SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

湘北高校1年。和光中出身。桜木軍団の一人。
肥満体型でバナナが好き。桜木の練習にちょっかいを出したりからかったりするが試合はいつも応援しにかけつける。

大楠雄二(おおくすゆうじ/アニメ版CV:林延年)

湘北高校1年。和光中出身。桜木軍団の一人。
金髪のリーゼントで、軍団の中では桜木の次に背が高い。

野間忠一郎(のまちゅういちろう/アニメ版CV:幹本雄之)

湘北高校1年。和光中出身。桜木軍団の一人。
軍団の仲間には「チュウ」と呼ばれている。三井らによるバスケ部襲撃事件の時、校外の不良・鉄男に体育館の場所を聞かれるも最後まで吐かずボコボコにされた。

陵南高校

魚住純(うおずみじゅん/アニメ版CV:岸野幸正)

陵南高校3年。陵南バスケ部キャプテン。ポジションはセンター。桜木からは「ボス猿」と呼ばれる。
赤木とはライバル関係にあり、身長は赤木より大きい。1年の頃はただ大きいだけで体力もなく厳しい練習に耐えられず退部を申し出たが、監督の田岡に「大きな身体は才能、お前が3年になる時綾南が初の全国大会出場を夢見ている」と期待していることを告げられ思いとどまった。
県大会敗退後はバスケ部を引退し、家業の板前修業に精を出す。山王戦では板前の格好をして赤木の前に立ち、自分を見失っていた赤木に渇を入れた。

仙道彰(せんどうあきら/アニメ版CV:大塚芳忠)

陵南高校2年。ポジションはスモールフォワード。
陵南のエースでありオールラウンダー。ゲームメイキングも得意とする。チームの空気を変えられる陵南バスケ部の要。
バスケの才能は天才的であり、田岡や魚住から絶対的な信頼を得ている。その発言は説得力があり、リーダーの素質を兼ね備えている。魚住引退後はキャプテンに就任した。
自由奔放な遅刻魔で、よく部活をサボって海釣りをしている。桜木、流川がライバル視しており、特に流川はインターハイ出場直前、仙道に1on1の勝負を挑んでいる。

福田吉兆(ふくだきっちょう/アニメ版CV:石川英郎)

陵南高校2年。ポジションはパワーフォワード。桜木からは「フクちゃん」「フク助」と呼ばれている。
バスケは中学2年から始めた為経験は浅いが、粘り強い練習姿勢とプレーで急成長した。陵南バスケ部に入部後は仙道にライバル心を燃やし更に成長する。ひたむきに練習する割にはプライドが高く傷つきやすい性格であり、それに気づかなかった田岡の厳しいしごきにキレてしまい田岡に手を挙げてしまう。それが理由で部活動の無期限休止を言い渡されていたが、バスケットリングのある場所で校外の仲間と共にバスケを続けていた。県大会決勝リーグ前に田岡の采配によりバスケ部に復帰する。

田岡茂一(たおかもいち/アニメ版CV:石塚運昇)

陵南バスケ部監督。桜木からは「ジジィ」と呼ばれている。
短気で厳しい指導をする監督だが、それは全て選手たちを信頼してのことであり、メンタル面のサポートも行う。魚住の入部を期にインターハイ出場に向けて各校の名プレイヤーをスカウトするが、三井、宮城、流川に断られ、東京の中学校から仙道のスカウトだけ成功する。そして、体力がなくただ大きいだけだった魚住を一流のセンターに、点を取る才能しかなかった仙道をオールラウンダーに育て上げた。
決勝リーグ、対湘北戦においては湘北の不安要素を挙げ一気に畳み掛けたが、不安要素と決め付けていた「初心者桜木」と「薄いベンチ層の木暮」に逆転のきっかけを作り敗北する。その際は「敗因は全てこの私」と潔く認める姿勢を見せた。

翔陽高校

藤真健司(ふじまけんじ/アニメ版CV:辻谷耕史)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

バガボンド(Vagabond)のネタバレ解説まとめ

「バガボンド」とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

Read Article

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

ZARD(ザード、坂井泉水)の徹底解説まとめ

ZARDとは、ボーカルを務めていた坂井泉水氏を中心とした日本の音楽ユニットである。 結成当初は坂井氏を含め5名のグループだったが、結成から約1~2年の間に坂井氏以外のすべてのメンバーが脱退し、坂井氏が逝去したあとは残された音源を元にアルバムの制作やフィルムコンサートなどの活動がプロデューサーの長戸大幸氏を中心とする制作スタッフによって続けられている。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents