ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』は任天堂株式会社が1996年に発売したSFC(スーパーファミコン)用のゲームソフトである。「ファイアーエムブレム」シリーズの4作目である。国家の陰謀に巻き込まれた父「シグルド」と、父の無念を晴らし仇敵の野望を阻止せんとする息子「セリス」の物語。

シレジア王国の王子。アグストリアでシグルドと出会い、以降は彼と行動を共にすることになる。
バーハラでの戦いを生き延びた後は各地を放浪していたらしい。セリスが解放軍を立ち上げてからは彼の参謀を務めることになる。

クルト

グランベル王国王子。病床の父であるアズムール王に変わって国を取り仕切っている。
ゲーム本編が始まるより昔、彼が当時のヴェルトマー家当主の妻であるシギュンに恋をしてディアドラが生まれたのがすべての始まりだった。
イザーク遠征のさなか、ランゴバルトとレプトールによって殺される。

アイテム

聖剣ティルフィング

シアルフィ王家に伝わる聖剣。12聖戦士の1人にしてシアルフィ家初代当主、聖戦士バルドの使用していたもの。
バイロンから渡された時は壊れているが、修理すれば非常に強力な剣となる。

ナーガ

ロプトウスに対抗する唯一の手段である聖なる魔導書。アルヴィスによってヴェルトマー城に封印されていた。

ロプトウス

暗黒神であり、その能力が込められた闇の魔導書のことでもある。
マンフロイからこれを渡された瞬間から、ユリウスは暗黒神そのものになってしまった。

用語集

ユグドラル大陸

今作の舞台となる大陸。中央に位置するグランベル王国を中心に物語は繰り広げられる。

子供狩り

ユリウスの命令のもとで行われている、その名の通りの行為。
さらってきた子供は暗黒教団のもとに送られ、兄弟であろうと友人であろうと憎み合い殺し合わせるように教育される。
そして生き残った子供を暗黒神ロプトウスの忠実な僕にするという非道極まりない行為である。

暗黒教団

暗黒神ロプトウスを祀る邪教団。シグルドの頃には水面下での活動が主だったが、アルヴィスが皇帝になって共存を図った事から本格的に活動を開始した。

小話

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents