クロノ・トリガー(Chrono Trigger)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

発売して20年以上経つ今でも根強いファンを持つ『クロノ・トリガー』。原始の時代から未来までつなぐ壮大な世界観で多くのゲームファンを魅了してきた。世界の破滅を防ぐ旅の中で、異なる時代を生きる個性的なキャラクターが多くの名言を残している。

自分をカエルの姿に変え、親友サイラスを死に至らしめた宿敵魔王と対峙するカエルと主人公パーティ。
魔王から「(カエルの姿になって)どうだ、その後の人生は?」と問われ、カエルはこの言葉で返す。
カエルはファンの中では「世界一かっこいいカエル」として有名であり、このシーンはそう言われる所以の1つである。

リオンの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「あんたの意志が、今、本当の強さをもったのさ」

親友サイラスが死に際に身を呈して自分を助けてくれた事にずっと負い目を感じていたカエル。この時の経験はカエルにとってのトラウマとも言え、その罪滅ぼしの為に戦っている面があった。
物語終盤でこのトラウマに関するイベントがある。カエルはサイラスの死と改めて向き合い、誓いと約束を果たすべく再び覚悟を決めた。それによりカエルの持つ聖剣グランドリオンは眩い輝きとともに覚醒する。
これはその時にグランドリオンの化身の1人であるリオンが言うセリフ。

エイラの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「長老 お前達 生きていない 死んでないだけ」

原始人の仲間であるエイラ。彼女たちは恐竜人と呼ばれる種族に支配されていた。恐竜人の支配に耐えかねたエイラが戦うことを村の仲間に呼びかけるが、恐竜人を恐れてその誘いを拒む長老たち。エイラはそんな長老達にこの言葉を厳しく放つ。

「アザーラ…忘れない」

アザーラが上記のように生き残ることを拒否し、滅びる運命を受け入れたのを受けて、エイラが去り際に残したセリフ。
弱肉強食の世界を生きてきたエイラだからこその優しさにプレイヤーは感動した。

アザーラの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「だめだ!これは、大地が決めたことだ!」

恐竜人の長、アザーラのセリフ。クロノとエイラはアザーラの城「ティラン城」に乗り込み、激戦の末、アザーラに勝利した。その時、宇宙から「ラヴォス」が飛来する。ラヴォスが落ちた衝撃でティラン城は崩れ始める。長年の宿敵ではあったものの、戦いには決着がついたことから「こい!アザーラ!こい!」とアザーラに対して共に脱出することを誘うエイラ。しかし、アザーラはこのセリフを言い、その誘いを拒む。種族の長として誇りを持ち、運命を受け入れるアザーラの最期に敵キャラクターながらもカッコよさを感じたプレイヤーは多い。

ハッシュの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「死んだ者を生き返らせる……今まで何人の人が、望んだ事だろうね。しあわせですな。クロノさんは……。こんなにも思ってくれる人達がいる……」

宿敵「ラヴォス」との戦いで主人公クロノは命を落としてしまう。仲間たちは希望を捨てず、時の賢者であるハッシュにクロノの生き返らせ方を尋ねる。これはそのときハッシュが言うセリフ。主人公が死んでしまい、パーティから離脱してしまうというRPGゲームとしては衝撃的かつ前代未聞の展開を実感する場面。

「それは、クロノ・トリガー……。 時の卵だ。 その卵をかえす方法は あの時の翼を作った男に聞きな……。 ただし、うまくいくとはかぎらない。 だが結果のために 行動するわけじゃあるまい? 行動するから結果がついて来る……。 そのはずじゃ。 そいつをわすれん事じゃな」

死んでしまった主人公を助ける方法として、時の賢者ハッシュが提示したのが時の卵「クロノ・トリガー」を孵すことだった。
プレイヤーはここで初めて、本作のタイトルの意味を知る。

ジャキの名言・名セリフ/名シーン・名場面

「黒い風が泣いてる……。 あなた達のうち、誰か一人……死ぬよ、 もうすぐ……」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロノ・トリガー』とは、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

クロノ・クロス(Chrono Cross)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロノ・クロス』は『クロノ・トリガー』の続編として1999年に発売された。 美麗なグラフィックやBGMは高評価を得たが前作との比較から賛否が別れることとなった。 前作のテーマが「タイムトラベル」であるのに対して、今作では「パラレルワールド」がテーマとなっている。 主人公セルジュは、「ホームワールド」と「アナザーワールド」という2つの世界を行き来し、パラレルワールドの秘密を解き明かしていく。

Read Article

買い切りiphoneゲーム10選

iphoneのゲームはやはりとても面白いものが多い。しかし課金なんて言われると尻込みしてしまうものも多い。そこで今回はiphoneの買い切りゲーム10選を紹介したいと思います。基本的にはスーファミ、PS2などの名作の移植作品が多いため、まず買って損したなんてことはないかと思います。それでは素晴らしき買い切りゲームを見ていただこう。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

『ドラゴンボール』とは、及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを巡る冒険活劇から、主人公の孫悟空や鳥山明による漫画、仲間たちが強敵と戦うストーリーがメインとなり、世界的な人気を得た。本項では、強力な戦闘力を持った人造人間と呼ばれるキャラクターをまとめる。人造人間たちは、悪の科学者ドクター・ゲロにより戦う為に作られ、悟空たちと敵対する立場だが、中には争いを好まない者や、戦闘をゲームと捉える者もおり、各個体が際立った個性と魅力を持つ。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。七つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せるドラゴンボールを巡り、主人公の孫悟空と仲間たちが戦う物語。格闘物の少年漫画に多大な影響を与えた作品で、連載終了後も衰えぬ人気を誇る。個性豊かなキャラクターの他、多彩な必殺技が繰り出される戦闘シーンも人気の一因となっている。『ドラゴンボール』の戦闘シーンを彩る必殺技をまとめる。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めるとどんな願いでも叶えるドラゴンボールを巡り、主人公・孫悟空の冒険が始まった。悟空は強い者との戦いを求め、次々現れる強敵と戦うことになる。迫力のバトルシーン、魅力的なアイテム、キャラクターで今なお世界中を魅了する作品。「神様」と呼ばれる存在も、魅力あるキャラクター達である。基本的に神々の戦闘描写はないが、彼らは時に悟空の師となり、時に目標となってストーリーや世界観に広がりを持たせている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

目次 - Contents