KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カン・クルー)の徹底解説まとめ

『KICK THE CAN CREW』とは、KREVA、MCU、LITTLE、DJ SHUHOからなる3MC+1DJの日本のラップグループである。マルシェで紅白歌合戦出場を果たし、ヒップホップを全国的に広めた。1996年に結成し、2004年人気絶頂の中活動休止。その後はそれぞれソロ活動し、MCUとLITTLEはULというユニットを結成し活動をしている。

2003年8月6日にリリースされた11枚目のシングル、5ヵ月連続リリースの第1弾作品である。
KREVAとDJ TATSUTAとのユニット顔PASSブラザースのプロデュース作品。
アメリカのエレクトリック・ベースプレーヤーのジャコ・パストリアスのリバティーシティーをサンプリングしている。

イツナロウバ

2001年7月11日発売の2枚目のシングル。
曲名はIt's not over(イッツノットオーバー)を崩しイツナロウバとなった、「まだまだ終わりじゃないぜ!」という意味である。

スーパーオリジナル

2001年5月23日にワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた、メジャー第一弾シングル。
アルバム「Vitalizer」に収録されている。歌詞にもあり後に愛称となる「キャラ立ち3本マイク」、「大(KREVA)中(MCU)小(LITTLE)」を特徴づけた1曲。

KICK THE CAN CREWの活動再開が決定

2017年6月18年、KREVAのワンマンライブで新曲「千%」のMVが流れ、MVと同じ衣装を着たKICK THE CAN CREWの3人が登場し、直接ファンに復活することを正式に報告した。
KICK THE CAN KREWは8月30日に「千%」を収録する新アルバムのリリースを発表している。アルバムについては「地に足が着いた良い作品が出来ました。売れたい!(KREVA)」、「It's been a long time!! また遊ぼう!(LITTLE)」「長いことお待たせしました…が!ようやく新しいのが出来ました! 引き続きよろしくおねがいします!(MCU)」そコメントしている。さらに9月7日には日本武道館でスペシャルイベント「復活祭」を開催することが発表された。

関連リンク

www.kickthecancrew.com

www.facebook.com

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents