BECK(ベック)のネタバレ解説・考察まとめ

『BECK』とは2008年まで『月刊少年マガジン』で連載されていた作品で、主人公・コユキの成長と恋愛、バンドの成功を描いたストーリー。2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年にはTVアニメ化している。全34巻とガイドブック4冊が刊行され、作中の楽器のシグネチャーモデルも販売された。累計発行部数は1200万部を超える超大作。

通称タケちゃん。死亡遊戯のボーカルで、噂ではその筋に片足を突っ込んだことがあるらしい。
千葉とはよく気が合い、打ち上げではいつも談笑している。

片岡段平(かたおかだんぺい)

死亡遊戯のベース。見た目はいかついが腰が低くとてもいい人。

佐久本裕也(さくもとゆうや)

死亡遊戯のドラム。多くのドラマーからリスペクトを受けている。
サクは彼の元でドラムの修行をするために関西へ旅立つシーンがある。

笹川睦男(ささがわむつお)

死亡遊戯のプロデューサー。
チャイニーズ・ブッキーのイベント起用を巡り、一度死亡遊戯とは袂を分かつが、後に和解してシーンを盛り立てるのに一役買っている。

ROOM 13

死亡遊戯のイベントで出会ったバンド。初ライブは「事件」と称されたほどの実力をもち、インディーズシーンでは専門誌の表紙を飾るなどその頭角を現している。

小野晋吾(おのしんご)

ROOM 13のギター。18歳でベテランのバンドにサポートで入った実力を持っている。
クールで愛想などは振りまかないタイプで、眼鏡をかけた真面目そうな見た目。しかしプレイスタイルは獣のように本能的。趣味は神社仏閣巡り。

黒木哲生(くろきてつお)

ROOM 13のボーカル。背中に「草魂」というタトゥーを彫っている。「歌ではなく叫び」と称されるようなボーカルスタイル。喧嘩っ早い性格で千葉とは険悪だが、その後和解。

チャイニーズ・ブッキー

タケちゃんが発掘したバンドで、初ライブである「第1回36th Chamber」では結成8週間だった。

伝馬薫(でんばかおる)

ベース&ボーカル。作曲センスはかなりのもので、平にも「大器の片鱗が見える」と言わしめた。

伝馬徹(でんばとおる)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴリラーマン(ハロルド作石)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴリラーマン』とは、『週刊ヤングマガジン』で1988年から連載された、原作者ハロルド作石による初の長編連載漫画。コミックスは全19巻で、その後OVAやゲームにも展開された。白武高に転校してきたゴリラによく似た恐ろしい顔の男ゴリラーマン。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの本当の恐ろしさをまだ知らない。最終回まで1度も喋ることのないゴリラーマンこと池戸定治を中心に、白武高校の仲間たちと繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた作品で、第14回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents