moboo@moboo

moboo
moboo
@moboo
131 Posts
0 Contributions
0 Likes

折り紙ってすごい!折り紙アート

日本が世界に誇っているのかどうかは知らないが、折り紙といえば皆さんいちどは触れたことがある遊びのような気がします。またとても手軽に楽しめるものなので多くの方が様々な作品にチャレンジしていることは皆さんもご存知でしょう。しかし、もうすでに折り紙は神の領域に入っているような気がします。そんな折り紙作品たちを見てみましょう。

Read Article

生まれてきたことをこんなに後悔する漫画があるか!?巨人獣

今回ご紹介する漫画は人が大きくなってしまったらどれほど皆に迷惑をかけて最終的に絶望してしまうか、ということを明確に表している巨人獣です。この漫画を読んでしまえばきっと今のサイズでよかったと思うこと間違いないでしょう。なんと100円ショップ、ダイソーでも買うことをできるこの漫画。しっかり見てしまえばあなたの心も虜になること間違いなし。

Read Article

我々は反省が必要なようだ…テコンダー朴

あなたは過去の歴史について反省が必要だと思いますか?今帰ってくる答えはおそらくNOでしょう。しかしこのマンガを見た後でも同じことが言えるといえますか。おそらくこの漫画を読んでしまえば韓国に対し明日から土下座する毎日を送ることになるでしょう。紹介するかどうか迷いましたが歴史の真実を知っていただきたく紹介させていただくことにしました。

Read Article

最近のUMAは鮮明だ!

技術の発達というのはでもすばらしいスピードで進んでおり、その分UFOだって鮮明になったりする。ということで今回は鮮明になったUMAたちを確認してみよう。UMA業界で何かあったのかもしれないような雰囲気が漂う今回の映像、知っていれば知っているほど女にモテること間違いなしと言いたくなります。にしてもここまではっきりうつっちゃったらUMAも形無しのような気がします。

Read Article

トモちゃんはすごいブスを君は知っているか

タイトルからして恐ろしそうな雰囲気の漂う漫画。トモちゃんはすごいブス。田嶋陽子先生が聞いたらブチ切れること間違いなしのこのテーマ。これはもし男性が書いていたらおそらく人権問題にまで発展してしまいますが、幸運なことに作者は女性です。ひょっとしたらとんでもないブスなのかと思ったら意外なことにきれいな女性がタイトルを表紙を飾っています。だがこれは別の女性でしょう。一体どれくらいのブスなのか。

Read Article

ハゲの髪型はアートなのか!?

だれでもハゲの髪型と聞けば、きっとアーティスティックなものを予想するわけがない。しかし今回ご紹介するハゲの髪型は間違いなくアートの扉を開いている。出てくるものは皆ハッキリ言ってまるで絶妙なバランスで作られた彫像のような美しさが存在する。あなたはどうします?こんな髪型の人が真顔で喋っていたりしたら笑わずにいられるでしょうか?

Read Article

最強は埼玉!?「埼玉最強伝説」

誰かが思った最強、都道府県はどこだろう。それをに対する答えとして埼玉こそが最強であると私は言いたい。なぜならあまりに強すぎるあまりこんな本が出ている始末だからだ。というか、こんな本出して大丈夫なのか?訴えられないのか?などなど疑問は尽きないが、埼玉の最強ぶりを知るいい機会だと思うこの本をとくとご覧あれ!

Read Article

system of a downは音楽の夜明け!

system of a downといえばでニューヨークタイムズでも100光年進んでいるバンドと称されるほどのバンドでした。しかしながら現在は活動を休止中であり、新作が待ち望まれるバンドでもあります。そんな彼らがどれほどすごかったのか映像で振り返りたいと思います。イスラム風音楽とHMがこれほどまでにマッチしたバンドはもう二度と現れることはないんじゃないでしょうか。

Read Article

トライポフォビアは恐ろしい。

集合体恐怖症、トライポフォビアを君は知っているか。これは簡単に言ってしまえば、集まったものが怖いという現象ではあるが、人によって個人差が存在する。トライポフォビアの人間は男性では10人に1人女性では5人に1人といった割合で存在している。あなたがもし集合体恐怖症であるならこれらの画像はとても恐ろしく感じるはずだ。自分が集合体恐怖症かどうかチェックしてみよう。

Read Article

ビーバー は天才建築家

森にダムをつくることでも知られているビーバー。実際よく見てみると非常に可愛い生き物なんですが、実は天才建築家としての側面も持ち合わせています。今回はそんなビーバーの天才建築に焦点をあててみていきましょう。きっとこれを見た後であなたはビーバーのことをさん付けすること間違いないと思います。もう呼び捨てなんてさせない、そんな意気込みが感じられるビーバーの作品です。

Read Article

GTAシリーズの最高傑作は?

グランドセフトオートといえば世界で一千万本以上も売れてしまうとんでもないゲームとして有名です。その分制作費もやはり高くついてしまってはいますが、それ以上の売り上げを誇るこのゲーム。さすがはアメリカと思わされてしまうような広大なフィールドのもと、アメリカらしい犯罪だらけのこのゲーム。一体1番の名作は何なのか、今回はそれを検証してみました。

Read Article

大野智はアートに思いを込める

寡黙な性格でも知られている嵐のリーダー大野智、震災直後から毎年被災地を訪れコンサート解していることでも嵐が知られています。実はあまり知られていないかもしれませんが彼は実は絵がうまいんです。一時期は大麻君なんて呼ばれたときもありますが、この絵をみてしまえば彼に対する目線が変わること間違いないでしょう。では、どうぞごらんください。

Read Article

Fallen From HEAVEN - 天国からの落し物は超迷惑!?

google mapでみられるアート作品「Fallen From HEAVEN - 天国からの落し物」はとても巨大で、なんか迷惑な感じが出てしまっています。それでもこれらが作り出され続けます。一体誰が何のために何の目的で作ったのか分かりませんが、これらはアートとして必見の価値があるような気がします。さらにそれだけではなくGoogleが偶然に作り出したアートの数々をご覧ください。

Read Article

中国の最近のトレンドは頭から花を生やすこと。

最近の中国では、頭から離を生やすことがなぜかトレンドになっています。どう考えてもおかしいのですが彼らを全くおかしいと思っていない様子です。なぜ頭から花を生やすのか、一体どういう仕組みになっているのかなど今回は注目してみました。絶対日本では流行らないと思われるファッションの一端をご覧ください。ひょっとしたら憧れてしまう可能性もありますのでくれぐれもご注意ください。

Read Article

東京に世界最大の建築が!東京バベルタワー!!

建築費用は3,000兆円、まるで東京にバベルの塔ような建物をぶった建てようという計画があったのをあなたはご存知でしょうか。そんなも東京バベルタワー。その通りもし立っていれば間違いなく世界最大の建築物になった事は間違いのないある意味では荒唐無稽なこの話。もし立っていたらなんて考えを巡らせてしまうのもこの建築の魅力なのかもしれません。

Read Article

寿司LOVEを寿司グッズで示せ

海外でも大人気の日本料理と言えばやはり代表的なのがお寿司があげられます。海外の方の中にもお寿司大好きという方は非常に多くそんな方々は寿司LOVEを寿司グッズで表すことがはやっているようです。今回ご紹介するのは恐らく日本に対して誤った考えを若干持っていると思われるお寿司LOVEな寿司グッズの数々です。明らかにおかしなものもありますが愛が伝わってきます・だからどうする。とくとご覧あれ。

Read Article

中国の鳥人間コンテストは格が違った

みなさんは中国でも鳥人間コンテストが行われているのはご存知でしょうか?おそらく日本自体は関わっていないような気がしてしまいます。なぜならそこに出てくる機体たちは想像以上の機体ばかりです。というか100パーセント海に落ちることがわかっているのになんでこんな機体を出すのでしょうか?これがあとでまた中国の恐るべき潜在する能力に震えることでしょう。

Read Article

アイスクリームアートとはかくも美しい。

近年様々なアートが作り出されているが、氷の彫刻などに引き続き、アイスクリームでアートを作ってしまおうという試みが行われている。その作品はとても美味しそうにもみえるが、なぜか一瞬の美があるようにも思えてしまうようなものがある。アイスクリームという溶けてなくなってしまうもので作るアートだからこそこの美は存在しているのだろう。

Read Article

いじめられっ子は読むべき!ホーリーランド。

いじめによってとても辛い思いをしている方は是非とも読んで欲しいのがこの漫画です。このホーリーランドに出てくる主人公もいじめられていました。しかしボクシングの本を読んでから練習したことで人生が一変しました。ただ強くなったのはいいけれどもそれが正しいかどうかということをわかりません。ただこの本を読むことであなた自身が少しだけ強くなれるかと思います。

Read Article

悪魔のいけにえは未だに恐ろしい

ホラー映画に大きく影響を与えた作品といえばまさにこの作品が挙げられます。何故かと言うとを砂漠を旅する男女で、頭のおかしな家族、トドメの殺人鬼。この作品を見てしまった人間にはもれなく悪夢がついてくると言われるほどの作品です。自分も初めてレザーフェイスを見たときはおしっこをチビりそうになってしまいました。

Read Article

ロブゾンビは映画でもすごい。

言わずと知れたアメリカ合衆国のミュージシャン。「ロブゾンビ」。その名前を聞いただけで多くの人が熱狂するのかもしれない。しかし彼は音楽活動だけにとどまらず、映画監督としても活躍していた。その映画を少し見てみよう。まるで彼の中のようでとても恐ろしくなります。しかしなんだかとても魅力的にも思います。ロブゾンビの不思議な世界へようこそ。

Read Article