SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

県大会決勝リーグ、対陵南戦終了後。
陵南戦を迎える前、桜木のシュート練習に付き合っていた木暮は「陵南に負ければ引退だ」と少し寂しげに呟いていた。それを覚えていた桜木が、湘北勝利で試合が終わった後、木暮に「引退がのびたな」と声を掛ける。それに対して涙をにじませながらも強がりながら答えた一言がこれだ。お互いが勝利を喜び合っていることが分かるワンシーンである。

安西監督

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

スラムダンクの作中で最も有名な言葉がこれである。
中学時代の三井が安西からもらった言葉だ。県大会の決勝、いつもは熱血キャラで「この天才・三井がいる限り勝つ!最後まで諦めない!」と豪語していた三井が、難しい戦局の中、試合時間も残りわずかとなり来賓席にこぼれたルーズボールを追いかけ突っ込んでしまう。
もうだめかもしれない、と絶望的になった三井にボールを拾って手渡す安西がこの言葉を三井に贈った。
この言葉が原動力となり武石中は逆転優勝、三井はMVPとなり、彼は安西に憧れて湘北へ入学することとなった。
スラムダンクやバスケットのファン以外にも、社会のあらゆるシーンで励ましをくれる言葉として多くの人に親しまれている名言だ。

アニメ版『SLAM DUNK』

アニメ版はインターハイ直前で終了

アニメ版は原作と殆ど流れの変更はなく比較的忠実に再現されている。
ただ、物語はインターハイ出場の直前で終わっており、終了するにあたってのオリジナルエピソードとして「陵南・翔陽の特別編成チームとの対戦」で幕を閉じている。
この特別編成チームは陵南の魚住、仙道、福田、翔陽の藤真、花形らで構成されており、原作で桜木がインターハイ中に披露する「合宿シュート(ジャンプシュート)」はこの試合で描かれている。
最終的には湘北が勝ち、「これで心置きなくインターハイへ送り出せる」と魚住らに背中を押され応援されるのであった。

神奈川県大会対三浦台戦でオリジナルキャラ登場

県大会緒戦の三浦台戦には、アニメ版オリジナルキャラクターとして内藤鉄也という選手が出場している。元ラグビー部員でスキンヘッド、桜木からは「バスケをする坊さん」と呼ばれた。
彼の登場により三浦台戦は原作よりアニメ版の方が長く描かれている。
また、原作では三浦台の主将・村雨に対し、桜木が「脳天ダンク(ゴールではなくディフェンスの選手の頭にボールをダンクしてしまう)」をかましてしまうのだが、アニメ版では内藤に変わっている。これにより内藤は気絶し退場となった。

オリジナルキャラ河合マリによる湘北バスケ部の取材

県大会決勝リーグ終了後、インターハイを目指し特訓をするバスケ部に取材を申し込んだのが、アニメ版オリジナルキャラの河合マリである。放送部である河合はマネージャー彩子の友人で、かなり強引にバスケ部の取材を進めていく芸能リポーターのようなキャラである。突撃取材を試みるものの、流川には相手にされず赤木には一蹴されてしまうのだが、後に流川のプレーを見てファンになってしまった。

桜木と晴子の縁日デート

桜木は晴子に対して万年片思い状態であるが、それを一歩進めるきっかけになりそうなエピソードがアニメ版だけに追加されている。
これは桜木が、湘北メンバーが静岡遠征中に学校に残って「シュート2万本」の課題をこなしている時のことで、息抜きに晴子と縁日デートをするのである。
二人きりでいいムードになったところで桜木が晴子に告白をしようとしたタイミングで桜木の顔に蚊がとまり、それを晴子が叩いた(頬をビンタしたような形になった)ため、桜木はまたもフラれてしまったと勘違いして落ち込んでしまう。そこに桜木軍団がやってきて桜木にちょっかいを出し、ドタバタのまま幕を閉じる。

アニメ主題歌6曲中3曲がミリオンヒット

スラムダンクのアニメ主題歌は当時大ヒットした曲が多く採用されており、今でも根強い人気を持つものばかりである。
ミリオンヒットを記録しているのは、大黒摩季「あなただけ見つめてる」(エンディングテーマ第1期)、WANDS「世界が終るまでは…」(エンディングテーマ第2期)、ZARD「マイフレンド」(エンディングテーマ第4期)の3曲である。
オープニングテーマ第1期であるBAAD「君が好きだと叫びたい」はエンディング3期の初めまで続いており、アニメ版スラムダンク代表曲として多くのファンの記憶に残っている。
また、JPOPヒットメーカーである織田哲郎が手がけた作品も多く採用されている。ミリオンヒットした「世界が終るまでは…」「マイフレンド」の他にオープニングテーマ2期ZYYG「ぜったいに 誰も」も織田作品である。

主題歌

大黒摩季/「あなただけ見つめてる」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

バガボンド(Vagabond)のネタバレ解説まとめ

「バガボンド」とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

Read Article

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

ZARD(ザード、坂井泉水)の徹底解説まとめ

ZARDとは、ボーカルを務めていた坂井泉水氏を中心とした日本の音楽ユニットである。 結成当初は坂井氏を含め5名のグループだったが、結成から約1~2年の間に坂井氏以外のすべてのメンバーが脱退し、坂井氏が逝去したあとは残された音源を元にアルバムの制作やフィルムコンサートなどの活動がプロデューサーの長戸大幸氏を中心とする制作スタッフによって続けられている。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents