SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

「さぁ、整列だ」

県大会決勝リーグ、対陵南戦のラスト。
この試合の勝利で湘北にインターハイの切符が渡されることになったため、赤木が男泣きをしているシーン。
実はこれは桜木にとって、陵南との練習試合の「お返し」でもある。練習試合で初めて敗北を経験した桜木は悔し泣きをする。それを赤木が「泣くな」と同じように肩を抱き整列を促すシーンがある。
赤城が夢見ていたインターハイ出場が決定したシーン。

「おめーらバスケかぶれの常識はオレには通用しねえ!! シロートだからよ!!」

インターハイ、対山王戦。
圧倒的な点差をつけられ、湘北メンバーに敗北の二文字がよぎり始めた時、桜木は会場に向かって「ヤマオーは俺が倒す!」と啖呵を切り渇を入れる。
それでも暗い顔をしているメンバーたちに「もう勝てねーとでも思っているのか」という桜木。「おめーが簡単に言うような点差じゃねーぜ」と答える三井らに対して桜木が言い放った言葉。
素人だからこそ経験者とは違う視点でゲームを見ており、絶望や不安がなくただ前に進むことだけを信じている、そんな桜木の姿勢が湘北メンバーの空気を変える瞬間の一言だ。

「オヤジの栄光時代はいつだよ…全日本の時か? オレは………オレは今なんだよ!」

インターハイ、対山王戦。
桜木は背中を負傷し激痛に倒れベンチに下げられてしまう。ところが桜木は勝手に出場しようと交代を申し出て安西に止められる。「将来の才能を潰したくない」と言う安西に桜木が言ったのがこの言葉。
桜木にとってこの山王戦は、将来自分が背中の怪我で後遺症が起きてしまったとしても逃したくない、人生をかけた大切な試合だったことが窺い知れる一言だ。

「天才ですから」

赤木との1:1勝負でスラムダンクを決めた時から、何かにつけて自分のことを「天才」と豪語する桜木。
その中でも最も有名なのはラストシーンの言葉である。
山王戦の試合中、背中を負傷しリハビリ中の桜木に担当医が「今日はちょっときついわよ?耐えられる?」に対して答えたのがこの言葉だ。
今まで桜木の口から出てきた「天才」という言葉は単なるビッグマウスではなく、バスケにしろリハビリにしろ途中で投げ出さずに真剣に打ち込むその取り組む姿勢が「天才的」なのだということを感じさせる一言である。

左手は添えるだけ

残り時間もなく最後のシュートを流川が打とうとするも山王のブロックに阻まれる。もうダメかと思われた瞬間、桜木がこのセリフを言いながらフリーで立っていた。
作中で一度も描かれなかった流川から桜木へのパスが通り、桜木はジャンプシュートを決め、湘北は山王に勝利する。
このセリフが収録されている最終話はキャラクターの動きだけで試合を動かしており、唯一、口に出されるセリフがこの一言である(試合終了後は普通に話している)。その演出や、井上雄彦の画力も相まって、とてつもないインパクトをファンに残している。

流川楓

「何人たりともオレの眠りを妨げる奴は許さん」

流川は、バスケの次に「寝る」ことが好きだったようで、よく授業をサボったり休み時間等になると屋上で居眠りをしていたりするシーンがあった。
物語が進むに連れてバスケをするシーンが増えてきたものの、自転車通学をしながら居眠りをして停車中の車に追突するシーンなども描かれている。
好きなことを邪魔されるとプッツンしてしまうのは、バスケ以外でも同じであることが分かるシーンである。

「オレもアメリカに行くよ。今日……ここでお前を倒して行く」

インターハイ、対山王戦。
山王のエース・沢北に1on1で負け、プライドをへし折られた流川が沢北に言い放った一言。
流川はインターハイ直前、安西にアメリカ留学の相談をしていた。かつて未熟な技術のままアメリカ留学を許してしまい、結果事故で命を落としてしまったかつての教え子・谷沢の存在があった安西は流川にアメリカ留学を許可しなかった。「まずは日本一の高校生になりなさい」という安西の言葉を受け、日々練習に打ち込んでいた流川。そんな彼の前に現れた沢北が、自身のアメリカ留学が決まっていることを告げると、流川の闘争心は一気に燃え上がったのだった。

「必死でついてこい。交代しねーならよ」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

ZARD(ザード、坂井泉水)の徹底解説まとめ

ZARDとは、ボーカルを務めていた坂井泉水氏を中心とした日本の音楽ユニットである。 結成当初は坂井氏を含め5名のグループだったが、結成から約1~2年の間に坂井氏以外のすべてのメンバーが脱退し、坂井氏が逝去したあとは残された音源を元にアルバムの制作やフィルムコンサートなどの活動がプロデューサーの長戸大幸氏を中心とする制作スタッフによって続けられている。

Read Article

バガボンド(Vagabond)のネタバレ解説まとめ

「バガボンド」とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

Read Article

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents