Ib(イヴ)のネタバレ解説まとめ

「Ib(イヴ)」とは、kouri氏が製作したパソコン用フリーゲーム。実況動画や二次創作で話題になった人気作品。2012年にRPGツクール2000製で公開し、2014年にはRPGツクール2000無しで起動できるようになった。主人公の「イヴ」は両親と一緒に美術館で行われた「ゲルテナ展」へやってくるが、美術館の不思議な空間に迷い込んでしまう。イヴは道中で出会ったオネエの男性「ギャリー」と共に出口を探す。

イヴとギャリーがメアリーから逃げている最中の会話。
美術館から出ることが出来たら一緒にマカロンを食べに行こうとギャリーとイヴは約束する。
この約束を果たせるのかどうかはその後の展開によって異なる。
バッドエンドでは勿論約束を果たす事は出来ない。
しかし二人が美術館から脱出するエンディングでも、二人がお互いの事を忘れてしまうエンディングだと約束を覚えておらず、それどころか赤の他人になるという切ない内容になる。
お互いにお互いを思い出すハッピーエンドは、ファンの間ではマカロンエンドとも呼ばれている

青い薔薇で花占い

ギャリー死亡ルートで起こるイベント。
イヴは落とした赤い薔薇が見つからず、先にメアリーが発見してしまう。
ギャリーはイヴに返してあげるように言うと、メアリーは青い薔薇と赤い薔薇を交換なら良いと言い出す。
つまり、ギャリーの命である青い薔薇をメアリーに渡す事で、イヴの命である赤い薔薇をイヴに返す、という意味である。
ギャリーはしばし考えた後、青い薔薇をメアリーに渡した。
メアリーは赤い薔薇を返した後、笑いながら去っていく。
そして青い薔薇で花占いをし始める。
メアリーの手によって一枚また一枚と花びらが無残にもむしられて行き、ギャリーの体調にも異変が起こる。
ギャリーはイヴに先に行く様に促し、座り込んでしまう。
イヴが言われたとおり先に行くと、メアリーが花占いを丁度終えていた。
非道な行為とは裏腹に、メアリーは花占いの結果を喜び何処かへ去って行った。
直接的なグロいシーンではないが、メアリーが何をしているのか意味が分かるとゾッと鳥肌が立つシーンである。

『Ib』の公式HP

kouri.kuchinawa.com

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents