テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia、TOL)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

キーキャラクター

ワルター・デルクェス

CV:櫻井孝宏

セネルの前に何度も現れ、シャーリィの身を執拗に付け狙う謎の青年。
頭にターバンを巻くなど、目立つ外見をしていることから、街の人々の間でその存在が噂になっている。

実は水の民の戦士で、当代のメルネスことシャーリィの親衛隊長となるべく努力をし続けてきたが、セネルに「シャーリィの兄」という形でその立場を奪われ、彼に対して激しい敵愾心を抱いている。
表向きはクールと平静さを装っているが、その本性は苛烈で攻撃的。責任感はあるが協調性を全く持たない。

キュッポ

CV:高橋美佳子

ラッコが進化した種族「モフモフ族」の一員で、ピッポ、ポッポの兄。
格闘家を職業としているため正々堂々とあることをモットーとし、曲がった事を大嫌いとする熱血漢。

ピッポ

CV:中山さら

ラッコが進化した種族「モフモフ族」の一員で、キュッポの弟でポッポの兄。
詩人を職業としており、繊細で紳士的な性格。

ポッポ

CV:羽多野渉

ラッコが進化した種族「モフモフ族」の一員で、キュッポとピッポの弟。
発明家を職業としており、マニアックな性格で何でも実験をしたがる。

エド・カーチス

CV:稲田徹

灯台の街ウェルテスの自称「顔役」で、相棒のイザベラと共にユニット「フェロモン・ボンバーズ」を組んで、噴水広場でよくリサイタルを開いている。

酔狂でお祭り好き、暑苦しくて騒がしい男で、歌を邪魔されると激怒し、聴いてあげるとご機嫌になったりと感情とリアクションの起伏の差が大きい(ノーマに「フェロボン」と何度も略称で呼ばれて落ち込んだこともある)が、歌の腕はかなりの前でファンも多い。
愛を至上のものとみなし、愛のために戦うことを生き甲斐とする熱血漢でもあるため、ウェルテスの平和を乱す者には容赦がない。
また、人類皆兄弟を信条とし、本当に知り合った人すべてを兄弟(兄妹)呼ばわりする。
実は大陸中央部に位置する大国「源聖レクサリア皇国」の近衛軍の総司令官で、ウェルテスのはずれに住む老婦人を演じる「聖皇」と呼ばれる皇国の君主ミュゼットの護衛と補佐を務めている。表向きはフェロモン・ボンバーズを演じながらも、彼女と共に遺跡船の力を求めて侵略行為にやってくる他国の牽制を行っているが、実質上、本業はそっちのけでユニット活動に走っている。

イザベラ・ロビンズ

CV:水城レナ

灯台の街ウェルテスの自称「顔役」で、カーチスの相棒としてフェロモン・ボンバーズ正規メンバーを務めている。セクシーな衣装とスタイルが特徴的な褐色肌の美女。

歌唱力は実はカーチスよりも上で、聴覚がすさまじく発達しており、「100人の声を同時に聞き分け、はるか遠くを飛ぶ虫の羽音も聴きわける」とカーチスも絶賛するほど。
フェロモン・ボンバーズとしてはノリノリでエネルギッシュな振る舞いを見せるが、その本質はカーチスとは正反対に冷静で丁寧なもので、ひとりでいる時は普通の人で、あまり目立たないということも。
正体は源聖レクサリア皇国近衛軍副官で、カーチスと共にミュゼットの護衛と補佐を務めている。

ヴァーツラフ・ポラド

CV:小杉十郎太

大陸西部に位置する王制国家「クルザンド王統国」の独立師団長にして、クルザンド王統国の第三王子。
傲慢かつ冷酷非情で常に人を見下した態度をとり、目的のためには手段を選ばず、さらに凶暴かつ好戦的な一面も持ち合わせていて自分の力に絶対的な自信を持っており、歯向かう者には一切の情け容赦を見せない。

紅を基調とした屈強かつ凶悪な雰囲気を漂わせる鎧が特徴的で、王子の身でありながらも自ら兵を率いて戦いに赴く闘将であり、20年前に独立師団を率いて初めて戦場に立ってからは、その名を国内外に轟かせた。
また、王家の正当後継者ではなく、長子が後を継ぐ習わしに納得していないため、武力による王位簒奪のために、強大な力を持っているメルネスの末裔とされるシャーリィを狙い続ける。

閃紅のメラニィ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)のネタバレ解説まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)のネタバレ解説まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth、TOR)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss、TOA)のネタバレ解説まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia、TOX)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2、TOX2)のネタバレ解説まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria、TOB)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents