Dofus(ドフス)のネタバレ解説・考察まとめ

「Dofus」とは、フランスのANKAMA社が開発運営するMMO RPGのことである。
Adobe Flashを用いた2Dのターン制のシミュレーションRPG。プレイは基本無料となっている。
プレイヤーたちは伝説のドラゴンが残した魔法の卵「ドフス」を求めて旅をする。

エニリプサ

正統派なヒーラー職。回復に特化しており攻撃性能はやや低め。
回復スペルはエニリプサのみが持つ。他のクラスは「ダメージが回復として扱われる武器」を装備するか、もしくはダンジョンギミックによる回復しかない。

イオップ

近接火力職。豊富なダメージバフと威力の高いスペルにより高い火力を誇る。攻撃という行為に特化しており、それ以外の性能は並程度。
近接攻撃を得意としていて遠距離攻撃には乏しいが、剣を用いてジャンプして移動することにより敵陣に飛び込み近接攻撃を仕掛けることができる。

クラ

長距離攻撃特化のアタッカー。全クラス中トップの射程を誇る。その反面、敵に近接されると弱いという典型的な遠距離攻撃クラスである。
射程が長い代わりに火力には乏しい方だが、「使用した後、リキャストタイムが明けた直後のターンのみ威力が跳ね上がる」効果のスキルによって火力を補うことが可能。いわゆるロマン砲というようなスペルではあるが、打ち続けることができれば火力はトップクラスになる。

サディダ

味方の支援と敵の妨害が得意なサポート職。人形を召喚し、それを使役して様々な効果を与える。
オサモダスの召喚物と同じく指示を与えることはできない自立型で攻撃も移動もAIで行う。敵が設置したダメージゾーンを避けることもしない。
そのためパーティプレイでは思わぬ位置に移動してしまい邪魔になることもある。

サクリエール

身代わりになることで味方を攻撃から守るタンク職。
同じく防御型のクラスであるフェカは「豊富な防御バフを用いてダメージを軽減する」のに対し、こちらは「ダメージを軽減することなく高いHPで受けきる」タイプの防御型タンク。
「刑」というスペルで「罰」というバフが付与され、「罰」バフによってステータスが上昇する。そのためダメージを受けるほどに攻撃の威力が上がっていくという仕組み。

パンダワ

敵味方の移動(いわゆる整地)に特化したクラス。
敵味方を持ち上げ、指定したマスに投げ飛ばすスペルが最大の特徴であり、パンダワさえいればフィールドの敵味方の位置は自由自在。
「Dofus」のマス目を使ったシミュレーション戦闘にとって整地能力はかなり重要である。特定のマスを踏むことで効果を発動させるギミックのダンジョンでは必須。

策士

ボムを使った間接攻撃などを得意とするアタッカー。
敵から逃げながら爆弾を設置し時間を稼ぎ、爆弾に威力アップのバフをかけ周到に準備をした後、一気に爆弾を爆破しダメージを与える戦法が得意。
爆弾による間接的なダメージが主な火力であり、爆弾を準備することができなければまともな攻撃力を発揮できない。

ゾバル

引き寄せ・押し出し・自己移動を伴う近距離攻撃を中心としたトリックスター。
それぞれ能力が異なる3つのマスク(仮面)を切り替え、自己強化とスペルの効果を使い分ける変幻自在のクラスである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Wakfu(ワクフ)のクラスまとめ

クラスとは、フランスのANKAMA社が提供するMMOやアニメで展開される「Wakfu(ワクフ)」やMMOの前作「Dofus(ドフス)」の種族のこと。 12の神のうちどれをどう信仰するかによって分けられており、信徒たちは自身が信仰する神に似た特徴的な格好をする。MMO版をプレイするプレイヤーたちも、キャラクター作成時にどれかのクラスを選択することになる。

Read Article

Wakfu(アニメ版ワクフ)のネタバレ解説・考察まとめ

「Wakfu(ワクフ)」とはフランスのANKAMA社制作のアニメーションのことである。同名のMMORPGと共通した世界観で、ポータルを使っての瞬間移動能力を持ったユーゴという少年が「本当の家族」を探すために様々な仲間に支えられながら旅をしていくストーリーとなっている。日本ではNetflixもしくはディズニーXDにて視聴することができる。

Read Article

Wakfu(ワクフ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

Wakfu(ワクフ)とはフランスのANKAMA社制作のアニメーションのことである。同名のMMO(オンラインゲーム)の世界観を元にオリジナルのストーリーが展開される。ショートムービーから漫画まで様々なスピンオフ作品が作られている。 2008年にフランスで第1期が放送、2017年7月23日にディズニーXDにて日本語吹き替え版の放送が決定した。

Read Article

目次 - Contents