ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジャージー・ボーイズ」は、1960年代に活躍したポップスグループ、フォー・シーズンズの伝記をもとに脚色したブロードウェイの最高傑作を、巨匠クリント・イーストウッドが映画化した。神から与えられた歌声と、曲を作る才能、息のあったハーモニー、スターダムにのし上がった4人の若者”フォーシーズンズ”の名曲誕生に秘められた、友情、夢、栄光と挫折、そして今明かされる真実の物語。2014年に全米で公開。

フォー・シーズンズのベース奏者。
ヴォーカルに耳が利き、当初はフランキーの歌のトレーニングを助けていた。
フランキー加入以前からバンドを組んでいたトミーへの不満が爆発し、トミーと同時にメンバーを脱退、家族の元へ引き上げる。

その他の登場人物・キャラクター

ジップ・デカルロ(演: クリストファー・ウォーケン)

トミーを通じてフォー・シーズンズと繋がりのあるマフィアのボスで街の権力者。
フランキーの声に魅せられ、彼を大変可愛がっていた。
トミーが多額の借金を抱えた際、フランキーから助けを求められ、第三者として高利貸しとの交渉の仲介役を買って出てバンドを助ける。

ボブ・クリュー(演: マイク・ドイル)

バンドがフォー・シーズンズと名乗る前から契約していたレコード・プロデューサー。
プロデューサーとして、またボブとの共作で作曲も手掛け、フォー・シーズンズに全面的に関わり彼らを超ビッグ・グループに育て上げた。

メアリー・デルガド(演:レネー・マリーノ)

フランキー・ヴァリの最初の妻。
フランキーの芸名「ヴァリ」のスペルをアドバイスし、バンドの初動時に結婚していた。
多忙となりほとんど家に帰らないフランキーに、精神的ストレスから情緒不安定になり、彼とのケンカが絶えずに離婚する。

ロレイン(演:エリカ・ピッチニーニ)

フランキーを取材した美人女性記者。
メアリーと別れた後、フランキーが一目ぼれし恋仲となる。
やがて、お互いの仕事が忙しくすれ違いが多くなったため別れてしまう。

『ジャージー・ボーイズ』の名シーン・名場面&見どころ

ヒットの「兆し」を直感したネオンサイン

クリューからバンド名やサウンドに大きな改革が必要だと言われ、なかなかレコードが出せない中、営業で行ったボーリング場のネオンサインは名前が”フォーシーズンズ”だった。フランキーは夜空に輝くその名前にヒットの「兆し」を直感し、以降グループ名を”フォー・シーズンズ”と改名する。

ボブが見ているテレビに若かりしイーストウッドが登場

ボブはヒット曲を書き続け、ホテルのスイートルームでパーティーが出来るまで売れっ子になった。
そんなパーティで、まだ童貞だったボブを見かねたトミーが部屋に女性をあてがうのだが、部屋で待っているボブが観ているテレビには、何と当時大人気だったTV西部劇「ローハイド」の若きクリント・イーストウッド(監督)の姿が映し出されていた。

エド・サリバンショーの場面に本人の映像が映る

アメリカで20数年続いた伝説のTVショー番組「エド・サリバンショー」に出演するフォー・シーズンズ収録のシーン。
司会者エド・サリバンが「全国の若者たちに、フォー・シーズンズです。拍手でどうぞ!」と紹介する場面が当時の本物の収録映像でモニター画面に映し出される。メンバーがステージに上がるときにサリバンのそっくりな後ろ姿も登場する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

アメリカン・スナイパー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アメリカン・スナイパー』とは、2014年公開のアメリカ映画である。イラク戦争に従軍した実在の狙撃兵クリス・カイルの自伝的原作を、巨匠クリント・イーストウッド監督が実写映画化。主演はブラッドリー・クーパーが務める。クリスは海軍史上最強と言われる伝説的スナイパー。だが過酷な任務に心を蝕まれ、彼と家族はその影響に苦しむ。残酷な戦場と虚しい戦争の実像を、過剰な演出を排除した構成で淡々と描く。ミリタリー・アクションとしての鑑賞にも十分堪えるが、極めてメッセージ性の強い反戦映画である。

Read Article

チェンジリング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ある日突然姿を消した息子が、5か月後に保護された。しかし息子として保護された少年は、彼女の本当の息子ではなかった。1920年代に実際に起きた「ゴードン・ノースコット事件」と呼ばれる連続少年誘拐殺人事件を、アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督により映画化したミステリー・ドラマ。

Read Article

グラン・トリノ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グラン・トリノ』とは、2008年にクリント・イーストウッドが監督、プロデューサー、主演を務めたアメリカのヒューマンドラマ映画である。 ミシガン州を舞台に、頑固な元軍人ウォルトと、モン族の隣人、少年タオとの心の交流を描く。一度は、ギャングにそそのかされ、ウォルトの愛車を盗もうとしたタオであったが、ウォルトに仕事を世話してもらい、真面目に働く。一方で、ギャングの、タオへの嫌がらせはエスカレートしていく。タオやタオの家族を守る為、ウォルトは命を賭けて、ギャングを刑務所送りにする。

Read Article

目次 - Contents