ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

共に3話で、ひな子が口にするセリフ。
このセリフに限らず、全編を通じてひな子は、頑張ると言う言葉をよく口にする。
それはひとえに、人前に立つとかかしのように立ち尽くしてしまう自分を変えたい、と言う強い思いをひな子が持っているためである。
そして自分を変えることができるのであれば、どんなことでも前向きに、一生懸命に取り組むと言う気持ちを持っているためである。
頑張ると言う言葉を胸に、ひな子は物語を通じて、演劇にチャレンジしていく。
そして少しずつ、少しずつではあるが、あがり症を克服していく。

ただ頑張ると口で言うだけでなく、実際に、その言葉通りに頑張るひな子。
そんな彼女の前向きで、一途で、頑張り屋さんなところが感じられるセリフである。

『これはもしかしてチャンス!?その最高傑作のヒロインにゆあが選ばれれば…』

出典: livedoor.blogimg.jp

ゆあが繰り広げた妄想。

4話。文化祭で演じる演目のヒロイン発表を前にして、ゆあが心の中で発した一言。
その後、ゆあは、ヒロインに選ばれた自分と、その相手役に選ばれた千秋が劇中で絡む様子を妄想している。

ひな子たちを前にした時には、ツンツンとした、偉そうな態度が全面に押し出されているのに、千秋を前にした途端、しおらしくなってしまう。
あるいは、巫女姿の千秋を見たい一心で、千秋がバイトしている神社にわざわざ足を運ぶのだから、ゆあの、千秋に対しての憧れと言うのは、もはや恋心に近いものがあるとも言える。

そんなゆあの、千秋に対しての暴走しがちな思いの一端が感じられるセリフである。

『ひなちゃん、私もおつきあいしますから、頑張りましょう!』

5話で、文化祭での演劇に不安を見せるひな子に対して、くいながかけた言葉。
物語を通じて、少しずつではあるがひな子は成長していく。
それは勿論、彼女自身が頑張っているからである。
しかしひな子の頑張りだけが全てと言うわけではなく、そこには、ひな子を取り巻く人たち、くいなや真雪、千秋、ゆあ、ルリ子たちの、ひな子を応援している気持ちと言うのも存在している。
皆に支えられ、皆の力を借りていくことで、ひな子は頑張ることができ、成長していくことができたのだ。
そのことを感じさせる、何事にも前向きで、明るいくいなのセリフである。

主題歌

オープニング:『あ・え・い・う・え・お・あお!!』/『劇団ひととせ』(桜木 ひな子(CV:M・A・O)、夏川 くいな(CV:富田 美憂)、柊 真雪(CV:小倉 唯)、萩野 千秋(CV:東城 日沙子)、中島 ゆあ(CV:高野 麻里佳))

オープニングは、桜木 ひな子(CV:M・A・O)、夏川 くいな(CV:富田 美憂)、柊 真雪(CV:小倉 唯)、萩野 千秋(CV:東城 日沙子)、中島 ゆあ(CV:高野 麻里佳)で結成される『劇団ひととせ』が歌う。
タイトルは『あ・え・い・う・え・お・あお!!』

歌詞には、演劇の発声練習や滑舌練習で使われる言葉が多数、登場する。
またそれぞれの登場人物の個性を歌ったような歌詞も登場するので、まさに演劇に頑張る『劇団ひととせ』の物語である本作のオープニングを飾るにふさわしい楽曲だと言える。
ちなみにこちらのCDには、カップリングとして桜木 ひな子(CV:M・A・O)と夏川 くいな(CV:富田 美憂)による『一緒に帰ろう』が収録されている。

エンディング:『かーてんこーる!!!!!』/『劇団ひととせ』(桜木 ひな子(CV:M・A・O)、夏川 くいな(CV:富田 美憂)、柊 真雪(CV:小倉 唯)、萩野 千秋(CV:東城 日沙子)、中島 ゆあ(CV:高野 麻里佳))

エンディングも、オープニング同様『劇団ひととせ』が歌唱している。
タイトルは『かーてんこーる!!!!!』

コロコロと変わっていく、複雑なメロディラインが魅力的な楽曲。
また様々な演劇テーマに合わせ衣装替えするひな子たちが描かれた映像からは、彼女たちの楽しげな雰囲気が伝わってくる。

こちらのCDにはカップリングとして、柊 真雪(CV:小倉 唯)、萩野 千秋(CV:東城 日沙子)による『しあわせ色』が収録されている。

ちなみにオープニング、エンディング、共に非常に歌唱難易度が高い楽曲となっている。
そのためインターネットで本作品が公式配信された際には、オープニング、エンディングの際に視聴者によって『歌ってみろ』と言うコメントが多く流され、話題となった。

また7月26日から順次、販売されるBD、DVDには、オープニング、エンディングの各キャラクターソロが収録される予定となっている。
1巻は桜木ひな子(CV:M・A・O)と夏川くいな(CV:富田 美憂)のソロバージョン。
2巻は柊真雪(CV:小倉 唯)と萩原千秋(CV:東城 日沙子)のソロバージョン。
3巻は中島ゆあ(CV:高野 麻里佳)のソロバージョンが収録予定となっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

六花の勇者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

NEW

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「citrus」第1話『love affair!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

まおゆう魔王勇者の名言・名セリフまとめ

『まおゆう魔王勇者』とは、橙乃ままれによるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画、ドラマCDなどのメディアミックス作品。 人間と魔族が長く戦争を続ける異世界が舞台で、卓越した魔力と戦闘能力を持つ正義感の強い「勇者」が長引く戦争を憂い、単独で「魔王」を討ち取る為、魔王城へ乗り込み、魔王と対峙するところから物語は始まる。 本作は人間と魔族の対立を描いているだけでなく、様々な異なる立場の人間や魔族にも視点が当てられている為、考え方の違いから数々の名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents