うさぎドロップ(Bunny Drop)のネタバレ解説まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。
2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。
祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

『うさぎドロップ』の概要

2005年10月から「FEEL YOUNG」にて掲載開始された少女漫画。1~4巻までの第1部は、りんと大吉が家族になっていくまでの絆を描いている。5~9巻の第2部はりんが主人公になり、自身の母と向き合い、将来について真剣に考える高校生編。10巻の番外編にはりんとコウキの中学時代や、正子とアシスタントの物語、りんと大吉のその後の物語などが収録されている。
2011年7月からフジテレビノイタミナにてアニメ放映開始。2011年8月には実写映画が全国公開された。
独身30歳の男がいきなり6歳の女の子と同居することになり、戸惑い、苦戦しながらも懸命に生きるりんと大吉の成長物語。子育ての悲喜こもごもを描いたハートウォーミングな作品。家族の暖かさや可笑しさが見事に描かれている、ほっこりとさせてくれる作品である。

『うさぎドロップ』のあらすじ・ストーリー

第1部

ある日、母方の祖父・鹿賀宋一の訃報を受けた河地大吉が葬儀に向かうと、そこには見知らぬ女の子の姿があった。いとこの娘かと思ったその子は実は祖父の隠し子だった。
人に懐かず、あまり喋らず、物静かな6歳の女の子、鹿賀りんはなぜか葬儀の間、大吉の後をついてまわる。どうやら大吉は若い頃の宋一にそっくりなようだ。
葬儀後、りんの処遇について親族で話し合うが、押し付け合いの上、施設に送ろうとする親族に反発。りんの気持ちを大切に思って、大吉がりんを引き取ることに決めた。

そうして2人で始めた生活だったが、独身で結婚の経験のない30歳の男の大吉には戸惑うことばかり。服も食事もままならない。忌引きで休んでいた会社の休みももう無い。慌てて保育園を探し、会社へ行くが、遅くまでやっている遠くの保育園に通うため、毎日の通勤だけでヘトヘトになってしまう。満員の通勤電車に毎朝りんを乗せることにも抵抗を感じた大吉は、りんのため、職場を残業のない部書に変更してもらうことを決意。周りには大吉が犠牲になることはない、と諭されるが、仕事の代わりはいても、りんの保護者の代わりは大吉しかいないことを痛感し、りん第一の生活に変わっていく。

りんは年の割にはしっかりしていて大吉にもよく懐いているが、おねしょが治らない。職場の子持ちの先輩社員にアドバイスをもらい、りんの気持ちを傷つけないように気をつけながら、言葉がけなどして対処している。りんのおねしょの原因は、「死」に対しての恐怖心の表れだった。大吉が長生きをする約束をし、その症状は収まってきた。
葬儀の時にはピリピリした態度をとっていた大吉の家族も、大吉のりんに対する態度を見て、協力してくれるようになった。

りんと生活を始めて数ヶ月。姿を現さないりんの母の行方を探し始めた大吉は、祖父の家に残されていた手がかりからようやく母を見つけ出した。
りんの母、吉井正子は宋一の家に家政婦として雇われていた女性だった。宋一は正子の幼さ、女性としての未熟さを見抜いており、正子とりんをとても心配していた。
大吉が正子に連絡を取り、話し合いの場が設けられたが、正子のりんをないがしろにする態度に憤りを感じ、りんを手元で育てる決意を固めた。正子から、りんの姓を大吉と同じにしてくれと言われるが、大吉はりんと話し合って決めると答えた。りんはおじいちゃんと同じ「鹿賀」の姓が大切だから、大吉との養子縁組はしないとはっきりと断った。
りんの父親はあくまで宋一で、大吉はお父さんじゃない。「ダイキチはダイキチだもん」というりんの言葉に、思わず涙がこぼれ、りんが来てから涙もろくなったことを実感していた。

小学生になるため甘えることを我慢していたりんに、大人だってだっこされたい時もあるといって、りんを甘やかそうとする大吉にりんはすがりつき、今度大吉が泣いたらわたしがだっこしてあげると言って、大吉の頭を抱きしめる。
りんを育てているのか、自分がりんに育てられているのか、よくわからない大吉だった。

りんが小学生になった。保育園が一緒だった二谷コウキも同じ学校で、朝、一緒に通学している。
コウキはやんちゃで小学校では問題児扱いだが、通学中、不審者と思われる人物からりんを守ったりと男らしい面もある。大吉とコウキの母ゆかりとは保育園でお迎えが一緒になったことから知り合い、育児に関しては何もわからない大吉に、子供が熱の時の対処法などを教えてくれ、育児のこと、教育のことなど相談できる存在になっていた。
ある日、りんが風邪をひいた時、何もできずオロオロする大吉をゆかりは諭し、りんの看病をしてくれた。大吉もコウキが怪我をした時に付き添うなど、お互いに助け合える関係を築き始めた。
夫と離婚し、女手一つでコウキを育てているゆかりと大吉には、お互い一人で子供を育てているという共通点があり、日々の生活の中で交流を深めていく。

第2部

りんと大吉が一緒に暮らすようになってから10年の月日が経ち、りんは高校生になった。同じ高校には保育園から一緒の二谷コウキや大吉のいとこ・春子の娘である麗奈も通っている。コウキは以前からりんに好意を持っており、りんに想いを伝えるがりんの返事はいつもつれない。それでも幼馴染としてコウキはいつもりんと一緒に行動している。
ある日、りんと連絡が付かなかったコウキは理由をりんに尋ねると、決まった番号としかやり取りをしておらず、見知らぬ番号からは着信拒否をしていると知った。それは、中学時代にコウキが付き合っていた紅璃が関係していたことだった。

小学校までは姉弟のようにいつも一緒だったりんとコウキも中学になるとあまり一緒には行動しなくなっていた。コウキは学校の先輩と問題を起こしたりやんちゃが激しくなっていた。そんな時、先輩の紅璃に声をかけられ、コウキは髪を染めたり、深夜までゲームセンターに入り浸ったりと、紅璃たちに流されていく。
ある日、深夜まで帰ってこないコウキを心配したコウキの母・ゆかりから連絡を受け、大吉はコウキを探しに出かけていく。りんの情報によりコウキはすぐに見つかったが、久しぶりに見たコウキの状態を心配した大吉は、ゆかりに一緒に住むことを提案する。

大吉は以前からゆかりにほのかな想いを抱いており、ゆかりも大吉を憎からず想っていた。しかし、今のコウキの状態で一緒に住んでしまったら、コウキがりんに何をするかわからないと不安を感じ、その話は一旦保留となった。
その後もコウキと紅璃の付き合いは続いていた。紅璃はりんの存在に気づき、それをよく思わず、りんに大量のメールを送るなどの嫌がらせ行為を始めた。学校でも札付きの紅璃に逆らえる者などおらず、アドレスを変えてもすぐにバレてしまう。人との関係に疲れたりんは、本当に大切な人とだけ繋がればいいと、大吉や大吉の母、親友以外は全て着信拒否にしてしまった。
中学時代からりんが嫌がらせを受けていたと初めて知ったコウキは、今はもう別れた紅璃に会い抗議するが、軽くあしらわれてしまう。

りんとコウキ中学3年の時、受験しなければ高校にいけないことに気づいたコウキはりんと同じ高校に行きたいと思い、紅璃と別れていた。今までいろいろ間違ってきたけど、やはりりんと一緒にいたい気持ちが強く、コウキは真面目に変わっていく。
りんもコウキの強い気持ちと周囲からのすすめもあり、コウキと付き合うことに前向きになっていた。そんな時、紅璃からコウキに連絡が入った。

紅璃が妊娠したのである。
コウキは大吉に相談し、金銭で解決することを決めるが、その前にりんにも話を伝える。りんはその話にショックを受けつつも冷静に計算し、紅璃の嘘を見破りコウキのピンチを救う。紅璃による度重なる嫌がらせ、そんなことをする紅璃に呼び出され、別れた後でも呼び出しに応じてしまうコウキに失望し、もう恋愛関係になる気にはなれない。それでも大事な人であることには変わりないので、今までどおり、姉弟のような関係を続けることを決めた。
この出来事により、大吉とゆかりは結ばれることを断念。ゆかりは大吉への気持ちに区切りをつけるため、別の人との交際を始めた。

ある日、大吉がぎっくり腰になった。掃除中に台から落ちそうになったりんを庇うためだった。大吉の看病をするうちに、大吉の老後について考えるようになり、大吉の老後の面倒を自分ではない他人がするかもしれない可能性に引っ掛かりを覚えるりん。
大吉のぎっくり腰も良くなり、お世話になった人々にお礼をするりんだが、会話の中で親子の関係を考えるようになり、自分の母の存在を思い出し、探し始める。
大吉には知られないように調べ始めるが、家に届いた郵便物から大吉にバレてしまう。大吉はりんには知る権利があるといい、りんに母と会ってみるかと尋ねる。りんを手放した正子のことを大吉は許せず、大っ嫌いと公言していた。何があってもりんは大吉の子だから、という大吉の言葉に安心してりんは母に会うために正子の家を訪れた。

母・正子が自分を手放した理由を聞いたり、自分に兄弟ができることを知ったりんだったが、母への強い感情はわかず、思ったのは大吉とのことばかり。これまでどおり、ずっと大吉の側にいられることに幸せを感じていた。

コウキの母・ゆかりが再婚することになった。ショックを受け大吉の家に逃げ込むコウキ。大吉も密かにショックを受けている。落ち込んでいる大吉を見たりんはゆかりに嫉妬を覚え、その感情が家族としてなのか疑問を感じた。
学校で、将来についての話を聞くうちに、自分の将来のビジョンが見え始め、大吉に対する自分の気持ちを自覚し始めたりん。
学校の友達も恋愛の話が多く出てきて、りんに思いを寄せる男子も現れてきた。りんも集団デートに参加してみるが疲れるばかり。想いを寄せてくれる男子にも好きな人がいると話す。帰りに送ってくれたコウキは大吉に対するりんの態度を見て、りんの気持ちに気付いてしまった。

コウキはその事を大吉に伝えてしまい、大吉に知られたりんはいたたまれなくなり家を飛び出した。りんを捕まえた大吉はりんの表情からりんの本気が伝わり戸惑う。りんは大吉に本心を伝えるが、大吉は、自分にとってそれは残酷なことだとりんに告げた。
今までずっと、何があってもりんを手元で育て続ける気でいた大吉は、りんの気持ちを知り、この関係が揺らぐかも知れないと恐れていた。
大吉に想いを拒まれ悩んだりんは、母・正子に相談する。そこで、りんの父は宋一ではなく別の人だと打ち明けられ、大吉とりんは結婚できない3親等以内の関係ではないと知った。
りんの置き手紙を読み心配した大吉は正子の家を訪れ、りんが事実を知らされたことを知った。大吉はりんの父が宋一ではないことをずっと以前から知っていたが、りんの為を思い、ずっと隠し通していたのだ。
全てを知り、大吉を好きでいていいと分かったりんは大吉に好きになってもらう努力をするという。大吉はりんの決意を聞き自分もよく考えると話すが、2年後のりんの卒業までは今までどおりでいてくれと頼む。2年後、どんな結論が出たとしてもりんは大吉の家の子、それだけは絶対に変わらないと大吉は語る。

そして2年後。りんは卒業し、大吉はりんの気持ちを受け入れる決意をした。

『うさぎドロップ』の登場人物・キャラクター

河地 大吉(かわち だいきち)

CV:土田大
本作品の主人公。30歳、独身。りんやコウキから「ダイキチ」と呼ばれている。苦手なものは女性と子供と公言しているが、りんと生活を始め、天敵レベルの世界一苦手なイキモノを背負い込んでしまったことに気づく。
衣料品メーカーの営業として働いていたが、残業が多く、りんとの生活に支障をきたすため残業のない出荷部に異動。夜の飲み会などにも参加せずまっすぐ帰っている。
りんと同じ保育園に通う二谷コウキにも懐かれている。コウキの母・ゆかりとは育児の相談などを通して交流し、徐々に好意を持つようになった。
りんが小学校に入ると、授業参観などを通じてパパ友ができ、交流するようになる。
りんの中学時代にコウキが荒れ、問題が多く起こるようになり、ゆかりを支えるため、ゆかりにプロポーズのような同居を提案するが保留。
高校時代にりんとコウキの関係が変わり、破談に終わる。
りんが大吉に告白をし動揺する。大吉と血縁関係がないことをりんが知り、決意を固めたため、大吉もりんの気持ちに向き合うことにし、高校卒業までの2年間はこれまで通りとし、卒業後、りんの気持ちに応えた。

鹿賀 りん(かが りん)

CV:松浦愛弓
鹿賀宋一と吉井正子の子。大吉の叔母。りんという名前は宋一が付けた。ロップイヤーのうさぎのキャラクターが好き。
朝食の準備は大吉と一緒にやったり、栄養を考えたりととてもしっかりしている。
母のことは殆ど覚えておらず、お手伝いの「まさこさん」がいたことしか記憶に残っていない。
保育園の時、二谷コウキに出会い、小学校では一緒に登校するようになる。コウキが人に流され、やることをやらないでいるとりんがコウキを叱り、授業に戻すなど、姉弟のような関係。
はじめはできなかった縄跳びも、大吉との練習により得意になり、小学校の大会では後ろ跳びで1位を取っている。
中学時代は手芸部に入る。コウキに淡い想いを抱いていたが、コウキが相原紅璃と付き合うようになり、紅璃から嫌がらせを受けるようになると、そんな人間と付き合うコウキへの想いはだんだん薄れてきた。
高校時代は、コウキや大吉のいとこの娘・麗奈と同じ高校に通う。運動神経が良い。高飛びなど綺麗に飛べるため陸上部に誘われたことがある。成績も優秀。この頃になると、家事はほとんどりんがやっているため、経済観念がある。料理は大吉の母に習っているため、味付けは大吉母と同じ。ちょっと年寄り臭いところがある。
常にコウキと一緒のため、コウキと付き合っていると勘違いされることも多いが、そんな気はない。
一時はコウキの気持ちに応える気になったが、紅璃の妊娠問題でコウキとは恋愛関係にはならないことを決めた。
大吉がぎっくり腰になったことがきっかけとなり、一般論としての母について考えるようになり、自分の母を探し始めた。大吉には内緒で始めたことだったが大吉の知るところとなり、初めて母と会うことになった。
仕事のために自分を捨てた母には何の感情もわかなかったが、今まで育ててくれた大吉のことを深く考えるようになった。
大吉がコウキの母に失恋し、落ち込んでいるのを見て、大吉に対する気持ちが家族としてのものだけではないことに気づく。血縁関係があるため、自分の気持ちを伝える気はなかったがコウキに気づかれ、それが大吉に伝わってしまう。大吉に拒絶され、母、正子に相談すると母から大吉との間に血縁関係はないと知らされた。赤の他人であるりんを10年間も育ててくれた理由を大吉から聞き、りんは大吉への思いを捨てないことを決める。
大吉からの提案で2年間保留していたが、高校卒業を機に大吉と結ばれる。

二谷 コウキ(にたに こうき)

CV:酒井乃碧
りんの幼馴染。同じ保育園に通い、りんと大吉の家によく遊びに来る。大吉のことを父ちゃんみたいなの、としてゲームなどでよく一緒に遊んでいる。とてもやんちゃで人に流されやすく、小学校時代から問題児扱いをされていた。
実際には、不審者からりんを守ろうとするなど頼もしい一面もあるし、母を大切にする母思いの少年である。
中学になると悪い仲間とつるむようになり、髪を染めたり深夜までゲームセンターで遊んでいたりと問題行動を起こす。りんのことはずっと好きだったが、紅璃から脅され、りんを守るため無理やり紅璃と付き合う状態にさせられた。3年になると、高校受験でりんと一緒に居はいられなくなるかもしれないと初めて気づき、紅璃と別れ髪を丸坊主にし、りんにこれまでのことを謝罪し、猛勉強の末、りんと同じ高校に合格する。
身長も高く、整った顔立ちのため、それなりに人気があるようだが、相変わらずりん一筋。りんに度々付き合おうと持ちかけるが取り合ってもらえない。それでも、もう少しで受け入れてもらえそうな時に紅璃から横槍が入り、りんとは決して結ばれないことになってしまった。
母の再婚が決まり、応援をしたい気持ちはあるものの、いざ相手と会う時に大吉の家に逃げ込んでしまった。りんとはもう付き合うことはできないが、幼馴染として進路や家庭のことなど相談する間になった。りんの大吉への気持ちに気付いた時、他の奴よりは大吉がいいと、大吉を応援した。
高校卒業後は、母と再婚相手に気を遣い、地元を離れることにした。

二谷 ゆかり(にたに ゆかり)

CV:大原さやか
コウキの母親。かなりの美人。大吉より2歳年上。大吉とは保育園の送り迎えで知り合う。夫とは離婚。離婚の理由は、夫の方にまだ子供のいる家庭のビジョンができていなかったため。やんちゃなコウキに頭を悩ませている。とても子供思いで真面目。コウキの縄跳び練習にもよく付き合っている。コウキが赤ちゃんの頃、ぎっくり腰を経験している。
大吉とは、保育園を通じてよく交流するようになり、いろいろな相談事をしているうちに、お互い支え合う関係になった。
コウキが荒れていた中学時代、大吉から一緒に暮らそうと言われるが、コウキの状態に不安を覚え一旦保留。
高校になり、りんとコウキの関係が変わり、それに伴い、ゆかりと大吉も破断になった。
大吉への思いに区切りをつけるため、他の人と交際をし、後に再婚している。

鹿賀 宋一(かが そういち)

CV:有川博
大吉の祖父でりんの戸籍上の父親。4人の実子がいる。大吉の母は第3子。りんは第5子(養子)。妻が亡くなってから正子が家政婦として宋一の家に暮らしていた。正子が妊娠した時、戸惑う正子を説得し出産させる。籍に入るよう正子には何度も言うが受け入れられず、りんだけ養子になった。りんには「おじいちゃん」と呼ばせていた。
ブログを始め、遺書を残そうとしたが失敗。母子手帳に手紙を隠し、りんを大切に思う人に真実を残した。
リンドウの花が好き。

吉井 正子(よしい まさこ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説まとめ

埼玉県秩父市を舞台にしたオリジナル作品。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。子供から大人に変わりかける過程で、幼馴染達がバラバラになっていたが、死んだはずの少女が現れることにより過去の出来事や想いを打ち明けていくことになる。少年少女の葛藤や傷を1人の少女を中心に過去から現在を描いていく。

Read Article

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。東京・浅草を舞台に、人と人との「繋がり」を描いた作品。2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ他にて放送された。中学生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。ケッピは、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」を生み出せる唯一の存在だった。希望の皿を手に入れて譲れない繋がりを守る為、3人はケッピの命令に従う。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

もやしもん(Moyashimon)のネタバレ解説まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

海月姫(Princess Jellyfish)のネタバレ解説まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

四畳半神話大系(The Tatami Galaxy)のネタバレ解説まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

クズの本懐(Scum's Wish)のネタバレ解説まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

モノノ怪(Mononoke)のネタバレ解説まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

恋は雨上がりのように(第2話『青葉雨(あおばあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはアキレス腱のケガがあるにも関わらず、客が忘れた携帯を走って届けた。無事に届けることができたが、店の前で座り込んでしまう。近藤は慌てて病院へあきらを連れて行く。 「恋は雨上がりのように」第2話『青葉雨(あおばあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはひょんな事から、厨房で働く加瀬に近藤への思いを知られてしまう。加瀬は近藤への気持ちを秘密にしておく代わりに、デートを要求してくる。 「恋は雨上がりのように」第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第7話『迅雨(じんう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらは近藤が図書館の帰りに元気がなかったことを思い出し、メールで連絡を取ろうとしていた。しかし話を切り出せず、近藤が借りて返った本の話をしてしまう。しかし、それは近藤が触れられたくないものだった。 「恋は雨上がりのように」第7話『迅雨(じんう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第3話『安堂直行』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 安藤直行は獅子神に説得され、学校に行くことを決意する。しかし、学校では未だいじめは続いていた。それを目撃して獅子神はある行動に出る。そして安藤はある決断をする。 今回は「いぬやしき」第3話『安堂直行』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第6話『2chの人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第6話『2chの人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第9話『新宿の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察を襲った獅子神の行動はどんどん加速する。日本に宣戦布告した獅子神は無差別に殺人を始める。犬屋敷と安堂は獅子神を止めるべく行動を始める。今回は「いぬやしき」第9話『新宿の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

恋は雨上がりのように(第1話『雨音(あまおと)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。17歳の女子高生・橘あきらは部活動をする生徒たちを尻目にバイトに向かう。あきらはバイト先の店長である近藤正己に特別な視線を送っていた。 「恋は雨上がりのように」第1話『雨音(あまおと)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第5話『香雨(こうう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。『ガーデン』に近藤の息子である勇斗が訪ねてくる。勇斗はハムスターをもらい、近藤に見せに来ていた。しかし、近藤は休みであり、あきらは近藤の家まで行く勇斗に付き添うこととなった。 「恋は雨上がりのように」第5話『香雨(こうう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第1話『犬屋敷壱郎』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 今回は「いぬやしき」第1話『犬屋敷壱郎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第4話『鮫島』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 弁当屋で働くふみのは恋人からプロポーズされ、幸せな生活を過ごしていた。しかし、ヤクザの鮫島によってその幸せは奪い去られる。犬屋敷はふみのを助けるために行動する。 今回は「いぬやしき」第4話『鮫島』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第7話『渡辺しおん』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第7話『渡辺しおん』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第10話『東京の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 獅子神が落とした飛行機で東京は大パニックに陥った。犬屋敷は被害を減らそうと尽力するが、それを獅子神に知られてしまう。麻理が危険にさらされる中、二人は再会する。今回は「いぬやしき」第10話『東京の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

恋は雨上がりのように(第3話『雨雫(あめしずく)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。後輩に連れられ陸上部へ顔を出したあきらは、部活をしていた頃のことを思い出して泣いてしまう。雨に濡れて歩くあきらは近藤の元へ行き、もう一度思いを告げる。 「恋は雨上がりのように」第3話『雨雫(あめしずく)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第6話『沙雨(さう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらが陸上を辞めて以来、あきらとはるかの仲はどこかぎこちなかった。はるかは街であきらを見かけても、話しかけられず、あきらも陸上部員達からは隠れていた。そんなある日、はるかは延々とガチャを回すあきらを発見する。 「恋は雨上がりのように」第6話『沙雨(さう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第2話『獅子神皓』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 高校生・獅子神皓は宇宙人に改造され、機械の体になった。獅子神はその力で友達をいじめの手から救おうと考える。心優しい面を見せる一方で、獅子神はどこか狂っていた。そして同じ力を持つ二人が顔をあわせる。 今回は「いぬやしき」第2話『獅子神皓』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第5話『獅子神優子』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 安藤はニュースで獅子神が殺人を続けていることを知る。獅子神を止める方法を探す安藤は、獅子神と同じ力を持つ人間がいることに気づく。 今回は「いぬやしき」第5話『獅子神優子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第8話『犬屋敷麻理』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 襲撃を受けた獅子神が見たのは倒れたしおんとしおんの祖母の姿だった。一方、麻理は犬屋敷と安堂が行動を共にしているところを発見し、尾行を始める。一方で獅子神は警察に攻撃を始める。 今回は「いぬやしき」第8話『犬屋敷麻理』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第11話『地球の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 犬屋敷はついに家族に機械の体を持つことを打ち明ける。家族はそれを受け入れ、犬屋敷たちは幸せな日々を送っていた。しかし、その幸せは巨大隕石が地球に迫っているという発表でかき消されてしまう。今回は「いぬやしき」第11話『地球の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents