生徒会役員共(Seitokai Yakuindomo)のネタバレ解説まとめ

氏家ト全原作の少年漫画。2007年より「マガジンSPECIAL」にて1年にわたり連載されたのち「週刊少年マガジン」に移籍し、10年目を迎え現在も連載中。2期に渡りアニメ化もされ、コミックス限定版でOVA化もされている。10周年を迎える2017年7月に劇場版の公開が決定している。天草シノ率いる桜才学園生徒会を中心に、個性豊かなキャラたちが展開する下ネタ8割の4コマ漫画。

ツッコミ津田不在の日

普段生徒会でのツッコミ担当は津田タカトシが務めている。妹も思春期で多感な年ごろのため下ネタを連発するのでなれており、シノやアリア下ネタにも対応出出来た。一方、萩村スズは作中数少ない常識人であり間違いを正すことは出来るものの、タカトシほど的確に突っ込む事が出来なかった。そんなある日、タカトシが発熱により学校を休んでしまう。いつものように仕事をする生徒会メンバーだったが、相変わらず下ネタを繰り広げるシノとアリア。普段はタカトシにツッコミを任せているため慣れていないので上手く対応出来ないスズ。そこに横島先生も加わり手に負えないスズはタカトシに助けるかのように叫ぶもののその声が届くことはなかった。結果一日で疲労困憊となりタカトシの有難みを改めて実感するスズであった。

畑ランコのスクープ

桜才学園一のジャーナリスト、畑ランコ。スクープのためならねつ造も恐れないジャーナリズムの持ち主で、生徒会メンバーも被害をこうむる事もしばしばだった。そんなある日、屋上で物思いにふける畑を生徒会メンバーが発見。事情を聞いてみると、どうやら他の新聞部の部員が病欠で自分一人しか登校していなく休刊せざるをえない状況になっていたのだった。事情を聴いた生徒会メンバーは、普段迷惑を掛けられているものの、桜才新聞休刊はさけたいと考え協力する事に。記事作成に励む生徒会メンバーだったが、スクープを追っていくうちに畑ランコのスクープを追う気持ちがわかり始めていた。そんな中、今回のメイン記事は教師の柔道部顧問の大門先生と音楽の道下先生の婚約情報。二人が親密にしている情報が入っていたという事で一面記事にすることにしたのだった。その後、追跡調査をしていると、二人が親密に話している所を発見。その後、畑ランコによる直撃取材をした結果、二人が婚約する事が発覚。無事生徒会メンバーの協力により、休刊を避けられ、そして大スクープを報じる事に成功するのであった。

魚見さんがお姉さんに

英稜学園の生徒会長を務める魚見チヒロ。学園交流会をきっかけに桜才学園の生徒会と交流するようになった。もともと大人しい性格だったが、シノやアリアと交流するようになってから二人の影響か元々の特性だったのか、下ネタや突拍子のない言動が観られるようになって行った。そんなある日、タカトシが親戚の結婚式を訪れるとそこで魚見と遭遇。どうやらタカトシの親戚の結婚した相手は魚見の親戚でもあったようで、これにより二人は親戚同士になるのであった。これにより魚見はタカトシに「お姉ちゃん」と呼ぶよう要求。初めは困惑していたが、勢いに押され受け入れる事になり「お姉ちゃん」「タカくん」と呼び合うように。それからは、両親不在時には面倒見に津田家に訪れるなど二人の関係性は現在進行形である。

主題歌・劇中歌

1期

OP(オープニング)トリプルブッキング:『大和撫子エデュケイション』

作詞 - こだまさおり / 作曲 - 山口朗彦 / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - トリプルブッキング

ED(エンディング)angela:『蒼い春』

作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU / 歌 - angela

2期

OP(オープニング)トリプルブッキング:『花咲く☆最強レジェンドDays』

作詞 - 花衣 / 作曲・編曲 - 新井弘毅 / 歌 - トリプルブッキング(日笠陽子、佐藤聡美、矢作紗友里)

ED(エンディング)佐藤聡美:『ミライナイト』

作詞 - moyu / 作曲 - KEYTARO / 編曲 - Coral Echo / 歌 - 佐藤聡美

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents