ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

柊 真雪(ひいらぎ まゆき/CV:小倉 唯)

出典: iwiz-chie.c.yimg.jp

ひな子が下宿する『ひととせ荘』の住人。
ひな子やくいなのひとつ先輩にあたるが、体が小柄なので後輩、ともすればもっと年下の子どもに間違われることもしばしば。
ただ本人は子ども扱いされるのを嫌っており、また見た目の可憐さとは裏腹に、しっかり者。
頼られたり、お姉さん扱いされると、とても嬉しい。
『ひととせ荘』にある喫茶店で働いており、料理が上手。

萩野 千秋(はぎの ちあき/CV:東城 日沙子)

出典: 4.bp.blogspot.com

ひな子が下宿することになった『ひととせ荘』の大家で、真雪の同級生。
舞台役者の父親を持っていることから、4歳の頃から舞台に立っていた。
クールで、あまり口数が多くないため、ミステリアスな印象をもたれることも多い。
しかし舞台に立つと、高い演劇能力を発揮し、観客たちを魅了する。
更に身長が高く、スタイル抜群なので、同性からもモテるクールビューティー。

中島 ゆあ(なかじま ゆあ/CV:高野 麻里佳)

出典: iwiz-chie.c.yimg.jp

ひな子のクラスメイトで、千秋に対してとても強い憧れを抱いている。
藤宮女子高校に入学したのも、千秋への憧れのため。
勝ち気な性格も手伝って、千秋と親しい様子のひな子に対し、一方的なライバル心を抱いている。
ただし憧れの人、千秋を前にすると、急に弱気でしおらしくなってしまう。
高飛車な言動が目立つが、素直で優しい性格の持ち主。

黒柳 ルリ子(くろやなぎ るりこ/CV:吉田 有里)

出典: pbs.twimg.com

ひな子たちが通っている藤宮女子高校演劇部の顧問。
豊満なバストからは想像もできないが、実は小学4年生。
その若さにして、『百年に一人の逸材』と称される、天才子役。
口調は実にお嬢様のような口調だが、性格は飄々としている。

作品の見どころ

登場人物・キャラクターの頭身がコロコロと変わるシーン

3頭身になってしまったキャラクターたち。

本作では、基本的には通常の頭身でキャラクターが描かれている。
しかしその頭身は、作中では、3頭身に入れ替わることも多い。
通常の頭身の際には、美少女キャラクターとしての魅力が全面に押し出されていた彼女たち。
だが、デフォルメ(変形)された頭身になると、途端に可愛らしさ、キュートさが際立つようになる。
それはまるで何かのマスコットキャラクターのような可愛らしさ、キュートさで、それらが手伝い、彼女たちが繰り広げる物語は、ますます賑やかに、そして愛らしいものになってくる。
そんなふうに、ひとつの作品でキャラクターの魅力を何倍も味わうことができる、頭身の変化が行われているシーンは、本作の見どころのひとつである。
基本的に頭身の変化と言うのは、1話の中で何度も行われていることなので、頻繁に目にすることが可能である。

ひな子の度胸の強さが感じられるシーン

極度のあがり症で、人前に立つと言葉を発することすら難しくなってしまうひな子。
全編を通じて、人前に出るとかかしになってしまうひな子の姿がユーモラスに、可愛らしく描かれている一方で、そんなひな子の度胸の強さが描かれているのも、本作の見どころである。

たとえば4話において、ルリ子から歌唱を指名され、堂々とそれをやってしまうシーン。
あるいは6話。文化祭での公演の最中、ゆあのアクシデント(持つべきアイテム、ハンカチを忘れてしまった)ことに気が付き、咄嗟のアドリブを見せたシーンが、そうしたシーンの一例である。

緊張しやすく、あがり症。けれど、その実、度胸が据わっていて、やるべきことをやってのけるひな子の姿は、普段の姿とのギャップもあり、とても鮮烈だ。

真雪の可愛らしさ

出典: livedoor.blogimg.jp

本作に登場するキャラクターは、いずれも個性豊かで、とても可愛らしい少女たちである。
ただその中でも、特に真雪の可愛らしさは見どころのひとつだと言える。

見た目が可愛らしい、声が可愛らしいと言うのは勿論なのだが、小柄で子供に間違われることを気にしている。
そのため、子供扱いされると、それこそ子供のように拒否反応をあらわにする。
反対に、しっかり者扱いされると、これまた子供のように無邪気に喜ぶ。
そんな、子供扱いされたくないのに、どうにも子供のような反応をしてしまう真雪の姿は、とにかく見ていて頬が緩んでしまうほどの可愛らしさである。

作中名言・名セリフ

『でも緊張しなければ色々うまくいくんだし…やっぱり頑張るしかないよね』『そうだ!あの子に頑張って声をかけてみよう。ダメダメ言ってるだけじゃ前に進めないもん。やれることから頑張らなくちゃ!』

出典: moca-news.net

かかし状態になってしまったひな子。
こんな自分を変えたい!と言う強い思いを胸に、彼女は頑張り続ける。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

六花の勇者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

NEW

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「citrus」第1話『love affair!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

まおゆう魔王勇者の名言・名セリフまとめ

『まおゆう魔王勇者』とは、橙乃ままれによるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画、ドラマCDなどのメディアミックス作品。 人間と魔族が長く戦争を続ける異世界が舞台で、卓越した魔力と戦闘能力を持つ正義感の強い「勇者」が長引く戦争を憂い、単独で「魔王」を討ち取る為、魔王城へ乗り込み、魔王と対峙するところから物語は始まる。 本作は人間と魔族の対立を描いているだけでなく、様々な異なる立場の人間や魔族にも視点が当てられている為、考え方の違いから数々の名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents