monolith_3261@monolith_3261

monolith_3261
monolith_3261
@monolith_3261
20 Posts
0 Contributions
0 Likes

闇を描き、テーマと命題を浮き彫りにした「カラヴァッジョ」

カラヴァッジョ:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571年9月28日〜1610年7月18日)は、バロック期のイタリア人画家。1593年から1610年にかけて、ローマ、ナポリ、マルタ、シチリアで活動し、カラヴァッジョという通称で広く知られている。その作品に見られる肉体面、精神面ともに人間本来の姿を写実的に描く手法と、光と陰の印象的な表現はバロック絵画の形成に大きな影響を与えた。

Read Article

まるで女性的な柔和さを醸し出す“葉祥明アート”の世界

「葉祥明」葉 祥明(よう しょうめい、1946年7月7日 - )は、熊本県熊本市出身の日本の絵本作家。本名、葉山祥明。九州学院高等学校[1]、立教大学経済学部、セツ・モードセミナー卒業後、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグに留学、油絵を学ぶ。祖父の代に日本へ渡来した中国人の家系に出自を持つ。自身は30代で日本国籍となった。実兄の葉祥栄は建築家。

Read Article

全て静止画像です!! “錯視の科学”が創り出す不思議なアート

ここにご紹介する不思議な画像は、静止画像であるのに動いて見えるような不思議な感覚を引き起こします。これが「錯視アート」の世界です。錯視の多くはこれまで研究者が試行錯誤の中で発見してきたものですが「数学的処理とコンピューターの活用」という科学的なアプローチが東京大学などで数学的解明として行われている分野なのです。

Read Article

色彩の魔術師「永田萠」の天才的な絶妙技

永田 萠(ながた もえ、1949年1月1日 - )は、日本の絵本作家。兵庫県加西市生まれ。京都府京都市在住。成安女子短期大学意匠科卒業。既婚。 出版会社で版下作成の仕事を経験した後、そこで得た技術を活かし、カラーインクを駆使したイラストで高い評価を受けるイラストレーターとなった。 2006年現在、株式会社妖精村、ギャラリー妖精村の主宰者である。

Read Article

“ぼかし”と“滲み”技法の天才「いわさきちひろ」の水彩画の魅力

いわさきちひろ。(1918年12月15日〜1974年8月8日)は、子供の水彩画に代表される福井県武生市生まれの日本の画家・絵本作家である。左利き。 常に「子どもの幸せと平和」をテーマとした。 初期作品には、岩崎ちひろ、岩崎千尋、イワサキチヒロ名義で発表されたものが存在する。夫は日本共産党元国会議員松本善明。孫は絵本作家の松本春野。

Read Article

「和田誠」抱きしめたくなる様な愛しさを感じるイラストレーション

和田誠(1936年4月10日生まれ )は、日本のイラストレーター、エッセイスト、映画監督。大阪府生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーター。1959年多摩美術大学卒業、ライトパブリシティに入社、1968年よりフリー。1965年雑誌「話の特集」にADとして参加。1968年から4年数カ月「週刊サンケイ」の表紙に似顔絵を描く。1977年「週刊文春」の表紙(絵とデザイン)を担当し現在に至る。

Read Article

極上のエンターテイナー「葛飾北斎」

葛飾北斎(かつしか ほくさい、1760年10月31日~1849年5月10日)とは、江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。1999年にはアメリカ合衆国の雑誌『ライフ』の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で日本人として唯一86位にランクインした。

Read Article

日本が世界に誇る花鳥風月の極致“七宝焼き”「並河靖之」の世界

七宝家 並河靖之(なみかわ やすゆき、1845年10月1日~1927年5月24日)は、日本の七宝家。明治期の日本を代表する七宝家の一人で、京都を中心に活躍。近代七宝の原点である有線七宝にこだわり続けてこれを極め、東京で活動した無線七宝を得意とするライバル・濤川惣助と共に、二人のナミカワと評された。

Read Article

金魚絵師と自称する「深堀隆介」の樹脂に絵を描く面白い試み

金魚絵師 深堀隆介(ふかほり りゅうすけ、1973年(昭和48年)1月13日 - )は、日本の美術作家である。アクリル樹脂を利用し金魚を描いた作品が有名で、木曽檜枡に金魚を描いたアクリル樹脂作品『金魚酒』が代表作である。アクリル樹脂は「超難黄変エポキシ樹脂」、金魚を描く際の色付けは「アクリル絵具」を使用し、制作する。

Read Article

そのむかし雑誌『週刊新潮』の表紙を飾り、一昔前のノスタルジーを贈り続けた「谷内六郎」

谷内六郎(1921-1981)東京生まれ。幼少より喘息で入退院を繰返すが、絵筆は離さず、10代の頃から新聞・雑誌にイラストや漫画が掲載される。55年、文藝春秋第一回漫画賞を受賞。56年の『週刊新潮』創刊と同時に表紙絵を担当し、81年の死去まで26年間発表を続ける。また、壁画やろうけつ染、絵本などの作品も多く残す。ねむの木学園などの養護学校とも交流し、絵の指導などを行い福祉活動にも力を注いだ。

Read Article

マイアミとペパーミントのような爽やかな風を感じて

イラストレーター・画家の「鈴木英人=EIZIN」さん 1948年福岡県博多生まれ。1971年頃より広告デザインを手掛け、デザイナー、アートディレクターを経て、1980年イラストレーターとしてデビュー。80年代に制作したJAL機内誌「WINDS」、桑田佳祐「波乗りジョニー」山下達郎「ラブランドアイランド」などのカバーイラストレーションなどで一世を風靡し、以降現代アートの版画作家としても活躍する。

Read Article

「黒井健」リアルさを凌ぐ色鉛筆のイラスト

黒井 健(くろい けん、1949年 - )は、日本の絵本作家、イラストレーター。新潟県新潟市生まれ。神奈川県川崎市在住。新潟大学教育学部中等美術科卒業。日本児童出版美術家連盟会員。 学研で絵本編集をした後、フリーに。 2003年5月、「黒井健絵本ハウス」開館 2010年9月、新潟市立中央図書館こどもとしょかん名誉館長に就任。

Read Article

エアブラシイラストレーションの過去と今

エアブラシでイラストを描くという発想はいつ頃から始まったのでしょうか? 古い記憶をたどってみるとやはり1972年頃からの「山口はるみ」さんや「(故)ペーター佐藤」さんを最初に思い出してしまいます。今も現役のイラストレーターでいらっしゃるので「思い出す」というのは失礼ですね。つまり日本のイラストの世界でエアブラシをメインで使用したイラストの先駆者・魁という意味です。

Read Article