けものフレンズ(Kemono Friends)のネタバレ解説まとめ

この作品はテレビ東京で2017年の1月から3月まで放映された。キャラクターは3Dで造られているのが特徴。けものフレンズは女の子に擬人化した世界中の動物が集まるジャパリパークを舞台としている。ジャパリパークに迷いこんだかばんちゃんがサーバルちゃんと出会い、冒険する物語となっている。キャラクターデザインを担当したのは「ケロロ軍曹」で有名な吉崎観音さんである。

4話にて登場。
日本で目撃情報がある未確認生命体のツチノコのフレンズ。
ヘビを模した茶色いフードをかぶっている。
赤外線センサー機能がついているピット器官によってセルリアンを探知できる。
極度の恥ずかしがり屋で、ぶっきらぼうな態度で接する。

ロイヤルペンギン(CV:佐々木未来)

出典: vignette4.wikia.nocookie.net

pppのリーダーでジャパリパークのアイドルである。
リーダーらしく責任感の強い性格で、歌の振り付けなどをメンバーたちに指導していた。
アイドルグループとしては3度目の結成で、8話で初ライブを迎えた。
次回予告にたびたび登場している。

アフリカオオコノハズク(博士)(CV:三上枝織)

出典: image.space.rakuten.co.jp

助手と共にジャパリパークのしんりんちほーにある図書館を管理しているコノハズクのフレンズ。
毒舌的なセリフで話すのが特徴で、本を扱うなど他のフレンズに比べて頭が良い。
そのためか、他のフレンズのリーダーシップを務めている。
羽は白く、声のトーンは助手と比べて高い。
7話では自ら出したテストに合格したかばんに「ヒトは滅亡した」事実を教えた。

ワシミミズク(助手) (CV:上原あかり)

出典: i.ytimg.com

博士と共に図書館を管理しているワシミミズクのフレンズ。
言葉遣いや性格は博士とほぼ同じだが、羽の色と大きさだけ違う。
羽は茶色く、博士に比べて口調のトーンが低い。

『けものフレンズ』の用語

ジャパリパーク

世界のどこかに造られた超巨大なサファリパーク。
ここでは動物にサンドスターが触れて誕生したフレンズが生息している。
さばんなちほーなど気候ごとにエリアが分かれている。
遊園地など今は施設があちこちに放置されているが、大昔はヒトが管理していた。

フレンズ

火山から出てくるサンドスターによって動物がヒトの形になった存在。
フレンズは一匹ごとに聴力など元動物の特徴が引き継がれている。
しかし、フレンズの食べ物として親しまれているじゃぱりまんという饅頭を食料としているため、フレンズ同士で共喰いすることはない。
セルリアンに食べられてしまうと、フレンズの個性は消滅し元の動物に戻ってしまう。

ヒト

かばんの正体で、二足歩行をしたり、火など様々な道具を器用に使えるフレンズ。
かつてジャパリパークを運営し、ちほーに観覧車など様々な遺跡を残した存在。
博士と助手によれば、ヒトは絶滅しているとされている。
12話でヒトの職員はジャパリパークを全員去り、ラッキービーストを留守で島を管理させた。

セルリアン

無機物にサンドスターが触れて生まれた謎の物体。
かれらはフレンズを食べて、サンドスターを奪っている。
セルリアンに食われたフレンズは元の姿に戻るか、消滅してしまう。
フレンズの中にはセルリアン退治を仕事としている者もいる。

黒いセルリアン

11話にて登場した巨大で黒いセルリアン。
サーバル1人でも倒せる普通のセルリアンとは違い、多くのフレンズが束になっても倒せない。
その強大な強さと大きさはサンドスター・ロウと呼ばれる黒セルリアンに力を与える物質が要因。
12話にてフレンズたちの集結作戦で見事倒された。

サンドスター

ジャパリパークの山から噴出し、フレンズを誕生させる謎のエネルギー。
かばんは帽子についていた髪の毛にサンドスターがくっつくことによって生まれた。
しかし、その発生原因は未だに謎に包まれたままだ。
ちなみにサンドスターが無機物に接触するとセルリアンが生まれる。

四神

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents