みつどもえ(Mitsudomoe)のネタバレ解説まとめ

「みつどもえ」とは、「桜井りお」によるギャグ漫画及びブリッヂ製作のアニメーション作品。2010年に第一期が放送され、翌年2011年に第二期「みつどもえ 増量中!」が放送された。日本一似てない三つ子の長女「丸井みつば」次女「丸井ふたば」三女「丸井ひとは」の三人を中心に、三つ子の小学校の同級生や家族達の日常を描く、パワフルで下ネタなギャグ作品。

『みつどもえ』概要

「みつどもえ」とは、作者「桜井のりお」によるギャグコメディ漫画。
2010年にブリッヂ製作でアニメ化され、2011年には「みつどもえ 増量中!」とタイトルを改め二期が放送された。
そして二期最終回の翌週には特別編が放送された。
少々過激な下ネタ・グロネタがあるため、音声や映像に一部規制が掛かっている。
アニメのサブタイトルは映画・アニメ・漫画・小説などのタイトルオマージュになっている。

本編のこぼれ話「ほぼ週刊みつどもえ」が、コミックウェブサイト『Champion タップ!』にて2014年7月17日から2016年6月2日まで更新された。
他にも、ドラマCDやキャラクターソングが発売され、ウェブではみつどもえラジオ「3ちゃんねる」でラジオが配信された。
公式サイトでは三つ子に質問し三つ子が答えるコーナーや、エピソードの総選挙などが行われた。

非常に多くパンツネタが登場するが、作者の拘りなのか読者(視聴者)へのパンチラサービスは一切無く、絶対に見えないようになっている。
また、下ネタや変態ネタなど多く存在するが殆どが勘違いや行き違いなどの錯誤から起こるギャグであり、キャラクター達をそのまま性の対象にするような表現というのは殆ど無い。

■ストーリー日本一似ていない小学6年生の三つ子。ちょっとおませなサドガールの「丸井みつば」ちょっとスケベなマッスルガールの「丸井ふたば」ちょっと不思議な暗ガールの「丸井ひとは」このとってもかわいくて、とってもおかしな丸井家三つ子三姉妹が織り成す破天荒な小学生ドタバタ・ショートコメディー!!■スタッフ原作:「みつどもえ」桜井のりお (週刊少年チャンピオン連載)監督:太田雅彦■キャスト丸井みつば:高垣彩陽 丸井ふたば:明坂聡美 丸井ひとは:戸松遥 矢部智:下野紘

あらすじ・ストーリー

日本一似てない丸井家の三つ子、長女「みつば」次女「ふたば」三女「ひとは」という問題児3人と、個性的過ぎるクラスメイト達、そして担任教師「矢部智」はドタバタと日常を過ごしていく。
子供達(と一部大人)は、時に友情・恋愛・下ネタ・勘違いなどを繰り返しながら、単純なようで複雑な人間関係を形成していく。
女王気質で食いしん坊のみつばは段々デブキャラとなり、怪力少女ふたばは幼馴染の佐藤と良い感じになったりならなかったり、根暗なひとはは不本意としながらも友人が増えていく。

登場人物・キャラクター

丸井家

丸井 みつば(まるい みつば)

CV:高垣彩陽

丸井家三つ子の長女。主人公の1人。
キャッチフレーズは「ちょっとおませなサドガール!!」。
呼ばれ方は「みつば」「みつばちゃん」「みっちゃん」「長女」「痴女」「雌豚」「パンツ女」など。
性格は女王気質のドSで人を見下しがちで、支配者を気取り、様付けで呼ぶよう強要する。
しかし根の部分ではお人良しで、他人のために行動することもあり面倒見が良い。
イラストがプリントがされたパンツをコレクションしている。
容姿は良い部類に入るが、性格の悪さが由来してあまり男子からモテている様子は無いが、本人はモテていると思っている。
食いしん坊なキャラで、話が進むにつれその面がどんどん強調されていき、暇があると何かを食べているため、デブキャラのようなポジションになっている(しかし見た目は変わらない)。
そのせいか暑さに弱く汗っかきで大量の汗をかく。
父親への当たりは強く、みつばからは雌豚呼ばわりされ、みくからはライバル視されストーカー行為を受けている。
みく達とは段々仲良くなっていき、三つ子といつも一緒に行動するメンバーへとなっていく。
食べる時の擬音は「むしゃコラむしゃコラ」。

丸井 ふたば(まるい ふたば)

CV:明坂聡美

丸井家三つ子の次女。主人公の1人。
キャッチフレーズは「ちょっとスケベなマッスルガール!!」。
一人称が「小生」、語尾が「~ッス」。
他二人と違い「ふたば」と名前で呼ばれ、比較的クラスの女子にも男子にも馴染んでいる。
性格は天真爛漫で、明るくて人当たりも良く誰とでも仲良く出来るが、その無邪気さ故にトラブルメーカーでもある。
いつもキャミソールとスパッツに素足という服装で、冬は寒いのを我慢している(稀にコートを羽織ったりしている)。
怪力の持ち主で且つ運動能力もかなり高く、50メートルを6秒で走る。
オバケなど怖い物が苦手で、勉強も苦手。
絵を描くのが得意で、特におっぱいを描く事に対しては並々ならぬ情熱を持ち、ノートの落書きなどではリアルなおっぱいを只管描き続けている。
いつもは明るいが、風邪を引くと怖ろしい形相になり、その姿から根暗な三女ひとはと間違われる。
幼馴染の同級生「佐藤信也」と仲が良く、お互いに好意を抱いているようなシーンが多々存在する。
そのため佐藤をアイドル視している「佐藤が好きでしょうがない隊」(特に隊長の「緒方愛梨」から)ライバル視されている。
ひとはに対しては姉のように、みつばに対してはたまに冷ややかな目線を送り、父親の事が大好き。
歩く時の擬音は「とてちてとてちて」。

丸井 ひとは(まるい ひとは)

CV:戸松遥

丸井家三つ子の三女。主人公の1人。
キャッチフレーズは「ちょっと不思議な暗ガール!!」。
呼ばれ方は「ひとは」「ひとはちゃん」「三女」「三女さん」などで、クラスメイトからは三女呼びが多い。
性格は根暗で人になかなか心を開かず、本人もコミュニケーションを取ろうとせず話しかけられてもスルーし、喋る時はボソボソと喋る。
人見知りであるため人に言いたい事がいえない事もあるが、見知った仲の相手には辛辣な毒舌を言ったり、行動をいじったりする。
クラスで飼う事になったハムスター「チクビ」をこよなく愛し、相思相愛の仲。
いつもエロ本を読んでいるが、中身は絶対に他人に見せない。
勉強は得意であるが、その反面極度の運動音痴。
本人は意図していないようであるが、たまに血走った目つきをするため写真に写りこんでいると心霊写真だと勘違いされる。
ミステリアスで近づき難い雰囲気から序盤は友達らしい友達は存在しないが、段々クラスメイトと打ち解けていきみく達と行動を共にするようになる。
テレビの特撮作品「ガチレンジャー」の大ファンで、当初は他人に隠していたがクラスメイト達と仲良くなった後は打ち明けた。
クラスメイトと関わりが薄かった分矢部先生とのエピソードが多く、矢部に迷惑を掛けて遊んだり、お互いにガチレンジャーのファンであるため仲が良い。
土日はチクビが矢部の家にいるため、矢部の家の合鍵を自作して勝手に家に上がりこんでいることもある。
宮下から好かれており、何かとみつばと仲良くなろうと接してくるが、みつばは宮下を鬱陶しがり宮下の名前も良く覚えていない。
みくの弟「龍太」とはガチレンジャーのファン同士で仲が良い。
オカルト少女「松岡咲子」からは美少女霊媒師だと勘違いされ、最初は鬱陶しがっていたが、段々それを利用する術を身につけて行く。
家では家事を担当したり家計の心配をするなど丸井家の世話役でもある。
風邪を引くと物凄い美少女になり、風邪を引くと怖ろしい形相になるふたばとは逆タイプになる。
興奮すると「むふぅ」と言い、鼻息が荒くなる。
他人をスルーしたり立ち去る時の擬音語は「スィー」。

丸井 草次郎(まるい そうじろう)

CV:天田益男

みつば・ひとは・ふたば達のお父さん。
キャッチフレーズは「ちょっと不審な三つ子パパ」。
アニメではいつも激画で描かれる。
至って普通の子煩悩な父親なのであるが、外見から外を歩いているだけで不審者に間違われ、いつも警察官に職質される。
町の不審者情報に載ったり、電車に乗れば十中八九痴漢と間違われ、子供達と遊んでいるだけで通報される。
本人曰く学生時代はモテており、佐藤と近い外見をしていた。
その後三つ子たちが小学校に上がる前まではスリムな体型で、無精ヒゲの生えたイケメンであったが、太ってからは変質者に間違われるようになった。
みつばからは反抗的な態度を取られ、ふたばからは好かれすぎて心配になり、ひとはには無視されがち。
悪い事はちゃんと悪いと怒る良いお父さん。

鴨橋小学校6年3組

杉崎 みく(すぎさき みく)

CV:斎藤千和

みくを中心にしたグループ「チーム杉崎」のリーダー。
キャッチフレーズは「みつばが大嫌いなブルジョア」。
家がお金持ちでいつも高い服や装飾品を持っていたり、どこへ旅行へ行ったなどのセレブな話をし、チーム杉崎(特に吉岡)が羨ましがる。
みつばの事を嫌いライバル視し、みつばの弱点を探り盗撮したりストーカーするうちに段々それが趣味になってしまう。
携帯電話にはみつばの恥ずかしい写真が沢山保存されている。
女王様気質なところやツンデレなところなど、みつばと似た性格を持っている。
吉岡達の事は取り巻きではなくキチンと友達として認識しており、後に三つ子達とも仲良くなっていく。
いつも高くて美味しいグルメな食事をしており、丸井家と一緒に回転寿司に行った時はお寿司が回っているのを始めて目にして非常に喜んでいたが、いざお寿司を口へ運ぶと微妙な顔をした。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents