SLAM DUNK(スラムダンク、スラダン)のネタバレ解説まとめ

スラムダンクとは1990年から96年に週刊少年ジャンプにて連載された井上雄彦によるマンガ作品である。不良高校生だった主人公・桜木花道は、一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部する。素質はあるものの初心者の桜木は、元々の破天荒な性格から予想外のプレーで周囲を驚かせるが、リーダーの赤木やチームメイトと共に全国制覇を目指し、バスケットマンとして成長していく。

湘北高校3年。桜木からは「ゴリ」と呼ばれ、宮城からは「赤木のダンナ」と呼ばれる。湘北バスケ部のキャプテン。ポジションはセンター。
湘北バスケ部の中では最も体格が大きく、「ゴール下のキングコング」とまで呼ばれている。その風貌からバスケ部メンバーをはじめ部外の不良たちからも恐れられている。
バスケに対する想いは人一倍強く、真面目で実直な熱血漢。勉強の成績も良い。1年生の頃から「全国制覇」を目標に掲げていたが、チームメイトに恵まれずその才能は埋もれてしまっていた。
同級生の木暮とは北村中からの仲で、共に「全国制覇」を夢見てきた。

宮城リョータ(みやぎりょーた/アニメ版CV:塩屋翼)

湘北高校2年。ポジションはポイントガード。桜木からは「リョータくん」「リョーちん」と呼ばれる。
小柄だが驚異的なスピードでボールを運び、ドリブルを得意とする。フェイクや1on1のスキルもかなり高いが、ミドルシュートの決定率が悪い。
ゲームの流れとメンバーの空気をいち早く察知したり、はたまた不良グループのボスを見分けたり、と鋭い観察眼を持つ。
喧嘩によるケガで入院していたが、退院しバスケ部に復帰した。喧嘩ではとび蹴りが得意。
マネージャーの彩子に一目ぼれしており、彩子と並んで歩く桜木に勘違いで蹴りを入れてしまうが、その後お互いが女性にモテない不幸な境遇だと知ると意気投合しすっかり仲良くなる。

三井寿(みついひさし/アニメ版CV:置鮎龍太郎)

湘北高校3年。武石中出身の中学MVP。ポジションはシューティングガード。桜木からは「ミッチー」と呼ばれる。
中学校時代、試合中に安西と出会い、その時かけてもらった言葉のおかげで試合に勝つことができた。それ以後、尊敬するようになり湘北へと入学する。
しかし同期の赤木の存在が注目されたり、膝を故障して試合に出られなくなってしまい、バスケをやめてしまう。
その後、荒れた生活を送り不良グループの頭になっていたが、バスケ部襲撃事件をきっかけに改心し再びバスケを始める。
3ポイントシュートを得意とするが、ブランクがあるせいか体力はあまりない。

木暮公延(こぐれきみのぶ/アニメ版CV:田中秀幸)

湘北高校3年。バスケ部副キャプテン。ポジションはスモールフォワード。桜木からは「メガネ君」と呼ばれる。
赤木とは中学校からの親友で、同じ「全国制覇」を目標にしている。温和な性格で、厳しい赤木の指導に対してフォローをしたりメンバーとのパイプ役になる等メンタル面において欠かせない存在となっている。
三井によるバスケ部襲撃事件の時には冷静に三井を怒る場面もあり、内に熱い思いを秘めている一面も見せる。
スタメンではないが、ケガやスタミナ切れになった時には必ず登場するシックスマン的ポジションにいる。際立った能力はないが、陵南戦では勝利の決定打となる3ポイントシュートを決める。

赤木晴子(あかぎはるこ/アニメ版CV:平松晶子)

湘北高校1年。桜木の同級生。赤木の妹。
赤木には全く似ていない美少女で、桜木をバスケ部に勧誘した張本人。この時、桜木から一目惚れされてしまうのだが、晴子自身はずっと流川に片思いをしており桜木の思いには気づかない。しかし桜木に対しては強い友情の念があり、落ち込んでいる時には励ましたり、シュート練習に付き合うなどサポートをしている。
インターハイ終了後はバスケ部のマネージャーとなり、リハビリ中の桜木にバスケ部の近況を報告する手紙を送っている。

彩子(あやこ/アニメ版CV:原えり子)

湘北高校2年。バスケ部マネージャー。苗字は明かされていない。
流川と同じ富ヶ丘中出身。宮城とはクラスメイトで「アヤちゃん」と呼ばれ好意を抱かれていることを自覚しているが相手にしていない。
しかし試合中など、宮城が「ここぞ」という踏ん張り時には必ず励ましの言葉を贈っている。
肝の据わった男勝りな性格で、初心者の桜木にドリブル等の基礎練習を仕込んだり、県大会決勝リーグで一戦も負けられなくなった時、挨拶の声が小さい部員にハリセンで渇を入れるなどしている。

安西光義(あんざいみつよし/アニメ版CV:西村知道)

湘北高校バスケ部監督。桜木からは「オヤジ」と呼ばれる。
温和で練習にも口出しせず厳しいことは一切言わないため、ついたあだ名は「ホワイトヘアードブッダ(白髪仏)」だった。ところが大学バスケの監督をしていた頃は間逆で、厳しい「しごき」を容赦なく選手たちに課す「ホワイトヘアードデビル(白髪鬼)」と呼ばれ恐れられていた。
バスケ界には「この人あり」と呼ばれるほどの重鎮で、各校の監督からも敬意を評して「安西先生」と呼ばれている。

水戸洋平(みとようへい/アニメ版CV:森川智之)

湘北高校1年。桜木と同じ和光中出身。
桜木の不良仲間「桜木軍団」では事実上の頭である。桜木の親友であり理解者で、バスケを通じて成長していく様子をからかいつつ見守っている。
喧嘩は最も強く理性的で大人びている。三井らによるバスケ部襲撃事件の際は冷徹に三井を殴るシーンがあったものの、三井がバスケ部と和解すると暴力事件の主犯として罪を被るなど仲間思いな面を見せる。

高宮望(たかみやのぞみ/アニメ版CV:塩屋浩三)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

バガボンド(Vagabond)のネタバレ解説まとめ

「バガボンド」とは、スラムダンクの作者でもある井上雄彦先生による名作。宮本武蔵を題材としているが、従来ある歴史ものの古臭さは全くなく、むしろスタイリッシュな作品である。村一番の嫌われ者'武蔵'が剣に生き、天下無双を目指し旅を出る。強者たちと出会い、次第に本当の強さとは何かを追い求めていく内容。人の暗部を鮮明に映し出す心理描写はまさに圧巻。また、作画が非常に美しいのも魅力の一つである。

Read Article

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

ZARD(ザード、坂井泉水)の徹底解説まとめ

ZARDとは、ボーカルを務めていた坂井泉水氏を中心とした日本の音楽ユニットである。 結成当初は坂井氏を含め5名のグループだったが、結成から約1~2年の間に坂井氏以外のすべてのメンバーが脱退し、坂井氏が逝去したあとは残された音源を元にアルバムの制作やフィルムコンサートなどの活動がプロデューサーの長戸大幸氏を中心とする制作スタッフによって続けられている。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents