リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で連載されていたオノ・ナツメによる、老紳士たちが織り成すハートフル漫画である。幼くして両親が離婚し祖父母に預けられたニコレッタは、母親の再婚相手を一目見るためローマにあるリストランテにやってきた。そこで働き始めたニコレッタは、従業員全員が老眼鏡着用必須のリストランテであることを知ったのである。数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、老眼鏡紳士たちによるおもてなし漫画だ。

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』の概要

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で連載されていたオノ・ナツメによる、老紳士たちが織り成すハートフル漫画である。『リストランテ・パラディーゾ』は2005年から2006年まで連載されており、単行本は全1巻のみだ。また、番外編の『GENTE〜リストランテの人々〜』も同誌にて連載されており、単行本は全3巻となっている。2009年からアニメも放送していたことがあり、『リストランテ・パラディーゾ』と『GENTE〜リストランテの人々〜』のストーリーを織り交ぜたような構成になっていた。後日談としてドラマCDも発売されており、多岐にわたるメディアミックス展開をみせているのだ。

オノ・ナツメが描く作品は時代劇やハードボイルド、ボーイズラブと幅広くキャラクターも個性的だ。オノ・ナツメ自身が眼鏡好きを公言しており、老眼鏡の壮年男性を描くことが多く見られる。『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』は、オノ・ナツメの理想が詰まっている作品と言える。気弱眼鏡や陽気眼鏡など、たくさんの老眼鏡紳士が登場するからだ。オノ・ナツメが描く魅力的なキャラクターは数多くいるが、今作に登場する老眼鏡紳士たちは色気あり、眼鏡あり、個性ありのリストランテ従業員だ。そんな彼らにおもてなしされ、至福の時間を味わえるハートフルストーリーとなっている。

幼くして両親が離婚し祖父母に預けられたニコレッタは、母親の再婚相手を一目見るためローマにある小さなリストランテ「カゼッタ・デッロルソ」にやってきた。そこで見習いとして働き始めたニコレッタは、従業員全員が老眼鏡着用必須のリストランテであることを知ったのである。『ACCA13区監察課』や『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』など、数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、老眼鏡紳士たちによるおもてなし漫画だ。

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』のあらすじ・ストーリー

『リストランテ・パラディーゾ』

出会い

クラウディオ(左)と街を歩くニコレッタ(右)

21歳のニコレッタは、イタリア・ローマにある小さなリストランテ「カゼッタ・デッロルソ」にやってきた。予約しなければ入れないほど人気の店だがニコレッタは「店のオーナーに用事がある」と言って待たせてもらうことにしたのである。しばらくしてオーナーのロレンツォが一人の女性を伴って店に入ってきたが、女性はニコレッタの姿を見て驚いた。なぜなら、女性オルガはニコレッタの母で、ロレンツォと再婚するためにニコレッタを祖父母に預け成人するまで一度も会わなかったからだ。ロレンツォが「子持ちの女性とは結婚しない」と言っていたため、ニコレッタは「自分が娘であることをバラすためにローマまで来たの」だと言う。ちゃんと二人で話し合うことを条件に、ニコレッタとオルガはロレンツォに促され店に入っていったのである。

「友人の娘のニコレッタ」とオルガに紹介されたニコレッタはむっとするが、眼鏡をかけ前菜を持ってきた老紳士クラウディオに目がいってしまったのだ。カメリエーレ(ホール担当)長だというクラウディオの物腰柔らかな雰囲気に「紳士だわ」と思わずにはいられないニコレッタだった。しかし、ふと周りと見るとニコレッタと同じようにクラウディオに釘付けの女性が何人もおり、ロレンツォから「紳士好きが押しかけてくる店」だと聞かされたのである。

翌朝オルガから「用事が出来て会って話せなくなった」と電話を受けたニコレッタ。当面のアパートは手配してくれるらしいが、オルガのペースに乗せられているようでニコレッタは気に入らないのであった。ここに住むなら働かないと、彼氏を作らないととあれこれ考えながら外を歩いているとニコレッタはクラウディオと遭遇する。時間があれば街を案内してくれるというクラウディオだが、店に行かなくてはならず「まかないでよければ食事をしよう」と提案してくれたのである。

数日連続で「カゼッタ・デッロルソ」にやってきたニコレッタは、店で一番人気があるのは誰なのか気になっていた。ニコレッタは、店の従業員であるクラウディオ、ルチアーノ、ヴィート、ジジ、フリオ、テオたちとまかないを食べていた。愛妻家のシェフであるフリオは「無口なルチアーノがいいんじゃないか」と言うが、そんなルチアーノは「ムードメーカーのヴィートがいい」と言うのだ。ニコレッタが「クラウディオはどうなの?」とルチアーノたちに聞くと、「クラウディオも人気はあるが真面目で好奇心を駆り立てない」と最年少シェフのテオが答える。さらに、クラウディオは左手薬指にはめた指輪をニコレッタに見せたのである。

恋する気持ち

店で見習いとして働くことになったニコレッタ(右)

後日、いつものように「カゼッタ・デッロルソ」に来ていたニコレッタは、帰り際雨が降っているのに気が付いた。その横にいたクラウディオが「タクシーを呼ぼうか」と提案するが、ニコレッタは「走れば大丈夫」と告げる。すると、横からルチアーノがずいっと傘を差し出してきたのである。「ニコレッタのためではなくクラウディオに貸したのだ」と憎まれ口を叩きながらその場を去っていくのであった。二人で傘に入りながら、ニコレッタはクラウディオに「奥さんはどんな人?」と尋ねた。すると、クラウディオは「妻とは離婚しており、お客から交際を求められないように指輪をはめている」のだと言った。今まで既婚者だと思っていたクラウディオに妻がいないことを知ったニコレッタは、クラウディオに対する壁がなくなったと思い、クラウディオをアパートに誘う。こんな歳の離れた紳士に恋をするなんてはじめて、と思いながらニコレッタはクラウディオに座るように促した。すると突然、ニコレッタはクラウディオを押し倒したのである。好きという気持ちはあるが本気なのか分からないため、物は試しにとニコレッタは押し倒したのだ。しかし、タイミング悪く母オルガがやったきたのであった。ニコレッタは、クラウディオへの気持ちが本気であることをオルガに告げ、あるお願いをする。

翌日、ニコレッタは「カゼッタ・デッロルソ」の厨房で見習いとして働くことになったのである。オルガへのお願いとは店で働くことで、お願いを聞いてくれたらロレンツォに娘であることをバラすのを考えてあげるというものだった。厨房から出ないことが条件だが、ニコレッタはこれを機に料理を覚え自立しようと考えているようだ。ニコレッタはクラウディオと同じ店で働けることを嬉しく思っていたが、その夜クラウディオの別れた妻ガブリエッラが店に来ることを知った。働き終わったニコレッタは、ガブリエッラとクラウディオが店の外で指輪について話しているのを聞いてしまう。ガブリエッラはニコレッタに気づきその場を去っていくが、クラウディオはどこか寂しげな様子だった。

翌日、ニコレッタは厨房で落ち込んでいた。そんな様子を見ていたルチアーノはクラウディオに声をかけ、「期待させないように過度に優しくするのはやめとけ」と厳しく言われてしまう。別の日、いつものようにオーナーのロレンツォを含め従業員でまかないを食べているが、ニコレッタは一人ハーブ取りをしていた。その様子を見ていたクラウディオはニコレッタに「まかないができている」と声をかけた。そして、「自分も手伝います」と言ってハーブ取りをするクラウディオ。「悩みなどあったら云ってくださいね」とクラウディオに言われたニコレッタは、「迷惑だったら優しくしなくていいよ」とクラウディオに告げる。さらに、オーナーの奥さん(オルガ)について考えていたニコレッタは、仕事と恋愛を両立できて羨ましいとも思っているようだった。すると、クラウディオは「ニコレッタと奥さん(オルガ)は、まっすぐで圧倒されるところが似ているような気がする」とニコレッタに告げる。それを聞いたニコレッタは「母なの」とクラウディオに言ってしまう。「秘密にしてほしい」とクラウディオに告げ、充実した生活を送っているオルガを困らせたくて田舎から出てきたことなどを話すニコレッタであった。

母と娘

ニコレッタにパスタをかけられたクラウディオ

それからしばらくして、ガブリエッラが店にやってきた。複雑な表情をしているクラウディオを見てニコレッタはモヤモヤしていたのである。いつものように従業員全員でまかないを食べていたとき、ムードメーカーのヴィートが「指スカスカだからいっそのこと指輪外せばいいのでは」とクラウディオに問いかける。「忘れられないわけではないが外さない」と言うクラウディオ。それを見ていたニコレッタは「忘れたくないんじゃない」と思っていた。そして、ふいにクラウディオが指輪を外そうとしたとき、ニコレッタは勢いよく立ち上がり「簡単にそんなことしちゃ駄目よ!」と、まかないのパスタをクラウディオにかけてしまったのである。

翌日、ニコレッタはオルガとガブリエッラがカフェで一緒にいるところに声をかけた。ガブリエッラは弁護士で、オルガと同じ事務所で働いているため、こうしてよくお茶しているのだ。ガブリエッラはニコレッタに「クラウディオの気持ちを分かっているはず。それなのに店に頻繁に顔を出すのはひどい」と告げられてしまう。ガブリエッラはその帰り「カゼッタ・デッロルソ」にいるクラウディオに電話をかけた。「しばらくお店に行くのやめようと思って。あの子いい子ね」とクラウディオに告げるガブリエッラであった。

母オルガの誕生日パーティーを「カゼッタ・デッロルソ」でやるらしく、クラウディオはニコレッタに、「娘として出席したほうがオルガは喜ぶと思う」と考えを伝える。ニコレッタは厨房に入る気満々だが、オルガに買ってもらったドレスもあるため友人の娘としてパーティーに出ることになったのだった。パーティー会場はわいわいと盛り上がっており、料理も好評だ。そろそろケーキを出す時間になり、シェフのテオはニコレッタに「ニコレッタが作ったからケーキを出したらどうだ」と提案する。しかし、ニコレッタはオーナーのロレンツォのほうがいい、と言ってその場を去っていく。ロレンツォがケーキをオルガに差し出すと、それを見た瞬間「このケーキ、私の娘ニコレッタからのプレゼント!」と大きな声で言ってしまう。そして、娘がいたこと、嘘をついていたことを謝るオルガだったが「知ってた」とロレンツォが一言。笑顔が似ていたから最初から気づいていたというのだ。

しばらくして、クラウディオはガブリエッラをカフェに呼び出していた。オルガが今までの分を取り返すために張り切っていることを聞きクラウディオは安心した。さらに、ニコレッタも今まで通り見習いで、ルチアーノの小言も相変わらずであることをガブリエッラに告げたのである。そして、クラウディオは今日呼び出した理由として指輪を外しテーブルに置いた。「長くかかってすまない。また店に来てくれ」とガブリエッラに伝え、クラウディオは去っていくのだった。

その帰り、クラウディオは買い物をしているニコレッタに遭遇する。ニコレッタは、荷物を持ってくれるというクラウディオの左手薬指に指輪がないことに気が付いた。そして「用事がなければ美味しいものを作るから」とクラウディオを家に誘うのであった。

『GENTE〜リストランテの人々〜』

老眼鏡紳士は妻のために

オルガの見舞いに来たロレンツォ

貧血で倒れた弁護士のオルガは、再婚相手の男性ロレンツォに付き添われながら一日入院することになった。「退院したらいつも通っているバールへ行きたい」というオルガの頼みを聞き、翌日義兄のジジを伴ってバールに行くことになった。しかし、オルガが会うのを楽しみにしている老眼鏡の紳士はもう店に立っていないというのだ。残念そうなオルガの様子を見たロレンツォは、今度ローマに開く店のホール担当に初老で紳士で老眼鏡をかけた人を採用しようと考えていたのである。

ロレンツォは例のバールで働いていたバリスタのルチアーノ・デ・ルーカに連絡をとり「働いてほしい」と提案した。しかし、孫との時間を過ごしたいというルチアーノは断ってしまう。それでもロレンツォは、老眼鏡紳士を眺めるのが好きな妻に癒しの場を作りたい、過労で倒れた妻のためにと考えていることをルチアーノに告げたのである。すると「別の人物を紹介するからそれで勘弁してくれ」とルチアーノが連れてきたのは郊外のリストランテに務めているクラウディオという初老の男性だった。

前のオーナーは亡くなり、今のオーナーは気性が荒くクラウディオと合わないようで、カメリエーレとして働く意思はあるが、少し考える時間が必要だというのだ。また、クラウディオ曰く、ルチアーノも病気の妻の看病で仕事から離れたため、妻を思うロレンツォの気持ちを理解しているということだった。後日、クラウディオとルチアーノはお互いに説得された形で、ロレンツォの店のカメリエーレとして働くことになったのである。

ロレンツォはクラウディオとルチアーノに承諾をもらえなかった時用に、「50歳以上の老眼の方」と書いた張り紙で従業員を募集していた。すると、ジョギング中だという一人の大柄な男性がやってきた。老眼鏡を一旦家に取りに戻った男性ヴィートは、求職中でかつてはホテルのフロントで働いていたというのだ。そして、人手は多いほうがいいというロレンツォはあっという間に採用したのであった。

最年長のマルツィオ、シェフのヴァンナとダリオをクラウディオたちに紹介したロレンツォ。最初の客はオーナー夫人のオルガのため、オルガが好きなワインに合う料理を作ろうと皆一生懸命だ。後日、店にやってきたオルガは、料理もワインも美味しいと言って感動していた。目の保養にもなるが、なによりロレンツォが自分のことを思って従業員をそろえてくれたことに感無量だったのだ。「シェフの顔を見たい」というオルガの言葉に、リストランテ唯一の若者ダリオは、老眼になってから出直してきますと言って2か月で辞めてしまったのである。

無口で優しいルチアーノ

演奏会のチケットを置くマルゲリータ

カメリエーレのルチアーノがいつものように店で働いていると、孫のフランチェスコ(通称フランチ)を連れた娘のマルゲリータがやってきた。マルゲリータの夫は留守がちで、フランチがルチアーノに会いたがっていたため来たというのだ。帰り際、マルゲリータは「通っているヴァイオリンの演奏会があるから来てほしい」とルチアーノに告げる。レッスンで使っているスタジオの家主の妻がヴァイオリン奏者らしく、時々レッスンに参加しているとういうのだ。

元ヴァイオリン奏者で未亡人のサヴィーナという女性は、ルチアーノ目当てに店に通っているらしいことをヴィートから聞いたルチアーノ。ルチアーノが一人でいるとサヴィーナが声をかけてきた。「自分が指導しているグループの子たちがヴァイオリンの演奏会に出るから」とチケットを渡してきたのだ。チケットをもらったルチアーノは、演奏会を観た後フランチを抱っこしマルゲリータを待っていた。そこへ、サヴィーナがやってきた。先約があると言っていたルチアーノがどんな素敵なご婦人と来ているのか不安になっていたサヴィーナだったが、先約の相手が孫だと知って安堵する。そして、ライバルがいないことが分かったサヴィーナはルチアーノにキスしようするが、丁度マルゲリータがやってきたのだった。

おせっかいなヴィート

ジムに通っているヴィート

カメリエーレのヴィートはジムに通っており、今日もその日だった。ヴィートは、いつもは別の時間帯に来ているとある女性がいることに珍しさを感じながら、その女性を眺めていた。若い女性が大好きなプレイボーイのヴィートでも、その女性があまりにも必死でトレーニングしていたため、声をかけるのは忍びなかった。しかし、ヴィートが「なんでそんなに鍛えているの?」と声をかけると女性は「強い女にならなきゃと思って」と答え、女性は通っている空手教室へ向かうのであった。

トレーニング後、二人はカフェに来ていた。建築学を専攻している大学生のマリーナは、一流のプレイボーイとしてジムでは有名なヴィートのことを知っていた。そして、ヴィートはそのおせっかいな性格のせいか、マリーナにあれこれ質問し「おせっかいね」と呆れられたのである。マリーナは姉のところに世話になっているらしく、強くならなければいけない理由はそこにあるというのだ。ヴィートはマリーナの買い物に付き合い、自宅へ招かれた。ヴィートはマリーナの姉と挨拶を交わすが、顔にガーゼを貼っており旦那に暴力を受けていることに気が付いた。そのことをマリーナに告げると、姉を守るために強くなりたいということだった。ヴィートがマリーナの部屋でマリーナと話していると、旦那が帰ってきた。喧嘩しているようだがマリーナは止めに入らず、手を上げ始めたら止めに入るというのだ。その直後、大きな音がしてマリーナとヴィートは部屋を出た。どうやら旦那は出て行ったらしく、アパートの下にあるバールに行ったこと聞き、ヴィートはバールへ向かったのである。

しばらくして、旦那がアパートに戻ってきた。ヴィートに説得され旦那は姉と話し合うことにしたようで、姉は仕事を辞め旦那の国へ行くことになったのである。

別れに乾杯

mairu_ogi9
mairu_ogi9
@mairu_ogi9

Related Articles関連記事

炎炎ノ消防隊(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

炎炎ノ消防隊(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎炎ノ消防隊』とは、2015年9月より『週刊少年マガジン』にて連載しているダーク・ファンタジー漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。突如発生した人体発火現象によって体を炎に包まれた「焔ビト」と呼ばれる存在が人々の脅威となっている世界を舞台に、第8特殊消防隊の消防官・森羅日下部が焔ビトの発生原因とその裏側にある真実を追求していく物語を描く。単行本は世界累計発行部数1300万部を記録しており、漫画を原作としたアニメ作品・舞台作品など様々なメディア上で人気を集めている。

Read Article

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Ζガンダム』へと続いていく。

Read Article

炎炎ノ消防隊の特殊消防隊まとめ

炎炎ノ消防隊の特殊消防隊まとめ

『炎炎ノ消防隊』とは、『少年週刊マガジン』にて連載されている大久保篤による漫画作品である。 世界中で人体が発火し、「焔ビト」と呼ばれる怪物と化す事件が相次ぐようになって数十年。東京皇国は、専門の対策班である「特殊消防隊」を結成して焔ビトによる大規模火災に対応していた。かつて火災によって母と弟を失った少年「森羅 日下部」は、自身がヒーローとなって焔ビトから人々を守ることを志して消防士になる。幾多の現場で焔ビトと相対する中、森羅は弟が生きていることを知り、それを追う過程で世界の謎にも迫っていく。

Read Article

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

『つらつらわらじ』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる時代劇漫画である。時は寛政、備前岡山藩主の熊田治隆は参勤交代のために江戸に向かうことになった。そして、隠居して江戸で暮らす計画を立てているため、江戸までの旅を楽しもうと考えていたのだ。しかし、江戸までの道のりは波乱の連続だった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、2年に1度の参勤交代エンターテインメントだ。

Read Article

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

Read Article

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ&オールドマン』とはオノ・ナツメが『ウルトラジャンプ』で連載していた男女バディ・エンタテインメント漫画作品。連載時期は2015年~2019年までで全8巻で完結。オノ・ナツメ原作の『ACCA13区監察課』や『BADON』とはまた違ったかなりハードボイルドな内容だ。舞台は1963年のロサンゼルス郊外。父親譲りのおせっかいな性格のシェリー・ブライトと100年間刑務所に入っていたというロバート・ウィンツ。この二人の出会いが全ての始まりだった。

Read Article

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふたがしら』とは、『月刊IKKI』(小学館刊)また増刊『ヒバナ』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作とした連続テレビドラマである。時は江戸時代。盗賊「赤目一味」の頭目だった辰五郎が死去。その際に、手下である弁蔵と宗次二人に一味のことを託したことからすべては始まった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、巧妙な駆け引きと巧みな騙しあいが織りなす時代劇盗賊エンターテインメントだ。

Read Article

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる、ある男たちの日曜日の出来事を描いたハートフル漫画である。初老の作家・楽々居輪治は、長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情を抱え単身東京に戻ってきた。そして、一人暮らしを謳歌しようと思っていた輪治のもとに、息子のマックスと娘婿のヤスがやってきたのだった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、男だけの週末エンターテインメントだ。

Read Article

はたらく細胞(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

はたらく細胞(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『はたらく細胞』とは、鈴木健一監督、david production制作によるアニメ作品である。ナレーションは能登麻美子。講談社の『月刊少年シリウス』にて、2015年3月号より連載中の清水茜による漫画が原作となっている。 舞台は、人間の身体の中。細胞たちが擬人化、侵入した病原体などがモンスター化・怪人化して描かれている。酸素を運ぶ赤血球や、細菌と戦う白血球。傷口をふさぐ血小板や、殺し屋のキラーT細胞など、そんな約37兆2000億個もの細胞たちの知られざるドラマが展開される。

Read Article

はたらく細胞(第3話『インフルエンザ』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第3話『インフルエンザ』)のあらすじと感想・考察まとめ

体内を偵察していたナイーブT細胞が、インフルエンザウイルスに感染した細胞に襲われた。しかし、そこへ現われた白血球に救われる。マクロファージや、ナイーブT細胞の先輩であるキラーT細胞たちも応援に駆けつけるが、ナイーブT細胞は恐ろしさに逃げ出してしまう。号泣するナイーブT細胞に、樹状細胞は昔の写真を取り出して見せる。そこには、今のナイーブT細胞のように泣いている、キラーT細胞たちが写っていた。 今回は「はたらく細胞」第3話『インフルエンザ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第4話『食中毒』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第4話『食中毒』)のあらすじと感想・考察まとめ

赤血球と白血球は、一緒に胃の見学をしていた。すると白血球のレセプター(細菌レーダー)が反応する。近くに細菌がいるのだ。好酸球は侵入した細菌を排除しようと、ひとり戦っていた。細菌が好酸球にとどめを刺そうとしたとき、現われた白血球に助けられる。周囲にいた細胞たちは、弱い好酸球の陰口をいった。そんな時、胃壁を食い破り、白血球でもかなわない寄生生物アニサキスが侵入しようとする。好酸球はアニサキスに立ち向かう。 今回は「はたらく細胞」第4話『食中毒』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第13話『出血性ショック(後編)』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第13話『出血性ショック(後編)』)のあらすじと感想・考察まとめ

傷口の近くに到着した白血球は、目撃者である一般細胞に話を聞く。彼は見ていた。たくさんの血球が、あっというまに傷口に向かって、吸い込まれるように飛ばされていくのを。「ボクら細胞が生きていくのに不可欠な酸素を身体中に巡らせる、赤血球たちがいないんだ」と一般細胞は言った。そのころ赤血球は後輩赤血球をはげましながら、酸素をひたすら運んでいた。やがてあたりは、雪に包まれる。 今回は「はたらく細胞」第13話『出血性ショック(後編)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第2話『すり傷』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第2話『すり傷』)のあらすじと感想・考察まとめ

毛細血管に養分を運んでいた赤血球が表皮に近づいたとき、大きな音とともに地面がゆれ、血管の外壁がくずれた。やがて大きな穴があき、その穴へ吸い込まれそうになった赤血球を、白血球が血管へと連れもどす。赤血球たちを逃がし、傷口のそばで侵入してきた細菌たちと戦っていた白血球は、彼らの動きに疑問をもっていた。血管の奥にいる白血球も、捨て身で向かってくる細菌たちは、何かがおかしいと考えていた。 今回は「はたらく細胞」第2話『すり傷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第7話『がん細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第7話『がん細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼いころ、免疫細胞に仲間を殺された辛い思い出を抱えていたがん細胞は、免疫細胞に恨みをもっていた。殺される側から、殺す側になる機会をうかがっていたのだ。その正体を早くに見破ったNK細胞は、現場の偵察に来ていたキラーT細胞と白血球をうまく逃がし、自分一人でがん細胞と戦おうとしていた。一方、赤血球は大量の栄養分を運ぶ仲間を手伝っていたが、途中でマクロファージに声をかけられる。 今回は「はたらく細胞」第7話『がん細胞』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第1話『肺炎球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第1話『肺炎球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

酸素を動脈に届けていた新人の赤血球は、細菌に襲われる。しかし、そこへ現われた白血球に救われる。仕事に戻った赤血球は偶然、細菌の生き残りである肺炎球菌に出くわすが、ふたたび白血球に助けられる。迷子の赤血球を、肺へ案内し終わった白血球は、レセプター(細菌レーダー)の反応に違和感をもっていた。 今回は「はたらく細胞」第1話『肺炎球菌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第8話『血液循環』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第8話『血液循環』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いつまでも半人前じゃ、足手まといになってしまう。迷わず最後まで一人で、この循環器を一周してみせる!』そんな熱い思いを持った方向音痴の赤血球を、ひそかにサポートする心配性の白血球。ふたりは、下大静脈から心臓へ行き、次に肺へと向かわなければならない。キラーT細胞は、免疫細胞が他の細胞や血球たちと仲良くすることに、なぜか不満のようだ。 今回は「はたらく細胞」第8話『血液循環』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第6話『赤芽球と骨髄球』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第6話『赤芽球と骨髄球』)のあらすじと感想・考察まとめ

偶然迷い込んだ赤色骨髄で、赤血球は自分が幼い頃のことを思い返していた。そして、緑膿菌に殺されそうだったところを救ってくれた、骨髄球の男の子のことを思い出す。一方、白血球は変な姿をした細胞に襲われていた一般細胞を助ける。その一般細胞の案内で、キラーT細胞やNK細胞とともに、変な細胞の仲間が潜んでいる現場へやってくる。二手に分かれ偵察をはじめたとき、一般細胞とふたりきりになったNK細胞が口を開いた。 今回は「はたらく細胞」第6話『赤芽球と骨髄球』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第5話『スギ花粉アレルギー』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第5話『スギ花粉アレルギー』)のあらすじと感想・考察まとめ

今年もスギ花粉の季節がやってきた。眼から入った花粉がアレルゲンとなり、さまざまな症状を引き起こす。スギ花粉アレルギー緊急対策本部には、被害報告が次々と寄せられていた。記憶細胞は『言い伝え』を口にする。『宇宙より災いの流星飛来せし時、山は怒り、大地は荒ぶり、海はうごめく』。ヘルパーT細胞は、B細胞を現場へ向かわせた。血球や細胞たちは自分の仕事をまっとうしようとするが、災害はどんどん広がってゆく。 今回は「はたらく細胞」第5話『スギ花粉アレルギー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(特別編『風邪症候群』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(特別編『風邪症候群』)のあらすじと感想・考察まとめ

風邪が流行り出す季節が訪れた。ウイルスに狙われやすい咽頭付近に住居をかまえる細胞の一人が、細胞分裂という自分の仕事の単調さに不満を持っていた。何か面白いことはないかと考えていたある日、一人の青い細胞と出会う。細胞は青い細胞と一緒に、キラーT細胞やマクロファージなどにイタズラをして楽しむ。友達のいなかった細胞は、これからも仲良くしようと青い細胞に話す。しかしその青い細胞の正体は、とんでもないものだった。 今回は「はたらく細胞」特別編『風邪症候群』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第10話『黄色ブドウ球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第10話『黄色ブドウ球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

赤血球は全速力で逃げていた。細菌に追われているのだ。逃げ場を失った赤血球を細菌が殺そうとした時、何者かが細菌に強烈なパンチをお見舞した。その者は黄色い防護服をまとい、マスクで顔を覆っている単球と呼ばれる細胞だ。とても頼れる人だと白血球に教えてもらう。傷口から黄色ブドウ球菌が侵入し、白血球がピンチに陥った瞬間、単球が現われ、そのマスクを取る。 今回は「はたらく細胞」第10話『黄色ブドウ球菌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第9話『胸腺細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第9話『胸腺細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

「キラーT君、もうちょっとクールにやれないの?」「こっちも仕事なんでね。アンタの司令に合わせて、キチッと攻撃できるように鍛えなきゃならんのですよ」と、ヘルパーT細胞とキラーT細胞が口喧嘩をしていた。その上司と部下ではない様子に、困惑するナイーブT細胞たち。「彼らはね、胸腺学校時代の同期だったんだよ」と樹状細胞は一枚の写真を取り出すと、ナイーブT細胞たちに昔話をはじめた。 今回は「はたらく細胞」第9話『胸腺細胞』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第11話『熱中症』)のあらすじと感想・考察まとめ

はたらく細胞(第11話『熱中症』)のあらすじと感想・考察まとめ

外気温上昇のせいで貯水槽の水分は尽き果て、身体は熱中症の危機をむかえていた。肝腺細胞たちは、体温調節機能を取り戻そうと奮闘し、赤血球たちは毛細血管を歩いてなんとか放熱しようとする。白血球も暑さには相当こたえているようだ。そんな中、熱に強いセレウス菌が侵入した。セレウス菌は細胞たちが高体温でパニックを起こしている隙に、身体を乗っ取ろうと企んでいた。 今回は「はたらく細胞」第11話『熱中症』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents