ごんりょうまる)

雀部の始解。解号は「穿て『厳霊丸』」。
レイピアのような刀身が伺える。一護に瞬殺されたのでその力の程はわからない。

黄煌厳霊離宮(こうこうごんりょうりきゅう)

雀部の卍解。能力解放時に上空に向けて厳霊丸から雷を放ち、上部と下部に雷の帯が伸びた霊子を上空に形成し、手の動きに合わせて落雷を繰り出す。
日番谷の「氷輪丸」と同様、解放時に天候を支配することができる。
以前から修得してはいたものの、その後2000年もの間使用されておらず、雀部を殺した「星十字騎士団」の一人・ドリスコールが奪い、元柳斎戦で使用された。

京楽春水(きょうらくしゅんすい)

花天狂骨(かてんきょうこつ)

春水の始解。解号は「花風紊れて花神啼き 天風紊れて天魔嗤う『花天狂骨』」。
尸魂界でも珍しい両手剣の斬魄刀。花天狂骨が決めた遊びのルールに強制的に参加させられる。これは春水も対象になっている。ルールは「影鬼(影を踏まれたら負け)」や「嶄鬼(高いところへ行った方が勝ち)」などがある。

花天狂骨枯松心中(かてんきょうこつからまつしんじゅう)

男と女の心中物語に引きずりこむ。春水を女、敵を男と見立て、心中物語が進んでいく。
愛し合っていた人組の男女がいたが、男は女を傷つけてしまう。女は男を恨み、その怨念から男は病に伏せてしまう。そして女は男と入水自殺をしようとするが、男は抵抗する。抵抗を受けた女は糸で男の首を切り、殺害する。これが心中物語のあらすじとなっている。
強制的に引きずり込まれるので、防ぐ手立ては無い。非常に強力だが、発動時に範囲内にいる者は味方であろうとも強制的に役者の一人となってしまう。

一段目・躊躇疵分合(ためらいきずのわかちあい)
春水が負った傷を相手にも負わせる。

二段目・慚愧の褥(ざんきのしとね)
春水を攻撃したものを癒えぬ病にかける。

三段目・断魚淵(だんぎょのふち)
春水もろとも深い水の底へ沈められる。霊圧が尽きるまで脱出することはできない。

〆の段・糸切鋏血染喉(いときりばさみちぞめののどぶえ)
霊圧の糸で喉を切られる。

砕蜂(そいふぉん)

雀蜂(すずめばち)

砕蜂の始解。解号は「尽敵螫殺『雀蜂』」。
右手の中指に長く伸びた爪が装備される。この爪で攻撃されるとその箇所に「蜂紋華(ほうもんか)」という紋章が刻み込まれ、もう一度その箇所を攻撃されると死に至る。

雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents