クロックタワー(CLOCK TOWER)のネタバレ解説まとめ

『クロックタワー』とは1995年にヒューマンからリリースされたスーパーファミコン専用のアドベンチャー・ホラーゲームソフト。ゲーム会社・ヒューマンが発売した『セプテントリオン』、『ザ・ファイヤーメン』に続くパニックソフトシリーズの完結作である。屋敷の中に潜む殺人鬼から逃れるために主人公ジェニファーを脱出させるのが目的であり、のちにシリーズ化される「クロックタワーシリーズ」の第1作でもある。

本作のメインの女性敵キャラクターである。
孤児院の教師をしている。少しヒステリックな性格である。
メアリーらを殺害するためにバロウズの屋敷へ引率した。

サイモン・バロウズ

出典: clocktower.wikia.com

ジェニファー達が連れてこられた屋敷の主人。
メアリーによって屋敷内の牢屋に閉じ込められており、発狂している。
ジェニファーを見た際、彼女を食べ物だと思い込む。

ボビィ・バロウズ

出典: clocktower.wikia.com

ジェニファーを必要に追いかけ回す大きなハサミを持った敵キャラクター。シザーマンと呼ばれる。
ボビーはメアリー・バロウズの息子であり、ダン・バロウズとは双子の兄弟である。
条件を満たさなければどんな攻撃をしても決して死ぬことがない。

ダン・バロウズ

出典: clocktower.wikia.com

ダンはボビー・ブラウンの双子の兄弟でメアリー・ブラウンの息子である。
肥大化した肉体をもつバケモノ。バロウズの屋敷を念動のような超能力で操っている。
彼は屋敷の地下にある巨大なベッドの上に横たわっている。

ウォルター・シンプソン

出典: vignette3.wikia.nocookie.net

本作の主人公であるジェニファー・シンプソンの父親である。
ジェニファーは彼が行方不明になっていると思っていたが、バロウズの屋敷で白骨化した遺体を発見する。
彼は死ぬ前にメアリーの出産に立ち会ったこと、生まれた双子が化け物だったこと、彼らに片腕を食いちぎられて、密室に閉じ込められたことをカルテに書き残していた。

『クロックタワー』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

クロックタワーは河野一二三が監督をしている。河野は彼が好きな映画監督ダリオ・アルジェントへのリスペクトをゲームに反映することを望んでいた。特筆すべきことに、今作はダリオの映画「フェノミナ」から多くのアイデアを使用している。例えば「フェノミナ」の主人公の名前は本作と同じくジェニファーであり、容姿もそっくりである。また奇形児が登場したり、殺人鬼がハサミを振り回したりするのも「フェノミナ」からのアイデアである。河野は古いホラー映画を大変好んでおり、クロックタワーにも同じような雰囲気を持たせることを望んだ。
河野はクロックタワーを少ない予算と少ないスタッフによる実験的な作品であったと語っている。
彼の仲間は主人公が敵から逃げるというゲームは世間に受けないと考えていたが、河野はこのシステムで推し進めた。大部分のグラフィックは2Dで制作されているが、屋敷のみ3Dで作られた。キャラクターのグラフィックは実際の人間の写真をデジタル処理して作られている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

初代クロックタワーの思い出。正直今でも怖すぎる!

クロックタワーシリーズは、1995年にSFCで発売された一作目を筆頭に、ホラーゲームの金字塔として有名なゲームです。SFCで1、PSで2、PS2で3と、三部作となっています。2や3も怖いですが、中でも1はとにかく怖い!徹底的に怖い!一体なんでこんなに怖いのか!そんなクロックタワーの思い出を振り返ってみましょう。

Read Article

クロックタワー2(CLOCK TOWER 2)のネタバレ解説まとめ

ホラーゲーム「クロックタワー」シリーズの2作目。ストーリーは前作の続編となっており、前作の主人公「ジェニファー」と、その保護者「ヘレン」が主人公となる。前作からキャラクターやモチーフは引き継がれているが、主人公が二人いることで、主人公ごとに展開の異なる謎解きやストーリーが楽しめる。また、ハードがスーパーファミコンからPlayStationに移行したことで、前作に比べて演出面が大幅に強化された。

Read Article

目次 - Contents