はっぴいえんど(HAPPY END)の徹底解説まとめ

はっぴいえんどは1969年から1972年まで活動し、3枚のアルバムを残した日本のフォーク・ロックバンドである。バンドの先進的なサウンドと日本語歌詞によって歌われる、いわゆる"日本語ロック"は後進のバンドに大きな影響を与えており、日本のロックミュージックに大きな影響を与えたバンドとして考えられている。

01 風来坊
02 氷雨月のスケッチ
03 明日あたりはきっと春
04 無風状態
05 さよなら通り3番地
06 相合傘
07 田舎道
08 外はいい天気
09 さよならアメリカ さよならニッポン

1973年2月にリリースされたはっぴいえんどのサードアルバムであり、最後のスタジオアルバムである。
今作は1972年後半にロサンゼルスにあるサンセット・サウンド・スタジオで録音された。
ビーチボーイズやブライアン・ウィルソンらとの共作で知られるヴァン・ダイク・パークスが今作をプロデュースしている。
はっぴいえんどは本作がリリースされる2ヶ月前の1972年12月31日に正式に解散した。

代表曲

春よ来い

1970年8月にリリースされたはっぴいえんどのファーストアルバムに収録されている曲。
作曲が大瀧詠一、作詞を松本隆が担当している。
歌の主人公は家から出て1人暮らしをしており、今までとは違い1人で年末を過ごしている。
東北から出て来た大瀧をイメージして松本が歌詞を書いたのではないかと言われている。

あやか市の動物園

1970年にリリースされたはっぴいえんどのデビューアルバムに収録された曲。
作曲を細野晴臣、作詞を松本隆が担当している。ヴォーカルは細野と大瀧でデュエットになっている。
1999年にリバイバル版としてリリースされた「あしたてんきになあれ」のシングル盤に今作のライブバージョンが収録されている。
ライブでは大瀧のみがヴォーカルを担当することが多かった。

しんしんしん

1970年リリースの「はっぴいえんど」収録曲である。
作曲は細野晴臣、作詞を松本隆が担当している。
2013年に本作をモチーフにした眞田康平監督の同名の映画「しんしんしん」が公開されている。

風をあつめて

1971年11月にリリースされた「風街ろまん」に収録されている曲。
作曲を細野晴臣、作詞を松本隆が担当している。
本作は矢野顕子、坂上香織など多くのアーティストによりカバーされている。
映画の挿入歌やコマーシャルにも度々使用される知名度の高い楽曲である。

暗闇坂むささび変化

1971年11月にリリースされたセカンドアルバム「風街ろまん」収録曲。
作曲を細野晴臣、作詞を松本隆が担当している。
タイトルになる暗闇坂は東京都港区麻布にある坂であり、松本の東京へ対するノスタルジックな気持ちが表されている。
原題は「ももんが」であった。

夏なんです

はっぴいえんどのセカンドアルバム「風街ろまん」に収録されている曲。
作曲は細野晴臣、作詞は松本隆が担当している。
夏の日差しが照りつける日本の情景を想起させる曲である。
のちに「花いちもんめ」のB面としてシングルカットされた。

あしたてんきになあれ

はっぴいえんどのセカンドアルバム「風街ろまん」収録曲である。
作曲を細野晴臣、作詞を松本隆が担当している。
1999年に宝島社「Sweet」のCMに使用されたことがきっかけで、同年にシングルCDとしてリリースされた。

明日あたりはきっと春

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Yellow Magic Orchestra(イエロー・マジック・オーケストラ、YMO)の徹底解説まとめ

1978年に細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3名によって結成された日本の音楽グループ。 日本において「テクノポップ」というジャンルを根付かせた、シンセサイザーなどの電子楽器を使用した音楽が特徴。グループ名の頭文字をとって、通称YMO(ワイ・エム・オー)と呼ばれる。 代表曲は「RYDEEN」「BEHIND THE MASK」「君に、胸キュン。」など。

Read Article

万引き家族(Shoplifters)のネタバレ解説まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

目次 - Contents