Lia(リア)の徹底解説まとめ

2004年から活動を本格的にスタートした日本の女性歌手。
15歳の頃に渡米し、ゲーム・TVアニメ『AIR』の主題歌「鳥の唄」と購入歌「青空」を収録。その歌声から「クリスタルヴォイス」と称されるようになる。
その後も「ポップス」、「クラシック」、「ジャズ」とさまざまなジャンルを歌いこなし活動を行う。

Lia 概要

15歳で渡米し、TV&劇場版アニメ『AIR』の主題歌「鳥の詩」、挿入歌「青空」を収録。その歌声が話題となり透明感があることから「クリスタルヴォイス」と称されるようになり、帰国後も各方面からオファーが殺到するようになる。

2004年に1st アルバム「prismatic」リリースを皮切りにアーティスト活動を本格的にスタートする。

後の2006年に『スクエアエニックス』が発売する『ファイナルファンタジーXII』メインコンポーザーの「崎元仁」とのコラボアルバム「Colors of Life」が国内に続いて韓国 でリリース。
以後もコナミ発売の『ビートマニア』、TVアニメ『イニシャルD』、TVアニメ『スクールランブル2学期』、TVアニメ『爆球HIT!クラッシュ ビーダマン』と数多くのサブカルチャーのボーカルとして活動を行う。
また、別名義の大文字表記「LIA」として世界的に活躍するようになる。

2008年にはTVアニメ『Angel Beats!』のオープニング主題歌「My soul, Your Beats!」がオリコンウィークリー初登場で自己最高の3位を記録。

2011年には「Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2010」にて、Independentチャート部門の年間1位を「My soul, Your Beats!」で受賞。「第43回オリコン年間ランキング2010度アニメタイアップシングル」でも年間1位を獲得する。
また、歌手として参加したアルバム「Calling All Dawns」が2011年度グラミー賞を受賞する。

人物像

東京都生まれの日本人歌手。
「Lia」という名義で作詞・作曲を行い「ポップス」「ジャズ」「クラシック」と幅広いジャンルの楽曲を手掛ける。同時に大文字「LIA」名義での活動もしており、こちらではハッピーハードコア分野で活動している。

4歳の頃からクラシックバレエを習い始め、ミュージカルに出演することも多いことから声楽も並行して習い始めるようになる。
日本の高校を卒業後にマサチューセッツ州の大学へ留学。1年通うも、そこでは成長しないと考えアメリカのバークリー音楽大学に編入し卒業する。卒業後しばらくはロサンゼルスで活動を行うようになる。
ロサンゼルスのスタジオでレコーディングをしている時、「I've」の「高瀬一矢」からスタジオを使いたいと連絡があり、その際Lia自身も歌手として活動していると宣言し知り合いになる。
その後、高瀬一矢からレコーディングに歌手がこれなくなった為、代わりに歌わないかとオファーがありデモテープを収録。それを聞いた『ビジュアルアーツ』の社長「馬場隆博」が歌声を気に入り「鳥の唄」「青空」「Farewell song」のレコーディングを行った。そして『Key』が発売するPCゲーム『AIR』に「鳥の唄」「青空」が使われ有名になる。
その縁かはわからないが、ゲーム会社『Key』が関わる作品の曲をLiaが歌っていることが多い。

LiaがCDを出す「queens label」の姉妹音楽制作レーベルの「I've」の収録に参加したこともあり、同じ女性歌手の「彩菜」とは共に食事に行くなど仲がいい。また、「麻枝准の殺伐RADIO」では5時間に及ぶラジオの中で酒を飲んだり食事をしたり、過去を語り合ったりと「麻枝准」との仲もいい様子である。

Liaは2児の母であり、2010年に女児を出産。2013年に第2子となる男児を出産している。

queens label

LiaのCDやDVDの多くを発売している所属の音楽制作レーベル。
PCゲームやアニメーション制作など多岐にわたり手掛けている会社「ビジュアルアーツ」所属であり、他に「I've」や「Key Sounds Label」もビジュアルアーツ所属の音楽制作レーベルである。

製作したCDやDVDは「queens label」での流通と「ポニーキャニオン」での流通の2種類があり、Liaが出すアルバムも2種類の流通で発売している物がある。

基本的な流通の分け方は、
「queens label」がソフトウェア流通となり、一般レコード店舗では販売していないもの。
「ポニーキャニオン」が音楽流通となり、一般レコード店舗で販売しているものになる。

アルバム

prismatic

01.「輝 ~HIKARI~」
02.「FAIRY LAND」
03.「one summer day」
04.「あなたがいるだけで」
05.「message」
06.「鳥の詩 2004summer version ~Relaxin' with lovers mix~」
07.「Starting Over」
08.「tell me」
09.「getting started」
10.「with you」
11.「You Are…」
12.「gift ~live version~」

1stオリジナルアルバム。2004年6月25日発売。
クリスタルヴォイスと称されるようになったきっかけの曲「鳥の唄」を2004年サマーバージョンとして編集し収録。また、Lia自身が作詞作曲を手掛けた楽曲も多数収録されている。
アルバムタイトル「prismatic」の訳は「プリズムの、分光の」であり、Liaのボーカルアプローチの集大成「多種多様な色を持つ声」という意味が 込められている。

Colors of Life

01.「will」
02.「桜風(another dream mix)」
03.「夏の蝶」
04.「Star Light Night」
05.「君の余韻 ~遠い空の下で~(summer lights mix)」
06.「観覧車」
07.「彩 ~Colors of Life ~」
08.「大切な君へ…」
09.「Mother Rhythm」
10.「君の余韻 ~遠い空の下で~」
11.「桜風」

2ndオリジナルアルバム。2005年5月25日発売。
『スクエアエニックス』が発売する『ファイナルファンタジーXII』のメインコンポーザーを務める「崎元仁」が全曲作曲しフルプロデュースしたアルバムである。
全曲オリジナルであり、「桜風」と「君の余韻 ~遠い空の下で~」はアレンジ曲も収録されている。

gift

01.「荒城の月」
02.「Love Sick Maze」
03.「I dream」
04.「White Sky」
05.「射光の丘」
06.「gift~Duo Version~」

3rdオリジナルアルバム。2005年12月29日発売。
「瀧廉太郎」が作曲した「荒城の月」をLiaが歌い収録している。「Love Sick Maze」と「I dream」はアップテンポの明るい曲であるが、それ以外の曲はバラード系の曲であり「荒城の月」同様、Liaの歌声を邪魔しないような静かで落ち着いた曲となっている。

dearly

01.「Life」
02.「sky-high」
03.「Last regrets feat.彩菜~duo version~」
04.「karma」
05.「Beautiful Dreamer」
06.「Interlude」
07.「appear」
08.「君の翔ぶ空」
09.「THE FORCE OF LOVE」(PCオンラインゲーム『RF online』イメージソング)
10.「Interlude」
11.「River of time」
12.「虹イロ三日月」
13.「時間(トキ)の風」
14.「射光の丘」
15.「dearly」

4thオリジナルアルバム。2006年11月1日発売。
ゲーム会社『Key』で主題歌やBGMを手掛け「鳥の唄」や「青空」の作詞を手掛けた、「麻枝准」の書き下ろしバラード「karma」を収録したアルバム。また、麻枝准はTVアニメ『Kanon』の主題歌「Last regrets」の作詞・作曲も手掛けており、歌手の「彩菜」をゲストに迎えてLiaとデュエットした曲を収録している。
「射光の丘」は前作アルバム「gift」でも収録されていたが、人気の高い曲の為、特別に本アルバムでも収録されている。

new moon

01.「Introduction」
02.「Enter」
03.「SANDSTORM」
04.「Soldiers」
05.「doll」(テレビアニメ『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』エンディングテーマ)
06.「human」(テレビアニメ『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』第13話エンディングテーマ)
07.「Believe ~from Vivaldi's “Winter”~」
08.「僕の愛のカタチ」
09.「Love of Destiny」
10.「約束」(映画『CLANNAD』イメージソング)
11.「君をのせて」(スタジオジブリ映画『天空の城ラピュタ』主題歌カバーソング)
12.「new moon」
13.「Last Present」

5thオリジナルアルバム。2008年9月2日発売。
作詞・作曲で人気が高い「麻枝准」が担当した曲「Soldiers」「doll」「human」を収録している。
「Believe ~from Vivaldi's “Winter”~」はイタリアの作曲家「アントニオ・ヴィヴァルディ」の協奏曲『四季(協奏曲第4番ヘ短調RV.297「冬」)』にLiaが作詞し歌ったカバー曲になる。
また、「君をのせて」も『天空の城ラピュタ』主題歌を歌ったカバー曲となっている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents