異国迷路のクロワーゼ(Ikoku Meiro no Croisée)のネタバレ解説まとめ

「異国迷路のクロワーゼ」とは、武田日向の漫画、及び2010年にサテライトで製作されたアニメーション作品。物語の舞台は19世紀のパリ。日本人の少女「湯音」は、アーケード商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)」の中にある「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」で働き、店主クロードと文化の違いを感じながらも絆を深めていく物語。19世紀のフランスの世界観や、湯音の着物などの装飾品が細かく描かれている。

発売された原作コミックは全二巻。
ドラゴンエイジPureで連載されていたが雑誌が廃刊になり、2009年から月刊ドラゴンエイジに移動。
その後作者が病気のため休載、2017年に作者死去のため未完となった。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

関連書籍

異国迷路のクロワーゼ Le cahier d' Yune

ノベライズ作品。
著作:萩原麻里 / イラスト:武田日向

www.amazon.co.jp

異国迷路のクロワーゼ キャラクタートリビュート

キャラクターアンソロジー。

www.amazon.co.jp

Blu-rayBOX

www.amazon.co.jp

公式サイト

www.fujimishobo.co.jp

web.archive.org

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

戦姫絶唱シンフォギア(アニメ)のネタバレ解説まとめ

「――少女の歌には、血が流れている。」 特異災害ノイズとの戦いに巻き込まれていく少女、立花響の覚悟と成長を描く物語。 主人公の少女たちが自らの歌によって変身し、歌によって得た力で戦う。「戦闘中はずっと歌っている」点が大きな特徴。 音楽プロデューサーである上松範康が、初めてテレビアニメの原作を担当した作品である。原作は上松と金子彰史が共同、脚本とシリーズ構成は金子彰史が担当している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアG(第2期)のネタバレ解説まとめ

「喪失――融合症例第一号<さようなら――ガングニール>」 上松範康と金子彰史による人気アニメの第二期作品で前作『戦姫絶唱シンフォギア』の三ヶ月後の世界が舞台。 運命と使命に翻弄されながらも、世界を救うため苦悩する少女たちの様子を描く。 「倒すべき明確な悪が存在しない」と銘打たれたストーリーは、勧善懲悪の色が濃かった前作とは異なり、シリーズでも最もシリアスかつハードな作品である。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアAXZ(第4期)のネタバレ解説まとめ

戦姫絶唱シンフォギアAXZは、2017年7月より放送されたテレビアニメ作品である。 奏者と呼ばれる少女たちと秘密結社「パヴァリア光明結社」との戦いを描く。 本作はシリーズ4期目となる作品で、5期の制作も決定している人気作品である。 歌が作品の大きなテーマとなっており、本作の楽曲を使用したライブイベントも人気を博している。

Read Article

目次 - Contents